• HOME >
  • お知らせ

お知らせ


「G-1 BATTLE 1stステージ −FX王者&新人王決定戦−」キャンペーン(11/2〜12/19)実施のお知らせ[15/10/30]

当社では来たる11月2日(月)より「G-1 BATTLE 1stステージ −FX王者&新人王決定戦−」キャンペーンを実施することとなりましたので、お知らせいたします。
●キャンペーン期間:
2015年11月2日(月)午前7時00分〜同12月19日(土)午前6時55分

本キャンペーンでは、所定のフォームよりエントリーされたすべてのお客様を、『外貨ネクストネオ』口座の開設時期により次の2つのフィールド(グループ)に振り分けます。
【フレッシャーズ フィールド】⇒ 2015年4月以降に口座開設された方:上位100名様に賞金進呈
【レギュラー フィールド】⇒ 2015年3月以前に口座開設された方:上位200名様に賞金進呈
上記キャンペーン期間中にエントリーされ、かつ所定のLot数以上のお取引をされたお客様のうち、同期間中の全通貨ペア合算での取引損益(スポット損益)合計が上位の方に、各グループの順位に応じて賞金を進呈いたします。
なお本キャンペーンへのご参加には、エントリーが必要です。エントリー方法、該当順位の所定の「最低Lot数合計」、特典金額など詳細事項につきましては、以下のリンク先ページをご参照願います。
G-1 BATTLE 1stステージ −FX王者&新人王決定戦−

来年1月末をめどに法人会員様の全通貨ペアの保証金率変更(引き上げ)を実施します[15/10/30]

当社では、法人会員様の「1Lotあたりの必要保証金額」計算式に用いております係数(保証金率:現状は一律0.5%)につき、本年4月27日付でご案内した9通貨ペアの4.0%変更に加え、残る11通貨ペアにつきましても新たに1.0%へ変更(引き上げ)させていただく旨を決定しましたので、お知らせいたします。
これら保証金率変更は、11通貨ペア(0.5%→1.0%)・9通貨ペア(0.5%→4.0%)ともに、来年(2016年)1月末をめどに適用を開始させていただく予定です。

本変更は、去る1月15日のいわゆるスイスショックの発生、およびその後現在まで主要国・新興国通貨を問わず相場の乱高下が生じやすい地合いが継続している実情をふまえ、投資家保護の観点から、新たな相場激変等が発生した場合における法人会員様の損失拡大をできる限り軽減することを目的に実施するものでございます。
本決定に伴い、法人会員様にはたいへんご不便をおかけいたしますが、なにとぞご理解ご了承を賜りますようお願い申し上げます。

【法人保証金率の変更対象となる通貨ペア】
●保証金率が0.5%→1.0%となる通貨ペア(全11種)
・USD/JPY(米ドル/円)
・EUR/JPY(ユーロ/円)
・EUR/USD(ユーロ/米ドル)
・AUD/JPY(豪ドル/円)
・GBP/JPY(ポンド/円)
・NZD/JPY(NZドル/円)
・CAD/JPY(カナダドル/円)
・GBP/USD(ポンド/米ドル)
・AUD/USD(豪ドル/米ドル)
・NZD/USD(NZドル/米ドル)
・EUR/AUD(ユーロ/豪ドル)
●保証金率が0.5%→4.0%となる通貨ペア(全9種※1)
・CHF/JPY(スイスフラン/円)
・HKD/JPY(香港ドル/円)
・USD/CHF(米ドル/スイスフラン)
・ZAR/JPY(南アフリカランド/円)
・TRY/JPY(トルコリラ/円)
・CNH/JPY(人民元/円)
・NOK/JPY(ノルウェークローネ/円)
・SEK/JPY(スウェーデンクローナ/円)
・MXN/JPY(メキシコペソ/円)
※1 本年4月27日付で本欄にてご案内した保証金率4.0%変更(引き上げ)対象の通貨ペア全9種と同じです。

