Java7でリッチアプリ版をご利用の方は、近日中にリッチアプリ版が起動できなくなります。

お知らせ

NZ総選挙(9/23)・独連邦議会選挙(9/24)に伴う相場変動・スプレッド拡大等の可能性について[17/09/20]

すでに報道されております通り、日本時間9月23日(土)にはニュージーランド総選挙、翌24日(日)にはドイツ連邦議会選挙が予定されており、これらの結果次第では25日(月)のオープンレートが前週末クローズレートに対し大きく乖離するとともに、その後の為替相場が急変動する可能性がございます。
ポジションをお持ちのお客様、特に高レバレッジのポジションをお持ちの法人の方におかれましては、口座管理につき十分ご注意のほどお願いいたします。

なお上記の影響を受ける期間においては、実勢インターバンクレートのスプレッド(BidとAskの差)も平常時に比べ拡大傾向となる見通しであり、その際には当社でもやむなくスプレッドを一時的に拡大させていただく場合がございます。また相場状況により「ダイレクトカバーの対象となる注文」の基準Lot数(最低数量)を一時的に変更させていただく場合がございますので、あらかじめご承知おきくださいますようお願いいたします。
※スプレッド拡大時には、これに伴う評価レートの変動により通常スプレッド時よりも口座の有効比率が低下します(両建状態であっても同様です)。このとき、口座状況によっては有効比率がロスカットレベルを下回る可能性がございますので口座管理には十分ご注意願います。

台風18号による災害に遭われた皆様へのお見舞いと対応について[17/09/20]

台風18号による災害に遭われた皆様に、外為どっとコム役職員一同、心よりお見舞い申し上げます。
当社では今回の被災者の皆様へのご支援策として、口座番号紛失時の対応や出金などできる限りの便宜的措置を適用させていただきます。
本件に関するご相談、その他、当社のお取引に関してお困りごとがございましたら、下記「サポートセンター」まで遠慮なくお問い合わせくださいますようお願い申し上げます。

【対象となるお客様】
台風18号による災害により、災害救助法の適用を受けた市町村の住所をご自宅住所としてお届けのすべてのお客様。
○災害救助法適用市町村(2017年9月20日現在)
[大分県]佐伯市、津久見市。
※直近時点の災害救助法適用市町村につきましては、下記リンク先ページをご参照願います。
内閣府防災情報のページ

【お問い合わせ先】
○外為どっとコム・サポートセンター
電話:0120-430-225(または03-5733-3065)
お問い合わせフォーム

被災地の一日も早い復旧を、心よりお祈り申し上げます。

9月21日公開の「Java 9」へのアップデートはお控えください[17/09/19]

Javaの開発元である米Oracle社では、現地時間9月21日に最新バージョン「Java 9」のリリースが予定されております。
現在、「Java 9」では『外貨ネクストネオ』のリッチアプリ版が起動しないことを確認しておりますので、リリースされましても、当社にて「Java9」に対応したリッチアプリ版を公開するまで、「Java9」へのアップデートを控えていただきますようお願い申し上げます。「Java9」に対応したリッチアプリ版を公開しましたら、改めて本欄にてご報告申し上げます。
 
万が一、「Java 9」をインストールされた場合は、こちらのページを参考に「Java 9」をアンインストールし、「Java 8」をインストールしなおしてください。

「iOS 11」リリースに伴う当社iPhone/iPadアプリの対応について[17/09/15]

すでに報道されておりますように、米Apple社では9月20日未明(現地時間19日) にiPhone・iPadほか同社端末向け新OS「iOS11」、本年9月23日(土)に「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」のリリースが予定されております。

これに伴い当社では『外貨ネクストネオ』iPhone/iPadアプリの動作確認を行っておりますが、「iOS 11」で両アプリが正常に動作しない可能性がございますので、ご注意のほどお願い申し上げます。

「iOS 11」の動作確認完了後、「iOS 11」が両アプリの推奨環境となった際には、本欄にてその旨ご報告申し上げます。

 
※OSアップデートの実行、あるいは上記新モデルへの機種変更後、「iOS 11」環境の端末にて正常に動作しない場合には、モバイルブラウザ版からのログイン、またはその他端末・チャネルのご利用をお願いいたします。

「緊急取材 北朝鮮有事の円相場シミュレーション」コンテンツ更新(宮家邦彦氏)のお知らせ[17/09/11]

軍事衝突と外交的解決の間で米国との駆け引きが続き、緩やかに緊張が高まっている朝鮮半島情勢について、識者の意見をうかがったコンテンツ「緊急取材 北朝鮮有事の円相場シミュレーション」を更新いたしました。

本コンテンツでは、宮家邦彦氏(キヤノングローバル戦略研究所研究主幹)が“軍事力を高める北朝鮮 米国に迫る「真実の時」”と題して北朝鮮有事について言及されます。

宮家氏の動画コメントにつきましては、下記リンク先の特設ページのほか、『外為情報ナビ』にてご覧いただけます。
これからも当社では、皆様の売買判断の参考となるべく、タイムリーな情報の発信に努めてまいります。
「緊急取材 北朝鮮有事の円相場シミュレーション」特設ページ
※動画・レポートの内容に対するご質問は、「外為どっとコムお問い合わせフォーム」までお願いいたします。

北朝鮮をめぐる地政学リスクへの警戒感に伴う相場変動に関するご注意[17/09/06]

