G.COMデイリーレポート

G.COMデイリーレポート

外為どっとコムのスタッフが今最もホットな通貨ペアを日々ピックアップし、その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。弊社お取り扱いの全通貨ペアを対象に、各国の経済・金利動向や金融政策、株価、商品相場動向など、あらゆる視点からその日一番注目の通貨ペアをご紹介します。
ニュースや他のレポートでは伝えきれない、貴重な情報をご提供いたします。
※祝祭日除く。

7月25日(水) ユーロ/米ドル

【通貨ペア】
ユーロ/米ドル

【今日のトピック】
米欧首脳会談(通商協議)は期待できそうにない

【基調】
弱含み

【目先の注目材料】
・7/25 米欧首脳会談
・7/25 独7月Ifo企業景況感指数、米6月新築住宅販売件数
・主要国株価、国際商品価格

【本文】
本日は、欧州連合(EU)のユンケル欧州委員長とトランプ米大統領が、ワシントンで首脳会談を行う。米欧間の貿易摩擦緩和に向けた協議が進展するか、市場の注目を集めている。ただ、結論から言えばその可能性は低いと言わざるを得ないだろう。

ユンケル委員長は、米国の主要貿易相手国の間で自動車関税を引き下げる可能性を探る事を提案する方針とされるが、「EUは貿易上の敵」とまで言い放ったトランプ米大統領が満足する提案になるとは到底思えない。また、EU諸国の足並みが揃っていない現状では、それ以上の踏み込んだ提案ができる公算は小さい。なお、フランスのルメール経済・財務相は「欧州各国が世界貿易問題の各側面の見直しを議論する前に、米国は『理性を取り戻して』鉄鋼・アルミニウム輸入関税を撤回すべきだ」と述べている。

為替への影響については、仮に協議が上手く運ばないとすれば、ユーロの重しとなる公算が大きい。貿易戦争はドル高に繋がるとの見方が浸透し始めている事もあってユーロ安・ドル高に振れる事になりそうだ。会談後の両首脳の発言が注目されるところだが、トランプ米大統領についてはツイッターでのつぶやきにも要注意であろう。


最新のレポートを見る

バックナンバー(2018年7月)


●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

FXブログ