【本変更後の法人会員様「1Lotあたりの必要保証金額」計算式】
[変更前]
●全通貨ペア共通(保証金率0.5%):基準レート×1,000(通貨)×0.5%
[変更後]
●保証金率が0.5%→1.0%となる通貨ペア:基準レート×1,000(通貨)×1.0%
●保証金率が0.5%→4.0%となる通貨ペア:基準レート×1,000(通貨)×4.0%
(いずれも100円未満切り上げ。計算結果が500円未満の場合は500円に切り上げ。非・対円通貨ペアの基準レートは、取引通貨が共通する対円通貨ペアの基準レートに同じ※2)
≪計算例≫(以下、本変更の前後を通じて基準レートが変化しなかったと仮定)
●保証金率が0.5%→1.0%となる通貨ペア
・基準レート「120円」の通貨ペアの場合:[変更前]600円→[変更後]1,200円
・基準レート「85円」の通貨ペアの場合:[変更前]500円→[変更後]900円
●保証金率が0.5%→4.0%となる通貨ペア
・基準レート「120円」の通貨ペアの場合:[変更前]600円→[変更後]4,800円
・基準レート「9円」の通貨ペアの場合:[変更前]500円→[変更後]500円 ※3
※2 現在、非・対円通貨ペアの「1Lotあたりの必要保証金額」は取引通貨が共通する対円通貨ペアの「1Lotあたり必要保証金額」に同じとしておりますが、本変更とあわせて上記の通り変更いたします。
※3 保証金率が1.0%となる通貨ペアでは基準レートが「50円」以下の場合、また保証金率が4.0%となる通貨ペアでは基準レートが「12.5円」以下の場合、1Lotあたりの必要保証金額はそれぞれ変更前と同額(500円)となります。

なお、適用開始日(土曜日を予定)時点で上記対象通貨ペアのポジションをお持ちの法人会員様口座の「必要保証金額」が、本変更に伴い同時点の「有効評価額」を上回った場合には、その直後の月曜オープン時点でロスカットが執行され全ポジションが強制決済対象となります。こうした状況に該当する可能性があり、かつロスカットの回避をご希望のお客様におかれましては、できるだけ早い時期の追加ご入金または一部ポジションの決済等による対処をお願い申し上げます。
また本変更では、適用開始日時点で有効な未約定注文の「注文中保証金額」も同じく変更対象となります。仮に本変更に伴い「注文中保証金額」が増額したとしても「有効評価額」への影響はないため、その増額自体によりロスカットが執行されることはありませんが、その約定により口座の「必要保証金額」が「有効評価額」を上回った場合には直ちにロスカット執行対象となりますので、十分ご留意のほどお願いいたします。

本変更の具体的な適用開始日につきましては、確定し次第、本欄等にてお知らせ申し上げます(本変更後の具体的な「1Lotあたりの必要保証金額」は適用開始日直前の木曜日に確定します)。

「Mac OS X 10.11」推奨環境への追加のお知らせ[15/10/30]

このほど当社では、Macintosh端末のOS「Mac OS X 10.11 El Capitan」を、『外貨ネクストネオ』リッチアプリ版およびWebブラウザ版の推奨環境にそれぞれ追加しましたので、お知らせいたします。

現時点での各チャネルの推奨環境につきましては、下記リンク先ページをご参照願います。
今後も当社では、皆様のご期待に応えるべく、当社FX取引環境のより一層の向上に努めてまいります。

リッチアプリ版 推奨環境
Webブラウザ版 推奨環境

外為どっとコム総研『竹中平蔵レポート』最新号配信のお知らせ[15/10/30]

当社子会社「外為どっとコム総合研究所」首席研究理事・竹中平蔵の執筆によるレポート『竹中平蔵レポート』の最新号「「新三本の矢」の虚実」の配信を、同社サイト内および当社『外為情報ナビ』にて、開始いたしました。

本レポートは、経済学者にして主要閣僚ポストを歴任するという稀代の経歴を持つ竹中が、内外の経済や政治、マーケット情勢などについて、積年の活動を通じ培った見識に基づき分析したものです。下記リンク先ページおよび『外為情報ナビ』※にて、最新号とバックナンバーをご覧になれます。
※『外為情報ナビ』における本レポートの提供は、PC向け取引画面のみとなっております。

