緊急取材

その時ポンドは?英国総選挙と為替市場

12月12日に行われる英国総選挙。英ジョンソン首相が目指す2020年1月末のEU離脱(ブレグジット)を左右する今回の総選挙について、結果の予想やポンド市場への影響など著名な識者に聞く。
FX個人投資家必見の内容。

英国総選挙に伴う相場変動に関するご注意事項

【ご注意ください】現地時間本年(2019年)12月12日(木)は英国総選挙が予定されており、その前後においてはインターバンク(銀行間為替市場)における流動性の著しい低下に伴い、英ポンドを中心に実勢インターバンクレートのスプレッドの拡大傾向が顕著となるとともに、相場急変が発生しやすい状況となることが予想されます。そのため本年12月12日(木)午前7時10分〜同月14日(土)午前6時55分の間における、ポンド/円(GBP/JPY)、ポンド/米ドル(GBP/USD)、ポンド/豪ドル(GBP/AUD)およびユーロ/ポンド(EUR/GBP)の4通貨ペアの当社提示スプレッドに限り、広告表示値の適用対象外とさせていただきますので、あらかじめご留意のほどお願いいたします。

お客様におかれましては、ポジション軽減の事前調整ならびに追加資金のご入金を行っていただく等、口座管理につき十分ご注意くださいますようお願いいたします。
そのほか、リンク先の注意事項につきましても十分にご認識の上、口座管理を実施いただきますようお願いいたします。

その他の注意事項はこちら

●免責事項
本ウェブサイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、当社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。

最短当日取引可能!

お申込みの際は「本人確認書類・マイナンバー確認書類」をご用意ください。

新規口座開設で
最大103,000  キャッシュバック