• HOME >
  • お知らせ

お知らせ


外為どっとコム総研『竹中平蔵レポート』最新号配信のお知らせ[15/04/30]

当社子会社「外為どっとコム総合研究所」首席研究理事・竹中平蔵の執筆によるレポート『竹中平蔵レポート』の最新号「シンガポールの新戦略は?」の配信を、同社サイト内および当社『外為情報ナビ』にて、開始いたしました。

本レポートは、経済学者にして主要閣僚ポストを歴任するという稀代の経歴を持つ竹中が、内外の経済や政治、マーケット情勢などについて、積年の活動を通じ 培った見識に基づき分析したものです。下記リンク先ページおよび『外為情報ナビ』※にて、最新号とバックナンバーをご覧になれます。
※『外為情報ナビ』における本レポートの提供は、PC向け取引画面のみとなっております。

外為どっとコム総研『竹中平蔵レポート』
外為情報ナビの詳細
外為情報ナビのアクセス方法

『外貨ネクストネオ』にて通常より大幅なスプレッド拡大事象が発生[15/04/30]

本日(4月30日)午前3時1分頃『外貨ネクストネオ』のCAD/JPY・GBP/USD・NZD/USDにおいて、40秒程度、通常より大幅なスプレッド拡大事象が発生いたしました。本件はただいま調査中であり、詳細が判明し次第、対象のお客様には対応方針をご報告申し上げます。

本件につきまして、お客様に多大なるご迷惑をおかけいたしておりますことを、深くお詫び申し上げます。

なお現時点においては上記の事象が解消しておりますこと、また『外貨ネクストネオ』取引システムにつきましては、正常稼働しておりますことを、あわせてご報告申し上げます。

今夏以降をめどに法人会員様の一部通貨ペアの保証金率変更(引き上げ)を実施します[15/04/27]

当社では、法人会員様の「1Lotあたりの必要保証金額」計算式に用いております係数(保証金率:現状は一律0.5%)につき、誠に勝手ながら本年夏以降をめどに下記一部通貨ペアに限り4.0%へ変更(引き上げ)させていただくこととなりましたので、お知らせいたします。
本変更は、去る1月15日のスイス中銀(SNB)によるスイスフランの対ユーロ上限廃止発表に伴う相場激変(スイスショック)発生をふまえ、投資家保護の観点から、再びこれに類する相場激変が発生した場合における法人会員様の損失拡大をできる限り軽減することを目的に実施するものでございます。
本決定に伴い、法人会員様にはたいへんご不便をおかけいたしますが、なにとぞご理解ご了承を賜りますようお願い申し上げます。

【法人保証金率の変更対象となる通貨ペア(全9種※1)】
・CHF/JPY(スイスフラン/円)
・HKD/JPY(香港ドル/円)
・USD/CHF(米ドル/スイスフラン)
・ZAR/JPY(南アフリカランド/円)
・TRY/JPY(トルコリラ/円)
・CNH/JPY(人民元/円)
・NOK/JPY(ノルウェークローネ/円)
・SEK/JPY(スウェーデンクローナ/円)
・MXN/JPY(メキシコペソ/円)
※1 USD/JPY(米ドル/円)・EUR/JPY(ユーロ/円)・AUD/JPY(豪ドル/円)など、以上に含まれない11通貨ペアは今回の法人保証金率変更の対象外です。

【本変更後の法人会員様「1Lotあたりの必要保証金額」計算式】
[変更前]基準レート×1,000(通貨)×0.5%
[変更後]基準レート×1,000(通貨)×4.0%
(いずれも100円未満切り上げ。計算結果が500円未満の場合は500円に切り上げ。非・対円通貨ペアの基準レートは、取引通貨が共通する対円通貨ペアの基準レートに同じ※2)
●計算例(以下、本変更の前後を通じて基準レートが変化しなかったと仮定)
・基準レート「120.000円」の通貨ペアの場合:[変更前]600円→[変更後]4,800円
・基準レート「12.000円」の通貨ペアの場合:[変更前]500円→[変更後]500円
※2  現在、非・対円通貨ペアの「1Lotあたりの必要保証金額」は取引通貨が共通する対円通貨ペアの「1Lotあたり必要保証金額」に同じとしておりますが、本変更とあわせて上記の通り変更いたします。

なお、適用開始日(土曜日を予定)時点で上記対象通貨ペアのポジションをお持ちの法人会員様口座の「必要保証金額」が、本変更に伴い同時点の「有効評価額」を上回った場合には、その直後の月曜オープン時点でロスカットが執行され全ポジションが強制決済対象となります。こうした状況に該当する可能性があり、かつロスカットの回避をご希望のお客様におかれましては、できるだけ早い時期の追加ご入金または一部ポジションの決済等による対処をお願い申し上げます。