外為どっとコム総研『竹中平蔵レポート』
外為情報ナビの詳細
外為情報ナビのアクセス方法

新コンテンツ「マーケットリスクレポート」提供開始のお知らせ[15/10/28]

このほど当社では、外国為替相場の急変動要因となりうる直近のイベント予定につき、その重要度とあわせてご案内するコンテンツ「マーケットリスクレポート」の提供を開始しましたので、お知らせいたします。
本コンテンツは、当社の子会社である外国為替専門シンクタンク「外為どっとコム総合研究所」の監修により、当社取扱通貨の流通国・地域における金融政策や重要経済指標の発表、G20など金融当局関係者による国際会議の開催、選挙や国民投票等の政治関連行事、その他為替変動リスクや流動性リスクなどの要因となりうる各種イベント予定をピックアップするとともに、その重要度により3段階に分類し「★」マークの数で示します。
本コンテンツは当社ホームページ内での提供ですので、当社会員様を含めどなたでも無料にてご覧いただけます(不定期更新)。

[重要度を示す「★」マークについて]
 ★★★:緊急性が高く、かつ影響範囲も大きい
 ★★ :緊急性が高いが、影響範囲は限定的
 ★  :緊急性は低いが、影響範囲が大きい

当社では今後も外為どっとコム総研と緊密に連携し、店頭FX取引における個人投資家の皆様のリスク管理にお役立ていただける情報を発信してまいります。
マーケットリスクレポート

今週末のトルコ総選挙実施に伴う相場変動・スプレッド拡大等の可能性について[15/10/28]

今週末・11月1日(日)にはトルコの総選挙実施が予定されており、その投票結果によっては翌2日(月)の「トルコリラ/円」オープンレートが前週末クローズレートに対し大きく乖離する可能性、およびその後しばらく同通貨ペアの相場が急変動する可能性がございます。
同通貨ペアのポジションをお持ちのお客様、特に高レバレッジのポジションをお持ちの法人の方におかれましては、口座管理につき十分ご注意のほどお願いいたします。

なお上記期間においては、実勢インターバンクレートのスプレッド(BidとAskの差)も平常時に比べ拡大傾向となる見通しであり、その際には当社でもやむなくスプレッドを一時的に拡大させていただく場合がございます。また相場状況により「ダイレクトカバーの対象となる注文」の基準Lot数(最低数量)を一時的に変更させていただく場合がございますので、あらかじめご承知おきくださいますようお願いいたします。

※スプレッド拡大時には、これに伴う評価レートの変動により通常スプレッド時よりも口座の有効比率が低下します(両建状態であっても同様です)。このとき、口座状況によっては有効比率がロスカットレベルを下回る可能性がございますので口座管理には十分ご注意願います。

FOMCおよび日銀金融政策決定会合に伴う相場変動・スプレッド拡大等の可能性について[15/10/26]

日本時間10月29日(木)午前3時には米FOMC(米連邦公開市場委員会)政策金利発表が、また翌30日(金)日中には日銀金融政策決定会合がそれぞれ予定されており、その発表内容次第では上記各発表タイミング前後の為替相場が急変動する可能性がございます。
ポジションをお持ちのお客様、特に高レバレッジのポジションをお持ちの法人の方におかれましては、口座管理につき十分ご注意のほどお願いいたします。

なお上記期間においては、実勢インターバンクレートのスプレッド(BidとAskの差)も平常時に比べ拡大傾向となる見通しであり、その際には当社でもやむなくスプレッドを一時的に拡大させていただく場合がございます。また相場状況により「ダイレクトカバーの対象となる注文」の基準Lot数(最低数量)を一時的に変更させていただく場合がございますので、あらかじめご承知おきくださいますようお願いいたします。

※スプレッド拡大時には、これに伴う評価レートの変動により通常スプレッド時よりも口座の有効比率が低下します(両建状態であっても同様です)。このとき、口座状況によっては有効比率がロスカットレベルを下回る可能性がございますので口座管理には十分ご注意願います。

本年9月度の当社取引高が国内店頭FX業界第3位※になりました[15/10/21]

