2020-07-14から1日間の記事一覧

外為のトリセツ「どこで調べる?FXのファンダメンタルズの情報」

「外為のトリセツ!」は外為どっとコムの膨大な情報とツールの効率的な使い方をご紹介するシリーズ企画です。 今回はFXのファンダメンタルズ分析に欠かせない情報チェックの方法を解説します。 相場を動かすファンダメンタルズとは 相場の行方を見通す重要な…

ドル・円は底堅い値動きか、コロナ感染再拡大で107円台維持を見極め

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は底堅い値動きか、コロナ感染再拡大で107円台維持を見極め」 14日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想する。新型コロナウイルスの感染再拡大で、前週末のリスク選好ムードはさらに後退する見通し。ド…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円はもみ合い。朝方の国内勢によるドル買いで107円37銭まで上昇後は日経平均株価の弱含みを受けた円買いが強まり、107円12銭まで下げる場面もあった。実需系のドル売りもみられたもよう。ただ、その後はユーロ・ドルの失速など…

上値の重さ意識!戻り売り方針 ドル/円 2020/7/14 15:45

指値・ストップ注文のレート水準と数量がわかる「外為注文情報」から今後のポイントを探ります。

【ユーロ円】独ZEW、景気回復期待を維持できるか

いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ! その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。 7月14日(火)ユーロ/円 基調 方向感模索 目先の注目材料 ・7/14 独7月ZEW景況感指数 ・主要国株価、国際商品価格 独ZEW、景気回復期待を維持できるか…

金利差と投資フローから読み解く香港ドル切り上げの可能性「日本人の知らない香港情勢」戸田裕大

こんにちは、戸田です。 香港シリーズ、第6回目は「金利差と投資フローから読み解く香港ドル切り上げの可能性 」でお届けいたします。現在の金利差や経済状況を改めて整理し、今後の香港ドルの想定シナリオを作成してまいります。 投資やビジネスのご参考に…

「ドル/円、下値は堅いが上値は重い」 外為トゥデイ 2020年7月14日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

ドル・円は107円台で推移か、米国などにおけるウイルス感染増加や株安を警戒して円売り抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は107円台で推移か、米国などにおけるウイルス感染増加や株安を警戒して円売り抑制も」 13日のドル・円は、東京市場では106円79銭から106円99銭まで反発。欧米市場でドルは106円99銭から107円32銭まで反発し、107円2…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:ウイルスワクチン開発への期待で、106円99銭から107円32銭まで円安・ドル高推移後、カリフォルニア州の経済活動の一時停止を懸念してドルは伸び悩む。 ユーロ・ドル:独6月卸売物価指数の改善を受けたユーロ買いに1.1…

※追加【ポンド/円】:上値抵抗を抜けきれない状態。133.50割れで短期トレンドに変化。

【ポンド/円】:上値抵抗を抜けきれない状態。133.50割れで短期トレンドに変化。 ポンド/円は小幅続落となりました。下げ余力の強いものではありませんが、上値を若干切り下げているので買いも引き付ける必要があります。買いは134.20-30で押し目買い。損切…

【ドル/円】:上下の抵抗を抜けきれない可能性。

2020年7月14日 【ドル/円】:上下の抵抗を抜けきれない可能性。 ドル/円は小反発。短期トレンドに変化が認められず、また、上昇余力に欠けるものであることから、上値追いにも限りがあると見ますが、下値も、106円台の下値抵抗を攻めきれておらず、106円割れ…

ブラックスワンへの警戒強まる、ドル売りするなら対豪ドルが狙い目 2020/7/14(火)雨夜恒一郎

月曜から金曜までの毎朝、外為市場に長年携わってきた5人のコメンテータが、その日の相場見通しや今後のマーケット展望を解説します。【外為マーケットビュー】

16年のクーデター未遂より4年、需給の弱さ残る、株は上昇

総括 16年のクーデター未遂より4年、需給の弱さ残る、株は上昇 (通貨10位、株価3位) 予想レンジ トルコリラ/円 15.0-16.0 (ポイント) *16年のクーデター未遂から7月15日で4年となる *その間、リラは暴落し、株価は上昇した *為替需給は悪化している *…

top