また本変更では、適用開始日時点で有効な未約定注文の「注文中保証金額」も同じく変更対象となります。仮に本変更に伴い「注文中保証金額」が増額したとしても「有効評価額」への影響はないため、その増額自体によりロスカットが執行されることはありませんが、その約定により口座の「必要保証金額」が「有効評価額」を上回った場合には直ちにロスカット執行対象となりますので、十分ご留意のほどお願いいたします。

本変更の具体的な適用開始日につきましては、確定し次第、本欄等にてお知らせ申し上げます(本変更後の具体的な「1Lotあたりの必要保証金額」は適用開始日直前の木曜日に確定します)。

両建「なし」の成行・マーケット注文における「注文中保証金額」設定の一部改善のお知らせ[15/04/27]

当社では本日付で、店頭FX『外貨ネクストネオ』での両建「なし」の成行・マーケット注文発注時における「注文中保証金額」設定を一部改善しましたので、お知らせいたします。
これまで両建「なし」設定での上記各注文の発注に際しては、反対売買の対象となるポジションが存在する場合であっても全Lot数分の「注文中保証金額」が必要でしたが、今後は注文のLot数と反対売買対象ポジションのLot数の差に相当する「注文中保証金額」だけで発注が可能となります。したがって、発注する注文の全Lot数が既存ポジションの反対売買となる場合であれば、その注文にかかる「注文中保証金額」は不要となります。

●例:買ポジション12Lot保有時に、同じ通貨ペアの両建「なし」の売成行注文15Lotを発注する場合
【旧】15Lot分の「注文中保証金額」が必要(「15Lot分の注文中保証金額>注文可能額」のときは発注不可)
【新】3Lot分の「注文中保証金額」が必要(「3Lot分の注文中保証金額>注文可能額」のときは発注不可)

今後も当社では、お客様よりお寄せいただいたご要望をもとに、新機能・サービスを続々と『外貨ネクストネオ』に導入してまいります。ご期待ください。

『外貨ネクストネオ』スマートフォン/iPadアプリ バージョンアップのお知らせ[15/04/24]

当社では本日(4月24日)付けで、『外貨ネクストネオ』スマートフォン版(iPhone/Android)/iPad版のバージョンアップを実施いたしました。

【主なバージョンアップ機能】
・iPhoneアプリに『AppleWatch』レート配信機能を追加しました。
・経済指標に6カ国(中国、トルコ、ノルウェー、スウェーデン、メキシコ、イタリア)および土日の表示欄を追加しました。
・政策金利に5カ国(中国、トルコ、ノルウェー、スウェーデン、メキシコ)を追加しました。
・スマートフォンアプリの背景色をグレーから黒へ変更し、視認性を高めました。
・アイコンに社名を追加し、わかりやすくしました。
・AndroidアプリをOS5.0に対応させました。

また、誠に勝手ながら本バージョンアップをもって「iOS 6」をiPhone/iPadアプリの推奨環境外とさせていただきます。同OSの端末をご利用のお客様におかれましては、恐れ入りますが当社推奨環境への移行をご検討願います。

今後も当社では、お客様よりお寄せいただいたご要望をもとに、新機能・サービスを続々と『外貨ネクストネオ』に導入してまいります。ご期待ください。
お客様の声をかたちに

FX専業会社初『Apple Watch』対応アプリのリリースのお知らせ[15/04/24]

先だって本欄等にてお知らせした、米Apple社の腕時計型端末『Apple Watch』(アップルウォッチ)対応の当社アプリにつき、同端末の国内発売開始日である本日(4月24日)付でリリースが完了しましたのでお知らせいたします。『Apple Watch』対応アプリのリリースは、本邦FX専業会社では初となります(本年4月24日時点当社調べ)。
本アプリは当社配信レートの表示機能を搭載しており、いつでもどこでも腕時計の文字盤感覚でリアルタイム為替レートのチェックが可能となります。
なお当社では、次回予定のチャート・経済指標の表示機能追加(今夏以降予定)をはじめ、今後も本アプリのバージョンアップを順次実施してまいります。ご期待ください。
外貨ネクストネオ『Apple Watch』対応アプリ

「第10回外為トレードバトルキャンペーン 」(4/27〜5/23)実施のお知らせ[15/04/24]

当社では来たる4月27日(月)より「第10回外為トレードバトルキャンペーン 」を実施することとなりましたので、お知らせいたします。
●キャンペーン期間:
2015年4月27日(月)午前7時00分〜同5月23日(土)午前5時55分

上記キャンペーン期間中に所定のフォームよりエントリーされ、かつ下記2コースの各条件に該当したお客様には、それぞれの順位に応じて賞金または賞品を進呈いたします。(一度のエントリー登録で両コース同時エントリーとなります)。

