ダウ理論とは?チャートを用いた相場分析方法をわかりやすく解説

ダウ理論とは?

ダウ理論は、米国の証券アナリストであったチャールズ・ダウ氏が提唱したチャート分析理論です。元は株式市場の分析のために導き出された理論ですが、FXでも通用するものとして多くのトレーダーに活用されています。

ダウ理論の6つの法則

ダウ理論は次の6つの法則から構成されます。

法則@:価格はすべての事象を織り込む

経済指標や金融政策といったファンダメンタルズ要因、戦争やテロ、災害なども含めて、全の事象はチャート上の値動きに反映されているという意味です。

相場の値動きはこれらの事象を受けて形成される需給バランスによって日々変動しており、逆に言えばすべての情報が織り込まれた結果が現在のチャートであると考えることができます。

「チャートがすべてである」とも言えるこの考え方は、FXにおいてチャート分析を重要視することの根拠となります。

法則A:トレンドは3種類ある

ダウ理論では、相場には次の3種類のトレンドがあるとされます。

  • ・1年から数年間継続する「長期トレンド」
  • ・3週間から3ヶ月間継続する「中期トレンド」
  • ・3週間未満の「短期トレンド」

法則B:トレンドは3段階ある

ダウ理論ではさらに、トレンドには次の3つの段階があると考えます。

  • ・第一段階「先行期」
    一部の先行投資家が底値で買ったり、天井から売ったりして価格に緩やかな動きが出る時期。
  • ・第二段階「追随期」
    先行期の動きに市場全体が追随して急激な価格変動が起きる時期。
  • ・第三段階「利食期」
    先行期にエントリーしていた投資家が利益確定を行う時期。

法則C:平均は相互に確認される

より高い精度でトレンドをとらえるためには、複数の銘柄で同じトレンドを確認するべきということです。株式市場の分析でより重要となる考え方ですが、FXに当てはめるならば、相関関係のある通貨ペアや指標を確認するのが重要ということになるでしょう。

法則D:トレンドは出来高でも確認できる

出来高とは、一定期間中に成立した売買数量のことです。一般的に株式投資では出来高を確認することができ、市場の活性度合いや銘柄ごとの人気度を判断する指標となります。

しかしFXでは、市場全体の出来高を正確に確認することは難しく、この法則はあまり当てはまらないと言われています。

法則E:トレンドは明確な転換サインが出るまで続く

トレンドは明確な転換サインが出るまで続く

ダウ理論では、発生したトレンドは明確なトレンド転換サインが出るまで継続すると考えます。ダウ理論でトレンドと見なされるのは、上昇トレンドならば安値は更新せずに高値を更新していく場合、下降トレンドならば高値は更新せずに安値を更新していく場合です。

このような状況が続けば、明確なトレンドが発生していると見なすことができます。そして上昇トレンドで高値を更新せずに安値を更新した場合や、下降トレンドで安値を更新せずに高値を更新した場合は、トレンドの転換サインと見なされます。

ダウ理論を使ったチャート分析方法

トレンドは明確な転換サインが出るまで続く

ダウ理論の6番目の「トレンドは明確な転換サインが出るまで継続する」という法則を踏まえ、トレンド転換サインの読み取り方を押さえておくと、トレンド相場でエントリーポイントを見極める際に活用できます。

まず価格が上昇している場面では、安値は更新せずに直近の高値を更新していれば上昇トレンドが発生していると判断でき、直近の高値を更新したタイミングが買いのエントリーポイントとなります。

その後、直近の高値を更新せずに安値を更新した場合、トレンド転換サインとなり、上昇トレンドは終了と判断できます。この時点で売りを入れることもできますが、その後一旦安値をつけた後の戻り高値のタイミングをエントリーポイントとすることもできます。

実際のチャートでエントリーポイントの例を示すと、次のようになります。
こちらは、豪ドル/円日足になります。

トレンドは明確な転換サインが出るまで続く

ダウ理論はFXの相場で常に通用するわけではありませんが、考え方を押さえておくとトレンド相場での取引において大いに参考になるので、ぜひ覚えておくとよいでしょう。