本年・2015年9月度における当社店頭FX(外国為替保証金取引)の取引高が約384,191百万通貨に達し、国内店頭FX業界第3位※となりましたことをお知らせいたします。
先般ご案内した「『口座数』40万口座突破」に続き、同じ本年9月度において取引高でも国内店頭FX業界第3位※に躍進できたことは、ひとえに当社会員様をはじめとする個人投資家の皆様からの幅広いご支持の積み重ねの結果であると存じております。当社役職員一同、心より感謝申し上げます。
今後も当社では、取引利便性を高める環境整備へ向け、全社一丸となって各種機能・サービスのさらなる拡充に注力してまいります。
※外為どっとコム調べ
口座数・預り高・取引高の推移
プレスリリース(PDF:171KB)】

10月31日「ニュース速報」「速報メール」リニューアル実施のお知らせ[15/10/19]

当社では来たる10月31日(土)付で、会員様限定プレミアム情報サイト『外為情報ナビ』とスマートフォン・iPadアプリにて配信中の「ニュース速報」、およびその記事をメール配信する「速報メール」の両サービスをリニューアルすることとなりましたので、お知らせいたします。
今回のリニューアルでは、配信頻度・速報性・記事内容をともに向上すべく、メインのニュースソースを株式会社DZHフィナンシャルリサーチの『fx wave』に変更いたします。加えて、ご好評をいただいております外為どっとコム総研の配信記事(平日朝・夕)もこれまで通り配信いたします。ご期待ください。

※本リニューアルに伴い、現行の「速報メール」配信設定は同日午前中をもって無効となります。リニューアル後も「速報メール」の配信をご希望のお客様は、大変お手数ですが以下の手順により設定画面へアクセスのうえ、新たに配信設定をお願いいたします(現時点で登録可能です)。
●リッチアプリ版:
メニュー【マーケット情報】→【外為情報ナビ】→外為情報ナビ【ツール】→【速報メール】
●Webブラウザ版:
【マーケット情報】タブ→外為情報ナビ【ツール】→【速報メール】

外為どっとコム総研『外為白書2014-15(第6号)』発刊のお知らせ[15/10/19]

当社の子会社である外国為替専門シンクタンク「外為どっとコム総合研究所」(外為どっとコム総研)は、1年間の調査・研究活動の集大成として、この度『外為白書 2014-15(第6号)』を発刊いたしました。
本書は、全3章により構成されております。第1章「2014年7月〜2015年6月の相場のあゆみ」では、主要通貨の過去1年の相場変動要因について、各国の金融政策や景気動向、要人発言、その他世界経済に影響を及ぼした「材料」をもとに、月単位での分析を試みております。続く第2章「業界のあゆみ」では、FX(外国為替保証金取引)業界の現状について解説。そして第3章「FX投資家アンケートによる実態調査」では、当社が実施した口座開設者アンケートの集計結果から、データで表わされる機会の少ない本邦FX投資家における相場観の推移や取引の実態について考察しております。
金融実務従事者や報道関係者の方々はもちろんのこと、当社会員様をはじめとする個人投資家の皆様にとっても、昨今の為替相場動向や投資家心理の変化などを振り返るための資料としてご活用いただけるものと存じます。
『外為白書2014-15(第6号)』紹介ページ

『外為白書2014-15(第6号)』は、紙媒体版・電子書籍版(Kindle)ともに以下の各リンク先ページ(amazon.co.jp)にてお求めいただけます(書店での取り扱いはございません)。
紙媒体版『外為白書2014-15(第6号)』販売ページ(amazon.co.jp)
『外為白書2014-15(第6号)』kindle版販売ページ(amazon.co.jp)

G20およびIMF年次総会開催に伴う相場変動・スプレッド拡大等の可能性について[15/10/07]

すでに報道されております通り、ペルーの首都リマにて現地時間の10月8日(木)にG20(20カ国・地域財務相・中央銀行総裁会議)が、9日(金)〜11日(日)には第70回世界銀行・IMF(国際通貨基金)年次総会の開催がそれぞれ予定されており、その内容次第では上記各期間中の為替相場が急変動する可能性、および12日(月)のオープンレートが前週末クローズレートに対し大きく乖離する可能性がございます。
ポジションをお持ちのお客様、特に高レバレッジのポジションをお持ちの法人の方におかれましては、口座管理につき十分ご注意のほどお願いいたします。