すでに報道されております通り、北朝鮮をめぐる地政学リスクへの警戒感から、今後の情勢次第では為替相場の急変動が続く可能性、および今週土曜日(9/9)には北朝鮮の建国記念日が控えており来週月曜オープン(11日午前7時)時点のレートが今週末クローズレートに対し大きく乖離する可能性がございます。

お客様におかれましては、追加資金のご入金を行っていただく等、口座管理につき十分ご注意くださいますようお願いいたします。
そのほか、以下の注意事項につきましても十分にご認識の上、口座管理を実施いただきますようお願いいたします。

●スプレッドの拡大に関するご注意
急激な相場変動が発生する場合においては、実勢インターバンクレートのスプレッド(BidとAskの差)も平常時に比べ拡大傾向となる見通しであり、その際は、当社においてもやむを得ず全通貨ペアの提示スプレッドを拡大させていただく場合がございます。

●一時的な受注停止に関するご注意
カバー先金融機関の提示レートが、直近の当社取引レートと著しく乖離した場合(お客様に市場実勢価格にて提示できないと当社が判断した場合)、および流動性が著しく低下した場合には全通貨ペアにおける新規注文と決済注文の受注を、予告なく一時的に停止させていただく場合がございます。なお、この場合、電話注文についてもお受けすることができませんので予めご了承ください。
また、指値注文につきましては、上記のような一時的な受注停止が発生した場合には、受注が再開した後の当社配信レートとお客様の指定されたレートが乖離する場合であっても、お客様の指定されたレート通りにて約定いたしますので予めご注意ください。

●ロスカットに関するご注意
急激な相場変動が発生した場合には、本来のロスカット水準を大幅に下回りロスカットが執行される可能性があり、場合によっては元本超過損が発生することがあります。また、流動性の低下に伴い、ロスカットの執行に通常以上の時間を要する可能性がございます。

●9月11日のオープンレートに関するご注意
翌週月曜日(11日)には、オープンレートが前週末クローズレートに対し、大きく乖離する可能性がございます。

●両建取引におけるご注意
両建取引であっても、スプレッド拡大時においては、これに伴う評価レートの変動により含み損が増大し、口座の有効比率が低下いたします。このとき、有効比率がロスカットレベルを下回った場合にはロスカットが執行されますことにご注意ください。

●ダイレクトカバーに関するご注意
相場状況により「ダイレクトカバーの対象となる注文」の基準Lot数(最低数量)を一時的に変更させていただく場合がございます。ダイレクトカバーの詳細については以下のページをご確認ください。
ダイレクトカバーの詳細はこちら

●ストップ(逆指値)注文に関するご注意
ストップ(逆指値)注文は、指定したレート以上で買う、または指定したレート以下で売るといったように、実勢レートよりもお客様に不利なレートを指定する注文方法です。お客様の指定レートと同じ、または指定レートよりもお客様に不利な取引レートが配信された時点で約定処理を開始し、実際に約定処理が行われる時点の取引レートが約定値として適用されます。このため、急激な相場変動や大幅なスプレッド拡大が発生する等の場合においては、お客様が指定したレートから大幅に乖離したレートで注文が約定する可能性があり、場合によっては元本超過損が発生することがあります。

「緊急取材 北朝鮮有事の円相場シミュレーション」コンテンツ更新のお知らせ[17/09/01]

北朝鮮情勢の緊迫化の際のマーケット動向について、識者の意見をうかがったコンテンツ「緊急取材 北朝鮮有事の円相場シミュレーション」コンテンツを更新いたしました。

本コンテンツでは、佐々木融氏(JPモルガン・チェース銀行)が北朝鮮情勢緊迫化で円が買われる理由について言及されると共に、川合 美智子氏(ワカバヤシ エフエックス アソシエイツ代表)、川口 一晃氏(金融ジャーナリスト)、中岡 望氏(東洋英和女学院大学客員教授)よる動画コメントを公開しております。

うち佐々木氏の動画コメントにつきましては、下記リンク先の特設ページにて公開中のダイジェスト版のほか、当社会員様であれば『外為情報ナビ』にて全編をご覧いただけます。
これからも当社では、皆様の売買判断の参考となるべく、タイムリーな情報の発信に努めてまいります。
「緊急取材 北朝鮮有事の円相場シミュレーション」特設ページ

※動画・レポートの内容に対するご質問は、「外為どっとコムお問い合わせフォーム」までお願いいたします。

9月4日より増額「メキシコペソ/円」スワップポイント固定キャンペーンのお知らせ[17/09/01]

当社ではただいま期間限定[※1]実施中の「メキシコペソ/円」スワップポイント固定キャンペーンにつき、9月4日(月)よりスワップポイント受取額「14円」固定をさらに増額し、「15円」固定[※2]にて提供いたします。

●「メキシコペソ/円」スワップポイント固定キャンペーン
スワップポイント受取額:「15円」固定[※2]

※1 2017年9月4日(月)〜2017年9月29日(金)
※2 『外貨ネクストネオ』における「メキシコペソ/円」10Lot(1万通貨)のポジションの1日あたりスワップポイント。現状の金利差情勢では同通貨ペアの買ポジションに対し適用されます。

※国内外の休日や平日早朝など市場の流動性が低い時間帯、主要経済指標の発表前後、ならびに天災地変または金融・経済関連の重大事件など予期せぬ突発的事象の発生時には、一時的にスプレッドを広告表示値よりも拡大する場合がございます。
『外貨ネクストネオ』スワップポイント