野村雅道のID為替研究所 (Day)|FXブログ|外為どっとコム

南アランド円テク=「打たれ強さは維持」

南アランド円テク=「打たれ強さは維持」

日足、6月9日-13日の上昇ラインを下抜くも、6月15日は下ヒゲを残し反発。6月15日-16日の上昇ラインがサポート。6月15日-16日の下降ラインが上値抵抗。5日線上向き。ボリバン上位。
zcc0618.JPG

週足。3月27日週-4月3日週の下降ラインを上抜いてからはしっかりしている。4月10日週-5月15日週の上昇ラインがサポート。3月20日週-27日週の下降ラインが上値抵抗。

月足。ボリバン下限から上限に迫っていたが3月は上ヒゲの長い陰線で終える。4月は16年6月‐9月の上昇ラインを下抜くも長い下ヒゲで、そのラインまで巻き返し。5月は3月-4月の下降ラインを上抜け陽線。今月も陽線スタート。

年足は2008年-2011年の下降ラインを上抜いた。16年は最強通貨で陽線。06年‐15年の下降ラインが上値抵抗だが近い。今年もゴーダン財務相更迭で陰転も再び陽転し強い。

FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱東京UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧



業界最狭水準スプレッド

上限なしキャッシュバックキャンペーン

G-1 BATTLE

高金利通貨キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

FXブログ利用規約

担当者へ通報する
不適切なコメントなどに対するご通報をこちらより行うことができます。※個別回答はいたしません。