G.COMデイリーレポート

G.COMデイリーレポート

外為どっとコムのスタッフが今最もホットな通貨ペアを日々ピックアップし、その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。弊社お取り扱いの全通貨ペアを対象に、各国の経済・金利動向や金融政策、株価、商品相場動向など、あらゆる視点からその日一番注目の通貨ペアをご紹介します。
ニュースや他のレポートでは伝えきれない、貴重な情報をご提供いたします。
※祝祭日除く。

7月23日(月) トルコリラ/円

【通貨ペア】
トルコリラ/円

【今日のトピック】
本当に利上げできるのか

【基調】
波乱含み

【目先の注目材料】
・7/24 トルコ中銀政策金利発表
・主要国株価、国際商品価格

【本文】
明日24日には、トルコ中銀が政策金利を発表する。6月の大統領選後はじめての金融政策委員会となるが、足元でインフレが加速している事などから、政策金利(1週間レポレート)は17.75%から18.75%に引上げられるとの予想が優勢となっている。ただ、大統領選を経て自らの権限を強化したエルドアン大統領は生粋の利下げ論者であり、つい先日も「金利低下を信じている」と発言した事が話題となった。市場における予想としては利上げがやや優位だが、強権的な大統領に逆らえず中銀は金利を据え置くとの見方も少なくない。1%の利上げでもインフレの上昇やリラの下落を止めるには不十分との見方が強い中、仮に据置きとなればリラの下落は免れないだろう。市場から「大統領におもねって利上げできなかった」と評価されれば、中銀の信認は地に落ちる事になる。可能性は極めて低いと見られるが、万が一大統領の要求に沿って利下げを発表した場合は、リラの下落に歯止めがかからなくなる恐れもある。明日のトルコ中銀の発表に向けては、予断を持たずに臨むべきだろう。


最新のレポートを見る

バックナンバー(2018年7月)


●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

全通貨ペア業界最狭水準スプレッド

上限なしキャッシュバックキャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

FXブログ

口座開設