2019-08-13から1日間の記事一覧

ドル・円は上げ渋りか、米CPIで追加利下げを見極め

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は上げ渋りか、米CPIで追加利下げを見極め」 13日の欧米外為市場では、ドル・円は上げ渋る展開を予想したい。ユーロ圏経済の下振れ懸念を背景に、ドル選好地合いに振れやすい見通し。ただ、米中貿易戦争の一段の激化…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は反落。3連休明けの取引となった国内勢が値ごろ感からドル買いを強め、一時105円58銭まで浮揚した。しかし、その後は、日経平均株価や中国株、香港株が弱含み、米10年債利回りが1.61%台まで低下したことで、ドル売り、円買…

【メキシコペソ円】中銀は難しい判断を迫られる展開に

いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ! その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。 8月13日(火)メキシコペソ/円 基調 下値警戒 目先の注目材料 ・主要国株価、国際商品価格 ・8/15 メキシコ中銀政策金利 中銀は難しい判断を迫られる…

“貿易戦争から通貨戦争へ。”

トランプ大統領が、これまでは制裁の対象外だった中国からの輸入品約3000億ドル分相当に対して9月1日から10%の制裁関税を課すとツイッターで表明して事実上の第4弾制裁関税が発動され、米国は中国からのほぼ総ての輸入品に対して制裁関税をかけることになっ…

週間テクニカル分析レポート 2019/08/12~2019/08/16

▼USD/JPY 戻り売り。予想レンジは103.84~107.49 ▼AUD/JPY 下落継続。予想レンジは69.39~73.97 ▼GBP/JPY 下落継続。予想レンジは121.39~132.74 ▼ZAR/JPY 下落継続。予想レンジは6.66~7.17 ▼TRY/JPY 上昇継続。予想レンジは18.36~20.09 ▼MXN/JPY 戻り売り…

「ドル/円、105円割れを警戒」 外為トゥデイ 2019年8月13日号

(1) 中国人民銀行は、人民元相場の対ドル基準値を1ドル=7.0211元に設定。前日終値(7.0615元)よりも元高水準であり、予想ほど元安水準ではなかった事から豪ドルが一時上昇した。 (2) イタリアの政局不安などを背景に欧州市場に入るとユーロ売りが活…

ドルは105円台前半で推移か、米長期金利低下などでドルの上値は重いままとなる可能性

東京市場オープニングコメント 「ドルは105円台前半で推移か、米長期金利低下などでドルの上値は重いままとなる可能性」 12日のドル・円相場は、東京市場では105円69銭から105円32銭まで下落。欧米市場でドルは105円49銭から105円05銭まで売られた後に105円4…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:米中貿易摩擦による景気の悪化を懸念し105円49銭から105円05銭まで円高・ドル安推移。 ユーロ・ドル:イタリア政局不安に1.1162ドルへドル高・ユーロ安推移後、イタリア債の利回り上昇に連れ1.1231ドルまで反発。 ユ…

※追加【トルコリラ/円】:下値リスクが点灯中。

【トルコリラ/円】:下値リスクが点灯中。 トルコリラ/円は実体のやや大きい陰線引けとなりました。終値ベースでは18.85-90を守って終えていますが、日足の形状が悪化中です。18.50-55にもう一段強い抵抗がありますが、これを割り込んで終えた場合は一段の下…

【ドル/円】:反発余地が限られる可能性。ドルの戻り売り方針で。

2019年8月13日 【ドル/円】:反発余地が限られる可能性。ドルの戻り売り方針で。 ドル/円は値幅の小さい陰線引けとなり、単体では下げ余力の強いものではありませんが、トレンドが弱いので、反発余地もまた限られる展開が予想されます。短期トレンドが弱いの…

top