2022-08-15から1日間の記事一覧

ドル・円は底堅い値動きか、米FRB当局者のタカ派姿勢継続で

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は底堅い値動きか、米FRB当局者のタカ派姿勢継続で」 15日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想する。今晩発表のNY連銀製造業景気指数は前回を下回る見通しで、減速懸念が広がりやすい。ただ、連邦準備…

東京市況ほか|ドル・円は下げ渋り。

東京市況 東京市場概況 ドル・円は下げ渋り。133円60銭まで買われた後、一時132円92銭まで下げたが、133円台半ば近辺まで値を戻した。 ユーロ・円は137円07銭から136円34銭まで値を下げた。 ユーロ・ドルは1.0268ドルから1.0232ドルまで値を下げた。 本日の…

FX/為替「ドル/円は132~135円のレンジ?ドル/円相場と今後の注目点を語る!」2022/8/15

0:00 オープニング 0:24 ドル/円下落の背景 2:24 米10年債利回りの動きに注目したい 3:36 ドル/円相場の方向性を見極めたい 4:27 ドル/円132~135円のレンジ 5:41 今週はFOMC議事録に注目

“暫くはレンジか?” 

ドル・円相場は7月14日に139.39の高値を付けた後じわじわと値を下げ、7月22日に21日移動平均線(青い線)を下切ってからは本邦生保筋からと思われる売りに押されて8月2日には安値130.38まで凡そ9円も下げる大相場となったが、90日移動平均線(緑の線)にサポ…

FX/為替 わずか2万円でスタートしたさとり氏「大きな値動きのある通貨の『トキメキ』がたまらない」トップトレーダーに聞く!

大学生時代のアルバイトからそのまま起業、サービス会社を経営して20年目の兼業トレーダーであるさとり氏。FXはわずか2万円の資金でスタートしたそうです。この10年間、どのような取引を行い、成長してきたのでしょうか。兼業トレーダーの投資スタイル。本業…

FX/為替「本日安値(132.91円前後)付近 売りストップ」今日の注文情報 ドル/円 2022/8/15 16:00

ポイント 全体的に注文は少ないが132.85円に小規模な売りストップ注文が確認できる。 本日のドル/円相場は、一時132.91円前後まで下落したものの、その後は133円台前半でもみ合う展開。 方向感のない相場展開の中ではあるが、一部には下値警戒感がくすぶって…

FX/為替予想「トルコ格下げ!高インフレによる経常赤字拡大を懸念」トルコリラの焦点

執筆:外為どっとコム総合研究所 神田 卓也 米大手格付け会社ムーディーズは12日の取引終了後に、トルコの長期外貨建て債の格付けを「B2」から「B3」へと1段階引き下げた。ムーディーズは格下げの理由について「外貨準備がさらに減少するリスクの下で同国の…

FX/為替予想「英国経済は予想より早くリセッション入り!?ポンド/円は下げやすい」短期トレード 即効チャージ!ポンド 2022/8/15

止まらないインフレの上昇を背景に、遂に8月4日にBOEはこれまで4会合連続で0.25%だった利上げ幅を0.50%に拡大した。英国のインフレ率は前年比+9.4%と主要国では一番高い。一方で、8月12日に発表された4-6月期英GDP(前期比)と6月英月次GDP(前月比)は共に…

FX/為替予想「ドル/円は夏休みの中での特殊フローに注意、主要イベントはFOMC議事録に注目」8月15日(月)酒匂隆雄

目次 0:00 オープニング 0:24 8月前半のドル円相場は「往って来い」だった 2:13 米国のインフレはピークアウトの兆し、経済指標は悲喜こもごも 4:39 ドル/円は方向感がない→FRBのスタンス不透明なうえ、夏休みで市場参加者減少 5:24 「8月の円高」は米債の利…

