法人のお客様

外貨ネクストネオ

外貨ネクストネオ

口座開設の書面は以下より取得いただけます。

申込書類のダウンロード (PDF)

※PDFファイルは、ご利用のパソコンに保存してご利用ください。

申込書の郵送を希望する

※法人のお客様が口座開設をご希望の場合、専用の書面にてご申請いただく必要があります。オンラインでの口座開設申込はご利用いただけません。

新規口座開設までの流れ

法人のお客様で口座開設ご希望の場合、専用の「口座開設申込書」「実質的支配者に関する申告書(上場会社の方はご提出不要)」(書面)「外国PEPsに該当しないことの告知書」(書面)をご提出いただく必要があります。上記「申込書類のダウンロード(PDF)」または「申込書の郵送を希望する」より各種書面の取得をお願いいたします。
※「オンライン口座開設」はご利用いただけませんのでご注意ください。

取得されました「口座開設申込書」「実質的支配者に関する申告書(上場会社の方はご提出不要)」「外国PEPsに該当しないことの告知書」に必要事項をご記入・ご捺印のうえ、下記の各必要書類とあわせて当社までご返送くださいますようお願いいたします。書面をダウンロードされた場合は、あわせてダウンロードされる宛名ラベルを、郵送で請求された場合は、同封の返信用封筒をお使いいただけます。

  • ・会社としての証明書(登記簿謄本または履歴事項全部証明書)
  • ・代表取締役の方の本人確認書類
  • ・売買担当者の方の本人確認書類(代表取締役の方と売買担当者の方が異なる場合のみ)

※会社としての証明書は、発行から6ヶ月以内の原本で、かつ現在有効な登記が記載されているものをご用意ください。
なお、代表取締役の方と売買担当者の方の本人確認書類については「本人確認書類としてご利用いただける書類」をご参照ください。

審査完了後に、簡易書留・転送不要郵便にて、ご法人所在地宛に、口座番号が記載された「口座開設のお知らせ」書面を、売買担当者のご住所宛に初期パスワードが記載された「(開設時)パスワードのご案内」書面をお送りいたします。
両書面をお受け取りいただきますと口座開設完了となります。

申込みから口座開設の完了(お客様による簡易書留・転送不要郵便のお受取り)までには、2〜3週間程度かかる場合もございます。

法人口座と個人口座の違い

税制の違い

他の事業で発生した損益の通算が可能

「先物取引に係る雑所得等」の間のみならず、その他の金融商品取引の損益を含め、その法人の事業におけるすべての損益金を合算することができます。

事業で発生したすべての必要経費が控除対象

FX取引を含む「先物取引に係る雑所得等」の対象となる取引において発生した経費のみならず、その法人の事業において発生したすべての必要経費を控除することができます。

損失の繰越控除は最大9年間

法人全体での課税所得の算出において損失が発生した場合の繰越控除は、損失の生じた事業年度の翌年から9年間(ただし、平成20年3月31日以前に終了した事業年度において生じた損失については、7年間)にわたり可能です。(個人の場合は3年間)

レバレッジの利いた取引では、取引保証金(元手)に対し大きな金額を運用することになるので、保証金率が低ければ低いほど(レバレッジが高ければ高いほど)、小さなマーケットの動きであっても口座の資産価値は大きく変動することになります。市場がお客様のポジションに対し急激にかつ大きく不利な方向に変動した場合、お客様の損失の拡大を防止するため、お客様の保有するポジションの全部が強制的に決済される可能性もあります。レバレッジ効果により、相対的に小さな資金で大きな利益を得ることが可能ですが、逆に、預託した資金をすべて失う、あるいは預託した資金を超えて損失を被る可能性も同時に存在します。