FX|外為どっとコム│オンラインFX取引サイト

点のトレードから、面のトレードへ

相場は難しい。だからこそ、“面”で捉える。

30年も為替の第一線でやってきたが、最安値・最高値を見極めるのは非常に困難である。
予想していたレートに達しないケースもあれば、思った以上に超えてしまうケースもある。そんな時、私が選ぶ手法は“点”ではなく“面”で捉えるトレードだ。

外為どっとコムの『連続注文』は、相場が急激に動く局面などで想定レンジの上限、下限付近で新規のポジションを構築するときに威力を発揮できる優れた機能である。
例えば、指標発表時などで急激な動きでヒゲをつけるような局面というのは良くある。
そんな時、この『連続注文』を利用すれば、買いたい、売りたいと想定される範囲で素早くオーダーを入れることが可能になる。
ピンポイントでオーダーを入れた場合、せっかく想定どおりにその付近までレートが動いても、タッチの差でオーダーが約定されずに悔しい思いをすることは良くあるのではないだろうか?もし、面のトレードで安値高値の想定範囲を10〜50pipsほどに(これはケースバイケースであるが)想定しておいて、注文を仕掛ければ取りこぼしを防げる。
この手法をマスターすることで、「得られるはずの利益が得られない」「もっと利益を得られたはずだ」、こんな悩みから解放されるだろう。

この機会に、“点”のトレードから、“面”のトレードへ、ステップアップしてはいかがだろうか。

“面”で捉えるトレードが有効な事例

予想した底値よりも高いレートで反転したケース(新規IFD買注文)

現在レートは120円。現在の相場見通しでは底値が117円と予想したが、予想通りには行かず、118円で反転して120円まで上昇した。

●点のトレード
117円に新規指値注文を発注したが、予想よりも高い118円で反転したため、注文は約定せずポジションを保有することができなかった。
その結果、反転するという予想は当たっていたのに、利益を得る機会を逃してしまった。

●面のトレード
117円で反転すると予想しているが、相場は思惑通りにはいかない。そこで、“面”のトレードとなるように、119円、118円、117円に指値注文を発注。
その結果、119円、118円の注文は約定し、120円まで反転したことで利益を得ることができた。

“面”で捉えるトレードが有効な事例 グラフ

予想した底値よりも下落し、そこから反転したケース(新規IFD買注文)

現在レートは120円。現在の相場見通しでは底値が117円と予想したが、予想通りには 行かず、115円まで下落した後に反転して120円まで上昇した。

●点のトレード
117円に新規指値注文を発注したため、注文は約定してポジションを保有することができた。
しかし、予想以上に下落した本来の底値でポジションを保有することはできていないため、 本来もっと利益を得られていたはずの機会を逃してしまった。

●面のトレード
117円で反転すると予想しているが、相場は思惑通りにはいかない。そこで、“面”のトレードとなるように、117円、116円、115円に指値注文を発注。
その結果、全ての注文は約定し、底値でもポジションを保有することができ、120円まで反転したことでより多くの利益を得ることができた。

予想した底値よりも下落し、そこから反転したケース(新規IFD買注文)

このような“面”のトレードを行うことで、利益を得る機会損失を防ぐことができる。
しかし、相場はどうなるかは誰にもわからない。

そこで、リスクをしっかりと管理するためにも、
IFO注文を使った“面”のトレードを極めよう。

次は・・・「“面”のトレードを決済注文にも活用し、リスク管理もしっかり行うことで、“面”のトレードを極める」