【更新】〔重要〕大型連休の当社営業スケジュールに関するお知らせ

2019年3月
株式会社外為どっとコム
【2019年4月26日 更新】

<連休期間に関する参考リンク>

大型連休の当社営業スケジュールについて

当社「外為どっとコム」では、本年4月下旬から5月上旬にかけての大型連休期間(ゴールデンウィーク)を通じ、「マイページ」、店頭外国為替保証金取引『外貨ネクストネオ』および店頭通貨バイナリーオプション取引『外貨ネクストバイナリー』のサービスを原則として平常通り提供させていただきます。
またサポートセンターでの電話対応も、平常通り月曜日午前7時より土曜日午前6時まで24時間体制で承っております。

※午後11時〜午前7時(夏時間の土曜日は午前6時)までは、ユーザーID(口座番号)忘れ、パスワード忘れ、アカウントロックの解除などアカウント関連のお問い合わせのみ受け付けております(なおログインサポートでも受け付けております)。

PAGETOP

大型連休の相場変動・スプレッド拡大等の可能性について

例年インターバンク(銀行間為替市場)における流動性が著しく低下する大型連休においては、平常時より軽微な相場材料であっても為替相場が急変動する可能性、および週明けオープンレートが前週末クローズレートに対し大きく乖離することや、実勢インターバンクのスプレッドが拡大する傾向がございます。急激な相場変動が発生した場合には、本来のロスカット水準を大幅に下回りロスカットが執行される可能性があります。また、流動性の低下に伴い、ロスカットの執行に通常以上の時間を要する可能性がございます。ポジションをお持ちのお客様、特に高レバレッジのポジションをお持ちの法人の方におかれましては、口座管理につき十分ご注意くださいますようお願いいたします。

また、相場状況により「ダイレクトカバーの対象となる注文」の基準Lot数(最低数量)を一時的に変更させていただく場合がございますので、あらかじめご承知おきくださいますようお願いいたします。
以上を受けて当社では、誠に勝手ながら連休期間中の営業日である本年4月29日(月)〜同5月6日(月)に限り、原則固定スプレッド提示時間帯(午前9時〜翌午前3時)を含む終日において、全20通貨ペアの提示スプレッドを広告表示値の適用対象外とさせていただきます。
本年の本邦大型連休期間は全10日間に及ぶことから、インターバンク(銀行間為替市場)における流動性が例年以上に著しく低下し、為替相場の突発的な急変動が発生しやすい状況となることが予想されております。中でも欧州市場やアジア市場(香港・シンガポール)、トルコなどの休場と重なる5月1日(水)においてはその傾向が一段と高まる見通しです。
かねてより当社では全通貨ペアにて業界最狭水準スプレッドを提示しておりますが、前述の状況下でもなお広告表示値通りのスプレッドを提示した場合には、成行・マーケット注文でのスリッページ発生頻度の上昇やスリッページ幅拡大など一部サービスレベルの低下を招く懸念があるため、以上の決定とさせていただいた次第でございます。
本決定に伴い、お客様には誠にご不便をおかけいたしますが、なにとぞご理解ご了承を賜りますようお願い申し上げます。

  • ※スプレッド拡大時には、これに伴う評価レートの変動により通常スプレッド時よりも「有効比率」が低下します(両建状態であっても同様です)。このとき、口座状況によっては有効比率がロスカットレベルを下回る場合がございますので、口座管理には十分ご注意願います。

