野村雅道のID為替研究所 (Day)|FXブログ|外為どっとコム

ECBに敏感

*ECB議事要旨

*現時点で金融状況はとりわけコミュニケーションの変化に敏感になっており、非常に緩やかかつ慎重なやり方で調整されるべきだと考えられている。過去長年にわたって極めて緩和的な金融環境が続いてきたため、コミュニケーションのわずかな変化でも金融政策スタンスの変更に向かっていると受け止められれば、強力なシグナル効果を発揮する可能性がある

FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱東京UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧



業界最狭水準スプレッド

上限なしキャッシュバックキャンペーン

G-1 BATTLE

高金利通貨キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

FXブログ利用規約

担当者へ通報する
不適切なコメントなどに対するご通報をこちらより行うことができます。※個別回答はいたしません。