2022-08-11から1日間の記事一覧

ドル・円は底堅い値動きか、今後の経済指標を見極めへ

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は底堅い値動きか、今後の経済指標を見極めへ」 11日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想する。7月米消費者物価指数(CPI)の伸び鈍化を受けたドル売りは一巡し、値ごろ感から買戻しが見込まれる。ま…

東京市況ほか|ドル・円は弱含み。

東京市況 東京市場概況 ドル・円は弱含み。133円31銭まで買われた後、132円43銭まで値を下げる展開。 ユーロ・円は136円60銭から137円09銭まで値を上げた。 ユーロ・ドルは1.0276ドルから1.0332ドルまで値を上げた。 本日の予定 21:30 米・先週分新規失業保…

FX/為替「CPIショックでドル/円は約3円の急落 米インフレのピークアウト観測浮上 データ次第の利上げをめぐりドルの荒い値動き続く公算」 外為トゥデイ 2022年8月11日号(短縮版)

米7月消費者物価指数(CPI)は伸びが鈍化したとはいえ前年比+8.5%と、まだまだ高水準。それでもこれほどドルが急落したのは、26カ月ぶりに前月比の上昇が止まったことで米国のインフレはピークを越えたとの見方が広がったためでしょう。先週の米雇用統計で…

FX「ついに月間1000億ドルを超えた貿易黒字、台湾海峡緊張でもドル元安定」人民元見通し

総括 FX「ついに月間1000億ドルを超えた貿易黒字、台湾海峡緊張でもドル元安定」人民元見通し (通貨7位(7位)、株価10位(11位))予想レンジ 人民元/円 19.3-20.3(ポイント)*ドル元は安定。GDP減速、台湾海峡緊張、貿易黒字拡大でも*従って人民元円は…

ドル・円は主に132円台で推移か、米大幅利上げ観測後退でドル買い拡大の可能性低い

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に132円台で推移か、米大幅利上げ観測後退でドル買い拡大の可能性低い」 10日のドル・円は、東京市場では135円30銭から134円89銭まで反落。欧米市場では135円05銭から132円03銭まで下落し、132円94銭で取引終了…

前日の海外市況ほか|ドル・円:予想を下回った米7月消費者物価指数(CPI)を受けて米大幅利上げ観測は後退し、135円05銭から132円03銭まで円高・ドル安推移。

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:予想を下回った米7月消費者物価指数(CPI)を受けて米大幅利上げ観測は後退し、135円05銭から132円03銭まで円高・ドル安推移。 ユーロ・ドル:露国営トランスネフチが中欧への原油供給パイプライン再開との報道で、1.…

FX/為替3分早わかり「実践テクニカル分析講座:ボリンジャーバンド編」

この番組は、TEAMハロンズ黒川が本日の注目材料などを3分でわかりやすく解説する番組です。

FX/為替3分早わかり「物価見通し次第!ドル円、大揺れも-米8月ミシガン大学消費者態度指数・速報値」2022年8月11日

この番組は、TEAMハロンズ黒川が本日の注目材料を3分でわかりやすく解説する番組です。

top