上記注意事項につきまして十分にご認識の上、ポジションの事前調整ならびに追加資金のご入金を行っていただく等、ポジション管理を実施いただきますようお願いいたします。

大型連休期間のスワップポイントについて

大型連休期間における当社スワップポイントの付与につきましては、以下の各ページをご確認ください。
相場状況により、付与水準が通常と異なる場合がございます。

PAGETOP

大型連休の当社営業スケジュールカレンダー

  • ※本カレンダーにおける「1日」は、米国夏時間期の当社営業日と同じ「日本時間当日午前6時〜翌日午前6時」です。
  • ※当社サポートセンターにおけるお問い合わせ受付業務はこちらをご参照ください。
サービス名 振込入金
出金
クイック
入金
外貨ネクストネオ
外貨ネクストバイナリー
サポート
センター
4/26(金) 通常通り 通常通り 通常通り 通常通り
4/27(土) 休業日 通常通り 休業日 休業日
4/28(日) 通常通り
4/29(月) 休業日 通常通り 通常通り 通常通り
4/30(火) 休業日 通常通り 通常通り 通常通り
5/1(水) 休業日 通常通り 通常通り 通常通り
5/2(木) 休業日 通常通り 通常通り 通常通り
5/3(金) 休業日 通常通り 通常通り 通常通り
5/4(土) 休業日 通常通り 休業日 休業日
5/5(日) 通常通り
5/6(月) 休業日 通常通り 通常通り 通常通り
5/7(火) 通常通り 通常通り 通常通り 通常通り
  • ※振込入金または出金を4月27日(土)から5月6日(月)の期間に行った場合、大型連休明け最初の金融機関営業日である2019年5月7日(火)以降に順次反映となります。

PAGETOP

大型連休期間の入金処理について

当社の「クイック入金サービス」は大型連休期間を通じ平常通りご利用可能ですが、提携金融機関のインターネットバンキングサービスにて一時休止を実施する場合には、その金融機関・時間帯に限りご利用いただけなくなります。
これらインターネットバンキングサービスの営業スケジュールにつきましては、お手数ですが各金融機関のホームページ(下記各リンク先)等にてご確認くださいますようお願いいたします。

  • ※大型連休期間は各金融機関の通常振込処理が休止するほか、一部インターネットバンキングサービスも一時休止を実施する見込みであるため、「マイページ」または各取引口座(『外貨ネクストネオ(FX)』・『外貨ネクストバイナリー(BO)』)へのご入金に通常よりもお時間を要する場合がございます。こうした状況下での不意の相場変動に伴う「ロスカット・ルール」適用の回避をご希望のお客様は、前もって追加ご入金等により口座内のご資金に余裕をお持ちになったうえで、連休期間をお迎えいただくことをおすすめいたします。
  • ※「クイック入金サービス」ご利用の場合、提携金融機関でのお振込手続きを完了するには、必ず振込完了後に振込先の当社口座(『外貨ネクストネオ』(マイページ))取引画面へと戻っていただく必要がございます。戻られなかった場合は、即時に当該当社口座にお振込金額が反映されない場合がございます。
  • ※万が一、「クイック入金サービス」の処理中にエラーが発生し、入金金額が『外貨ネクストネオ』(マイページ)残高に即時に反映されなかった場合は、お客様からのご入金を当社にて確認できてからの入金処理となります。なお、一部金融機関においては、5月7日(火)午前9時以降に対応をさせていただく場合があり、入金までにお時間を頂く場合がございますので予めご了承ください。

PAGETOP

各金融機関の休業に伴う大型連休期間の出金スケジュールの変更について

4月27日(土)から5月6日(月)にかけての10日間は、国内各金融機関の休業日です。これに伴い、「マイページ」または各取引口座(『外貨ネクストネオ(FX)』・『外貨ネクストバイナリー(BO)』)において4月26日(金)に送金手続きが完了し、かつお客様の「出金先預金口座」への着金が完了する出金依頼の最終期限は、それぞれ次の通りとなります。

大型連休前に送金手続きが完了する『外貨ネクストネオ』出金依頼の最終期限(金融機関にかかわらず全会員様共通)

  • 200万円以下の出金依頼(「当日出金サービス」適用対象)
    → 2019年4月26日(金)午前中まで(同日午後に送金手続きをいたします)
  • 200万円を上回る額の出金依頼(「当日出金サービス」適用対象外)
    → 2019年4月25日(木)午前中まで(4月26日(金)午後に送金手続きをいたします)

