英国政策金利決定票数内訳

  • 米雇用統計 全員集合!
オンラインセミナー詳細
  • 米雇用統計 全員集合!
オンラインセミナー詳細

英国政策金利決定票数内訳

2016年

2016年1月 2016年2月 2016年3月 2016年4月 2016年5月 2016年6月
8対1 9対0 9対0 9対0 9対0 9対0
2016年7月 2016年8月 2016年9月 2016年10月 2016年11月 2016年12月
8対1 9対0 9対0      

2015年

2015年1月 2015年2月 2015年3月 2015年4月 2015年5月 2015年6月
9対0 9対0 9対0 9対0 9対0 9対0
2015年7月 2015年8月 2015年9月 2015年10月 2015年11月 2015年12月
9対0 8対1 8対1 8対1 8対1 8対1

2014年

2014年1月 2014年2月 2014年3月 2014年4月 2014年5月 2014年6月
9対0 9対0 9対0 9対0 9対0 9対0
2014年7月 2014年8月 2014年9月 2014年10月 2014年11月 2014年12月
9対0 7対2
(据え置き)
7対2
(据え置き)
7対2
(据え置き)
7対2
(据え置き)
7対2
(据え置き)

2013年

2013年1月 2013年2月 2013年3月 2013年4月 2013年5月 2013年6月
9対0 9対0 9対0 9対0 9対0 9対0
2013年7月 2013年8月 2013年9月 2013年10月 2013年11月 2013年12月
9対0 9対0 9対0 9対0 9対0 9対0

2012年

2012年1月 2012年2月 2012年3月 2012年4月 2012年5月 2012年6月
9対0 9対0 9対0 9対0 9対0 9対0
2012年7月 2012年8月 2012年9月 2012年10月 2012年11月 2012年12月
9対0 9対0 9対0 9対0 9対0 9対0

2011年

2011年1月 2011年2月 2011年3月 2011年4月 2011年5月 2011年6月
7対2
(センタンス委員とウィール委員が0.25%の利上げを主張)
6対3
(ウィール委員とデール委員は0.25%の利上げ、センタンス委員が0.50%の利上げをそれぞれ主張)
6対3
(ウィール委員とデール委員は0.25%の利上げ、センタンス委員が0.50%の利上げをそれぞれ主張)
6対3
(ウィール委員とデール委員は0.25%の利上げ、センタンス委員が0.50%の利上げをそれぞれ主張)
6対3
(ウィール委員とデール委員は0.25%の利上げ、センタンス委員が0.50%の利上げをそれぞれ主張)
7対2
(ウィール委員とデール委員は0.25%の利上げを主張)
2011年7月 2011年8月 2011年9月 2011年10月 2011年11月 2011年12月
7対2
(ウィール委員とデール委員は0.25%の利上げを主張)
9対0 9対0 9対0 9対0 9対0

2010年

2010年1月 2010年2月 2010年3月 2010年4月 2010年5月 2010年6月
9対0 9対0 9対0 9対0 9対0 7対1
(センタンス委員が0.25%の利上げを主張)
2010年7月 2010年8月 2010年9月 2010年10月 2010年11月 2010年12月
7対1
(センタンス委員が0.25%の利上げを主張)
8対1
(センタンス委員が0.25%の利上げを主張)
8対1
(センタンス委員が0.25%の利上げを主張)
8対1
(センタンス委員が0.25%の利上げを主張 )
1対7対1
(センタンス委員が0.25%の利上げを主張し、ボーゼン委員が500億ポンドの量的緩和を主張。ただし、ボーゼン委員は金利水準据え置きには賛成)
1対7対1
(センタンス委員が0.25%の利上げを主張し、ボーゼン委員が500億ポンドの資産買い取りプログラムの増額を主張。ただし、ボーゼン委員は金利水準据え置きには賛成)

2009年

2009年1月 2009年2月 2009年3月 2009年4月 2009年5月 2009年6月
8対1
(ブランチフラワー委員が1.00%の利下げを主張)
8対1
(0.50%の利下げを決定、ブランチフラワー委員が1.00%の利下げを主張)
9対0 9対0 9対0 9対0
2009年7月 2009年8月 2009年9月 2009年10月 2009年11月 2009年12月
9対0 9対0 9対0 9対0 9対0 9対0

2008年

2008年1月 2008年2月 2008年3月 2008年4月 2008年5月 2008年6月
8対1
(0.25利下げ)
8対1
(0.50利下げ)
7対2
(0.25利下げ)
6対3
(据え置き2人、0.50%利上げ1人)
8対1
(ブランチフラワー委員が0.25%の利下げを主張)
8対1
(ブランチフラワー委員が0.25%の利下げを主張)
2008年7月 2008年8月 2008年9月 2008年10月 2008年11月 2008年12月
7対2
(ベズリー委員が0.25%の利上げを主張、ブランチフラワー委員が0.25%の利下げを主張)
7対2
(ベズリー委員が0.25%の利上げを主張、ブランチフラワー委員が0.25%の利下げを主張)
8対1
(ブランチフラワー委員が0.50%の利下げを主張)
9対0 9対0 9対0

2007年

2007年1月 2007年2月 2007年3月 2007年4月 2007年5月 2007年6月
5対4
(据え置き)
7対2
(0.25利上げ)
8対1
(0.25利下げ)
7対2
(0.25利下げ)
9対0 5対4
(0.25利上げ)
2007年7月 2007年8月 2007年9月 2007年10月 2007年11月 2007年12月
6対3
(据え置き)
9対0 9対0 8対1
(0.25利下げ)
7対2
(0.25利下げ)
9対0

2006年

2006年1月 2006年2月 2006年3月 2006年4月 2006年5月 2006年6月
8対1
(0.25利下げ)
8対1
(0.25利下げ)
8対1
(0.25利下げ)
7対1
(0.25利下げ)
6対2
(0.25利下げ1人、0.25利上げ1人)
7対1
(0.25利上げ)
2006年7月 2006年8月 2006年9月 2006年10月 2006年11月 2006年12月
7対0 6対1
(据え置き)
8対0 7対2
(0.25利上げ)
7対2
(据え置き)
9対0

業界最狭水準スプレッド

魅惑の通貨ペア、トルコリラ円

スワップポイント一覧

ポンド/円トレードを斬る

FXブログ