【1】全通貨ペアコース
上記期間中に合計6,000Lot(600万通貨)以上[※1]のお取引(通貨ペア、新規/決済不問)をされたお客様のうち、同期間中のお取引(全通貨ペア合算)におけるpips損益の合計の上位10名様、ならびに取引損益(スポット損益)の合計の上位10名様に、順位に応じて賞金を進呈いたします。[※2]。

【2】通貨ペア別コース
上記期間中に合計3,000Lot(300万通貨)以上のお取引(通貨ペア、新規/決済不問)をされたお客様のうち、同期間中の「豪ドル/円」「豪ドル/米ドル」「トルコリラ/円」の各通貨ペアのお取引における取引損益(スポット損益)の合計の上位各5名様に、順位に応じて賞金を進呈いたします[※2]。さらに、各通貨ペアの1位の方には賞金に加え、副賞として「ドリームジャンボ宝くじ」30枚を進呈いたします[※3]。

※1 上記各条件の半分のLot数の往復売買、たとえば「全通貨ペアコース」では3,000Lot(300万通貨)の往復売買でも対象となります(新規3,000Lot(300万通貨)+決済3,000Lot(300万通貨)=6,000Lot(600万通貨))。
※2 本キャンペーン特典の重複適用はいたしません。 同コース内・両コース間を問わず複数のランキング上位に入賞したお客様は、各ランキングの特典総額が異なる場合は最も大きいものを、特典総額が同じ場合は「取引損益(スポット損益)大>取引損益(スポット損益)小>pips損益」の順に優先して適用します。このとき適用されなかったランキングの順位はそれぞれ繰り上げます。
※3 副賞の「ドリームジャンボ宝くじ」は、2015年6月頃の抽選が予定される同名称の全国自治宝くじを指します。バラ・連番の指定はできません。

なお本キャンペーンへのご参加には、エントリーが必要です。エントリー方法や順位ごとの特典金額など詳細事項につきましては、以下のリンク先ページをご参照願います。

外為トレードバトルキャンペーン

外為どっとコム総研『竹中平蔵レポート』最新号配信のお知らせ[15/04/21]

当社子会社「外為どっとコム総合研究所」首席研究理事・竹中平蔵の執筆によるレポート『竹中平蔵レポート』の最新号「日経平均株価“2万円突破”の先は?」の配信を、同社サイト内および当社『外為情報ナビ』にて、開始いたしました。

本レポートは、経済学者にして主要閣僚ポストを歴任するという稀代の経歴を持つ竹中が、内外の経済や政治、マーケット情勢などについて、積年の活動を通じ 培った見識に基づき分析したものです。下記リンク先ページおよび『外為情報ナビ』※にて、最新号とバックナンバーをご覧になれます。
※『外為情報ナビ』における本レポートの提供は、PC向け取引画面のみとなっております。

外為どっとコム総研『竹中平蔵レポート』
外為情報ナビの詳細
外為情報ナビのアクセス方法


大型連休期間の当社営業スケジュールのお知らせ[15/04/17]

本年4月下旬から5月上旬にかけての大型連休期間(ゴールデンウィーク)における、当社店頭FX(外国為替保証金取引)サービスの営業スケジュールが確定しましたのでお知らせいたします。
当社ではこの連休期間を通じ、店頭FXサービスを平常通り提供させていただく予定です。またサポートセンターでの電話対応も平常通りの時間帯にて承っております。
ただし、休日における国内金融機関の休業に伴い、当社の出金処理スケジュールに一部例外が生じております。これらを含め、本連休期間の当社営業スケジュールの詳細をまとめた特設ページを用意いたしましたので、ご確認を賜りますようお願い申し上げます。
大型連休期間の当社営業スケジュール

このほか、本連休期間における当社「クイック入金サービス」提携金融機関インターネットバンキングサービスの営業スケジュール、また当社会員様限定のプレミアム情報サイト『外為情報ナビ』等にて配信する各種レポート・動画コンテンツの配信スケジュールにつきましても、それぞれ特設ページを用意しております。こちらもあわせてご確認のほどお願い申し上げます。
当社提携金融機関の大型連休期間営業スケジュール
大型連休期間の各種レポート・動画配信スケジュール

米オラクル社「Java 7」サポート終了に伴う当社推奨環境の一部変更のお知らせ[15/04/14]

すでに報道されております通り、米オラクル社は「Java 7」に対するサポートを本年4月30日(木)付で終了する旨を発表しております。
これを受け当社でも、同日をもちまして「Java 7」を『外貨ネクストネオ』リッチアプリ版およびWebブラウザ版の推奨環境外とさせていただくこととなりましたので、お知らせいたします。

