米大統領選 特別企画

世界を圧倒するトランプ・リスク!米大統領選本選の行方

11月8日、アメリカの大統領選挙が行われました。
大接戦の末、共和党のトランプ候補が勝利。事前予想通り、金融マーケットは大きな混乱となりました。
開票当日の為替相場について、また今後の注目点について、外為どっとコム総研の神田調査部長が解説します。

米国の第45代大統領を決める選挙は、大方の予想を覆して共和党トランプ氏が勝利した。

@開票が行われた9日の東京市場ではトランプ氏優勢の報道が流れるたびにドル売り・円買いが強まり、ドル/円相場は一時101円台前半まで下落した。なお、この間には日経平均株価の下げ幅が一時1000円を超える場面もあった。

Aところが、トランプ氏が勝利演説で過激な発言を封印して米国民に結束を呼びかけた事がきっかけとなりムードが好転。大統領選と同時に行われた米議会選挙において、共和党が上下院ともに制した事でねじれが解消した事も不透明感の後退に一役買ったとされる。

B欧米市場に入るとトランプ次期大統領が掲げる財政拡張政策への期待などから株高と債券安(金利上昇)が進み、ドル/円も105円台後半まで上昇した。

9日の反応を見る限り、「トランプ・リスク」として恐れていた市場崩壊シナリオは杞憂であったように思える。しかしながら、トランプ次期大統領の政治的指導力には未知数の部分が多く、この段階での政策期待のドル買いや債券売りには拙速感が否めない。新大統領をめぐる市場の評価はまだ定まり切れておらず、今後も折に触れて揺れ動く事が予想される。当面はトランプ次期大統領の言動から目が離せない状況が続くだろう。

●当社主催のセミナーについて
  • ※本コンテンツにて紹介するセミナーは、弊社「外為どっとコム」が主催するセミナーです。セミナーにおきましては、お客様にFX(外国為替保証金取引)の簡単な紹介・説明をさせていただきますので、あらかじめご了承のうえ、ご参加くださいますようお願い申し上げます。
    またこれらのセミナーは、投資判断の参考となる情報の提供を目的として開催するものです。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。
  • ※障害時には動画配信を中止させていただく場合がございます。

PCサイトを表示する

ページトップへ

ページトップへ

店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。
<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。>
<『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40〜999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。>
株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065
金融商品取引業者 登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509)