なお上記期間においては、実勢インターバンクレートのスプレッド(BidとAskの差)も平常時に比べ拡大傾向となる見通しであり、その際には当社でもやむなくスプレッドを一時的に拡大させていただく場合がございます。また相場状況により「ダイレクトカバーの対象となる注文」の基準Lot数(最低数量)を一時的に変更させていただく場合がございますので、あらかじめご承知おきくださいますようお願いいたします。

※スプレッド拡大時には、これに伴う評価レートの変動により通常スプレッド時よりも口座の有効比率が低下します(両建状態であっても同様です)。このとき、口座状況によっては有効比率がロスカットレベルを下回る可能性がございますので口座管理には十分ご注意願います。

米国の冬時間適用開始に伴う取引時間変更のお知らせ[15/10/05]

米国のほぼ全土において本年3月より適用されております「夏時間(サマータイム)」の適用期間が、来たる11月1日(11月第1日曜日)現地時間午前2時をもって終了し、「冬時間(標準時)」へ移行します。本移行に伴い、米国の夏時間適用地域と日本との時差が現在よりも1時間拡大します。
これを受けて当社では11月2日(月)より、営業日およびご注文の有効期限の区切りである「ニューヨーク・クローズ(NYC)」時刻(米国東部時間午後5時)を、現在の日本時間午前6時から1時間繰り下げ同午前7時へ変更するとともに、以下の通り『外貨ネクストネオ』における各営業日の取引時間を変更させていただきます。

【米国夏時間(サマータイム):当社では2015年10月30日(金)まで適用】
●1営業日の取引時間
 月曜日:午前7:00〜翌午前5:55
 火〜金曜日:午前6:10〜翌午前5:55
【米国冬時間(標準時):当社では2015年11月2日(月)より適用】
●1営業日の取引時間
 月曜日:午前7:00〜翌午前6:55
 火〜金曜日:午前7:10〜翌午前6:55

また以上に伴い、クイック入金可能時間、スワップポイント振替可能時間、報告書(PDF)出力可能時間、および週末システムメンテナンスの実施時間帯もあわせて1時間繰り下げとなります。詳細につきましては下記各リンク先ページをご参照願います。
取引時間

台風第21号等による被害に遭われた皆様へのお見舞いと対応について[15/10/02]

台風第21号等による被害に遭われた皆様に、外為どっとコム役職員一同、心よりお見舞い申し上げます。
当社では、今回の被災者の皆様へのご支援策として、お届けの印鑑の喪失等の場合における、できる限りの便宜的措置を適用させていただきます。
本件に関するご相談、その他、当社のお取引に関してお困りごとがございましたら、下記「サポートセンター」まで遠慮なくお問い合わせくださいますようお願い申し上げます。

【対象となるお客様】
台風第21号等の被害により、災害救助法の適用を受けた市町村の住所をご自宅住所としてお届けのすべてのお客様。
○災害救助法適用市町村(2015年10月2日現在)
[沖縄県]八重山郡与那国町
※直近時点の災害救助法適用市町村につきましては、下記リンク先ページをご参照願います。
内閣府防災情報のページ

【お問い合わせ先】
○外為どっとコム・サポートセンター
電話:0120-430-225(または03-5733-3065)
お問い合わせフォーム

被災地の一日も早い復旧を、心よりお祈り申し上げます。

当社店頭FXの「口座数」40万口座突破のお知らせ[15/10/01]

当社の店頭FX(外国為替保証金取引)の「口座数」が、本年9月の時点で40万口座を突破しましたことをご報告いたします。これもひとえに当社FX会員様をはじめとする皆様からの日頃のご愛顧の賜物と、当社役職員一同心より感謝申し上げます。
今後も当社では、お客様が好機を逃すことなくお取引に取り組んでいただけますよう、取引利便性を高める環境整備へ向け、引き続き全社一丸となって各種機能・サービスのさらなる拡充に注力してまいります。

プレスリリース