以上の各期日よりも後に出された出金依頼につきましては、大型連休明け最初の金融機関営業日である2019年5月7日(火)以降の送金手続きとなります。大型連休前(4月26日(金)まで)の着金をご希望のお客様は、大変恐れ入りますが必ず上記各期日までに出金依頼をお出しいただくようお願いいたします

5月7日(火)は提携銀行の各種業務が集中するため、お客様の口座への着金が遅延する場合がございますので、あらかじめご留意のほどお願いいたします。

各営業日における具体的な出金予定日は、こちらのページをご参照願います。

※以上の各期限までのご依頼に基づき、当社にて大型連休前(4月26日(金)まで)に送金手続きを実施した場合であっても、お客様の「出金先預金口座」のお届け内容に不備があった場合には大型連休前(4月26日(金)まで)に着金しない場合がございますので、あらかじめご留意のほどお願いいたします。

PAGETOP

大型連休期間の当社発送物スケジュールについて

業務委託先の休業に伴い、大型連休前(4月26日(金)まで)に発送処理を行なうお客様宛ての送付物は、下記の日時までに確定した分となります。

  • 『外貨ネクストネオ』口座開設準備の完了後に発送する簡易書留郵便
    → 4月26日(金)までの口座開設審査完了分

4月27日(土)以降の送付物につきましては、当社発送業務の再開日である5月2日(木)および5月7日以降の発送処理となります。

※上記の日時は、お客様のお手元へ大型連休前にお届けすることを保証する期限ではございません。配送業者の都合または交通・天候等の事情により、大型連休前にお届けできない場合がございますので、あらかじめご承知おき願います。

大型連休期間の口座開設について

『外貨ネクストネオ(FX)』の新規口座開設をお申込いただけますが、口座開設完了までお時間をいただきますのでご了承ください。

【『外貨ネクストネオバイナリー(BO)』口座の開設をご検討のお客様へ】

  • 『外貨ネクストネオ(FX)』の口座をお持ちの方
    → 大型連休中も『外貨ネクストネオバイナリー(BO)』の口座を開設することができます。
  • 『外貨ネクストネオ(FX)』の口座をお持ちでない方
    → 外貨ネクストネオ(FX)口座開設後にお申込みください。(詳細はこちら)

大型連休期間中のリスクレポート

2001年から18年までのゴールデンウィーク期間中の為替相場を調べたところ、概ね小幅な値動きとなるケースがほとんどだった。

ただ、2009年に限ってはクロス円の下落が目立っていた。
中でも南アフリカランド、トルコリラ、メキシコペソなどの下落が顕著であり、新興国通貨においては、流動性が低下する事で値動きが激しくなりやすいという面もあるのだろう。

大型連休期間中のリスクレポート

今年のゴールデンウィークは周知のとおり10連休という異例の長期間となる。
例年なら相場変動の少ない連休中も、これだけの長さになるとなにが起きるかわからない。
2009年のようなケースもないとは言い切れないだろう。

今回の連休中も、土日を除く6日間については、FX取引が通常通りに行われる。
また、5月1日(水)の米連邦公開市場委員会(FOMC)や3日の米4月雇用統計など重要イベントも多い。
雇用統計明けの6日(月)早朝は、最も取引が薄い時間帯となるだけに、チャート上に「マド」を空けてギャップオープンする事も考えられる。
いずれにしても、日本の大型連休中に市場流動性が低下することは避けられない。
万が一の相場急変に対する備えを怠るべきではないだろう。

本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された 意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、株式会社外為どっとコム総合研究所ならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。
Copyright©2019Gaitame.com Research Institute Ltd. All Rights Reserved. www.gaitamesk.com

以上の決定につき、お客様には誠にご不便をおかけいたしますが、なにとぞご理解ご了承を賜りますようお願い申し上げます。

大型連休期間の各種レポート・動画配信スケジュール