なお、当社では本日(4月14日)時点で上記両チャネルともに「Java 7」での正常動作を確認しておりますが、同日以降は更新プログラム停止に伴うセキュリティ上の懸念増大に加え、今後の上記両チャネルのバージョンアップ実施後に一部機能が正常に動作しなくなる可能性がございます。
現時点で「Java 7」をご利用のお客様におかれましては、お手数ではございますが下記[参考情報]ページをご参照のうえ、なるべく早い時期に当社推奨環境である「Java 8」への移行を検討していただくようお願い申し上げます。

[参考情報]公式サポートが終了する Java 7 の利用者に向けた注意喚起−独立行政法人情報処理推進機構

※「Java 8」インストール後にリッチアプリ版が起動できない場合の対処
Windowsのログオンアカウント名が日本語となっている一部PC環境においては、「Java 8」のインストール後に『外貨ネクストネオ』リッチアプリ版が起動できなくなる場合がございます。その際は大変お手数ですが以下[1]〜[2]の対処をお願いいたします。

[1] その他のチャネルを利用する
リッチアプリ版に代えて、その他のチャネル(Webブラウザ版・スマートフォン版・iPad版など)からのログインをお願いいたします。
Webブラウザ版ログインページ
スマートフォン版について
iPad版について
※「両建」等の初期値設定の変更は、取引チャネル・端末ごとにそれぞれ設定が必要ですので、その他チャネルからの注文発注時は事前に初期値設定を確認のうえ、必要に応じご変更ください。また、両建「あり」の場合は、取引画面上部(リッチアプリ版/Webブラウザ版)のお客様のご氏名の右隣に「両建あり」と表示されますのでご確認ください。

[2] Windowsのユーザーアカウントを再作成する
下記の各リンク先ページを参考に、Windowsのユーザーアカウントを新たに作成し、そのユーザーで本事象を回避できるかご確認願います。
ユーザーアカウントの新規作成に際しては、漢字・ひらがな・カタカナなどの全角文字をユーザー名に使用せず、半角英数字のみご使用ください。([例]× 外為太郎  ○ taro gaitame)
ユーザーアカウントを作成する(Windows 8の場合) − Windows
ユーザーアカウントを作成する(Windows 7の場合) − Windows

酒匂隆雄『The Goddealer』(ザ・ゴッドディーラー)4月6日スタートのお知らせ[15/04/03]

当社では来たる4月6日(月)より、当社FXブログなどでもおなじみの“塾長”こと酒匂隆雄氏が資金50万円を元手に3ヵ月間のリアルFXトレードにチャレンジする新企画『The Goddealer』(ザ・ゴッドディーラー)をスタートすることとなりましたので、お知らせいたします。

期間中のトレード成績は下記リンク先の『The Goddealer』特設ページにて毎営業日更新するほか、同特設ページおよび『外為情報ナビ』にて配信する動画「The Goddealer - Movie report」では、過去1週間のトレードのハイライトを酒匂塾長自ら解説していただきます(原則月曜日配信。期間中は動画「酒匂隆雄の週刊独り言」の配信を一時停止します)。

往年の東京外為市場では伝説級のディーラーとして知られた酒匂塾長。2015年の外国為替相場を舞台に、長年培ったテクニックの数々を披露していただけるものと期待されます。どうぞお楽しみに!
酒匂隆雄『The Goddealer』特設ページ

今週末のイースター休暇(4/3〜6)における相場変動・スプレッド拡大等の可能性について[15/04/02]

今週金曜日(4月3日)から来週月曜日(4月6日)までの4日間は、欧州やオセアニア各国の連休期間(イースター休暇)にあたることから、同期間のインターバンク(銀行間為替市場)における流動性が通常よりも著しく低下する見通しであり、為替相場の突発的な急変動が発生しやすい状況となります。加えて金曜日(3日)の日本時間午後9:30には米雇用統計の発表が予定されており、その結果次第では発表直後の相場急変動の引き金となる可能性がございます。
お客様、特に高レバレッジのポジションをお持ちの法人の方におかれましては、同期間中の口座管理につき十分ご注意のほどお願いいたします。

なお同期間においては、実勢インターバンクレートのスプレッド(BidとAskの差)も平常時に比べ拡大傾向となる見通しであり、その際には当社でもやむなくスプレッドを一時的に拡大させていただく場合がございます。また相場状況により「ダイレクトカバーの対象となる注文」の基準Lot数(最低数量)を一時的に変更させていただく場合がございますので、あらかじめご承知おきくださいますようお願いいたします。

※スプレッド拡大時には、これに伴う評価レートの変動により通常スプレッド時よりも口座の有効比率が低下します(両建状態であっても同様です)。このとき、口座状況によっては有効比率がロスカットレベルを下回る可能性がございますので口座管理には十分ご注意願います。