FX/為替「円ネットショート大幅減少」【今週のIMMポジション】2022/8/15

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。

ドル・円は主に133円台で推移か、リスク回避のドル売りがただちに拡大する可能性低い

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に133円台で推移か、リスク回避のドル売りがただちに拡大する可能性低い」 12日のドル・円は、東京市場では132円89銭から133円49銭まで反発。欧米市場では133円17銭まで下げた後、133円89銭まで反発し、133円50…

前日の海外市況ほか|ドル・円:米8月ミシガン大学消費者信頼感指数や長期インフレ率速報値が上昇し、133円17銭から133円89銭まで円安・ドル高推移。

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:米8月ミシガン大学消費者信頼感指数や長期インフレ率速報値が上昇し、133円17銭から133円89銭まで円安・ドル高推移。 ユーロ・ドル:欧米金利差拡大観測に伴うユーロ売りによって、1.0308ドルから1.0238ドルまでドル…

FX週間テクニカル分析 2022/08/15〜08/19の見通し 米小売売上高、住宅着工が注目。強い数字の場合は利上げ加速の催促相場でドル円は反発か。豪ドル円は18日の豪雇用統計に注目

▼USD/JPY 先週は弱い経済指標を背景にドル円は下落。ただ米小売売上高、住宅着工が強い数字であればドル円は反発か。予想レンジは126.190〜140.790▼EUR/USD 先週は短期移動平均線に上値を抑えられる動き。今週は下落を予想。予想レンジは0.9909〜1.0603▼EUR/…

※追加【豪ドル/円】:上値トライの動きが継続中。強い上値抵抗にも注意。

【豪ドル/円】:上値トライの動きが継続中。強い上値抵抗にも注意。 豪ドル/円は続伸。日足の形状は強い状態を保っていますが、95.60-70の抵抗を実体ベースで上抜けて終えるまでは反落への警戒も必要です。買いは1日様子見か94.10-20の押し目待ちとします。…

【ドル/円】:上値余地を探る動き。上下の抵抗を抜けきれない可能性。

2022年8月15日 【ドル/円】:上値余地を探る動き。上下の抵抗を抜けきれない可能性。 ドル/円は小陽線で終え小幅続伸となりました。上昇エネルギーの強いものではないので、大幅続伸に繋がり難いと見ますが、前日の小陽線が下値トライに失敗しており132.00以…

ドル/円:上値余地が限られる可能性。137.50超えで終えれば下値リスクがやや後退。130.80以下で終えた場合は新たな下落リスクが点灯、130円割れで終えた場合は127~128円トライへ。

ドル/円:上値余地が限られる可能性。137.50超えで終えれば下値リスクがやや後退。130.80以下で終えた場合は新たな下落リスクが点灯、130円割れで終えた場合は127~128円トライへ。 日足は2手連続陽線引けとなり、反発余地を探る動きに繋げているが、135.00-…

FX/為替「ドル/円13週線割れ 3月の上昇開始以来で初」 外為トゥデイ 2022年8月15日号

12日のドル/円は終値ベースで約0.4%上昇。週末を控えた持ち高調整と見られるドル買いなどで一時133.89円前後まで上昇したものの、米10年債利回りの低下を受けて伸び悩むと133円台半ばで取引を終えた。週間では、米7月消費者物価指数(CPI)と米7月生産者物…

FX/為替予想「豪ドル/円は底堅い。96円台乗せには相応の材料が必要だが…」短期トレード 即効チャージ!豪ドル 2022/8/15

米国のインフレがピークアウトしたとの思惑が強まっていることで、米ドルの独歩高という状況は収まった。一方で、米連邦準備制度理事会(FRB)高官からは、大幅利上げ継続を示唆する発言が続いていることから、利上げ継続への期待が米ドルを支える一因となっ…

オージー/円 独歩高となるか・・・

今週の注目通貨ペアはこれだ! ■ オージー/円 独歩高となるか・・・ 先週は、月曜日に安値を付け、金曜日に高値を付ける展開でした。週間を通じた上下の値幅は2円を下回っていて大きな動きを見せているわけではありませんが、他の対円の通貨ペアと動きを異に…

top