2022-08-18から1日間の記事一覧

ドル・円は底堅い値動きか、根強い米引き締め期待でドル買い継続

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は底堅い値動きか、根強い米引き締め期待でドル買い継続」 18日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想したい。世界経済の先行き不透明感から、リスク回避的な円買いが先行。ただ、米連邦準備制度理事会…

東京市況ほか|ドル・円はしっかり。

東京市況 東京市場概況 ドル・円はしっかり。高値警戒感からドル売りが先行し、午前中に134円74銭まで下げる場面もあった。ただ、その後は米金利先高観でドル買いが強まり、135円43銭まで上昇した。 ユーロ・円は137円69銭から137円16銭まで下落した。 ユー…

FX/為替「135.50円前後の売りが目立つが、注文の全体的なボリュームは少ない」今日の注文情報 ドル/円 2022/8/18 16:00

ポイント 135.45-50円の小規模な売り指値を除けば注文はきわめて薄い。 本日のドル/円相場は、一時134.70円台へと弱含む場面もあったもののその後は135.40円台へと上昇する展開。 前日に注目経済指標をこなしたことから、次の材料が出るまで様子見姿勢を強め…

FX/為替予想「メキシコ中銀 大幅追加利上げへの期待薄れる ペソ/円はレンジ色の濃い相場展開へ」2022/8/18 知っトク!メキシコペソ

執筆:外為どっとコム総合研究所 神田 卓也 メキシコペソ/円は17日に6.766円前後まで上昇。今月2日に付けた5月以来の安値6.369円前後から持ち直している。ただ、ここから上には7月高値の6.797円前後や6月に付けた約6年ぶり高値の6.868円前後と強力な上値抵抗…

FX/為替予想「ドル上昇の流れ継続?一服?オセアニア通貨の動きに注目」2022/8/18(木)YEN蔵

0:00 FOMC議事要旨 ドル上昇一服 2:09 ドル/円15分足 134.75-80円を維持できるか 2:34 ドル/円60分足 135.50-60円を上抜けられるか重要なところ 4:12 ユーロ/ドル30分足 下げ渋りであまり動かず 4:39 ポンド/ドル30分足 BOE大幅利上げ継続期待で一瞬上昇 5:1…

ドル・円は主に135円を挟んだ水準で推移か、米長期金利上昇でドル売り拡大の可能性低い

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に135円を挟んだ水準で推移か、米長期金利上昇でドル売り拡大の可能性低い」 17日のドル・円は、東京市場では133円91銭から134円85銭まで反発。欧米市場では134円65銭まで下げた後、135円50銭まで上昇し、135円0…

前日の海外市況ほか|ドル・円:自動車を除いた7月米小売売上高が予想を上回ったこと、米長期金利の上昇を受けて134円65銭から135円50銭まで円安・ドル高推移。

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:自動車を除いた7月米小売売上高が予想を上回ったこと、米長期金利の上昇を受けて134円65銭から135円50銭まで円安・ドル高推移。 ユーロ・ドル:1.0146ドルまでドル高・ユーロ安で推移後、1.0203ドルまで反発。 ユーロ…

※追加【豪ドル/円】:上値トライの可能性を残した状態。93円割れで短期トレンドに変化。

【豪ドル/円】:上値トライの可能性を残した状態。93円割れで短期トレンドに変化。 豪ドル/円は小陰線で終え続伸に繋げられずに終えています。下げエネルギーの強いものではなく、下値抵抗も守っていますが、93.40以下で終えた場合は日足の形状が悪化して下…

【ドル/円】:上値余地を探る動き。強い上値抵抗にも注意。

2022年8月18日 【ドル/円】:上値余地を探る動き。強い上値抵抗にも注意。 ドル/円は続伸。135.00~135.20ゾーンの抵抗を終値ベースでは上抜けていませんが、135.50超えで終えれば上値余地がさらに1円から1円50銭程度拡がり易くなります。逆に133.50以下で終…

FX/為替「FOMC議事録はいくぶんハト派的 関心はジャクソンホールへ」 外為トゥデイ 2022年8月18日号

昨日のドル/円は1週間ぶりに135円台を回復。英7月消費者物価指数(CPI)の上振れを受けて世界的なインフレ圧力の強さが改めて意識され、米長期金利が上昇すると135.50円前後まで上伸した。ただ、NY午後に発表された米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録が想定…

FX/為替予想「注目の豪7月雇用統計!好結果なら豪中銀の大幅利上げの可能性が高まる」短期トレード 即効チャージ!豪ドル 2022/8/18

本日は豪7月雇用統計が発表される。雇用者数変化の市場予想は+2.5万人、失業率は3.5%となっている。失業率は1978年に月次の統計を開始して以来、最低(一番良い状態)水準にある。更なる失業率の低下や予想を上回る雇用者数の増加が見られれば、9月6日のRBA…

top