G.COMデイリーレポート

G.COMデイリーレポート

外為どっとコムのスタッフが今最もホットな通貨ペアを日々ピックアップし、その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。弊社お取り扱いの全通貨ペアを対象に、各国の経済・金利動向や金融政策、株価、商品相場動向など、あらゆる視点からその日一番注目の通貨ペアをご紹介します。
ニュースや他のレポートでは伝えきれない、貴重な情報をご提供いたします。
※祝祭日除く。

7月13日(金) トルコリラ/円

【通貨ペア】
トルコリラ/円

【今日のトピック】
フィッチの格付け判断を警戒

【基調】
下値不安

【目先の注目材料】
・7/13 フィッチがトルコの格付け判断を発表
・主要国株価、国際商品価格

【本文】
6月24日の大統領選後に一時値を戻していたトルコリラ相場は、今週9日の大統領就任式を経て再び軟化している。エルドアン大統領が11日終盤に「金利低下を信じている」などと発言した事が中銀への利下げ圧力と受け止められ、翌12日にかけてリラが売り込まれた。なお、トルコリラ/円は、この日22.50円台を一時割り込み、5月に付けた22.20円台の史上最安値に迫った。

そうした中、本日は大手格付け会社フィッチ・レーティングスがトルコの格付けについて判断を明らかにする予定であり、その内容が注目されている。なお、フィッチによるトルコのソブリン格付けは、目下投資不適格(ジャンク)級の「BBプラス」で、格付け見通しは「安定的」となっている。

フィッチは6月に「トルコは金融政策でインフレを目標近辺に誘導できておらず、それがより長期的な弱さだ」と指摘したが、7月に入り発表されたトルコの6月インフレ率は中銀の目標上限である7%を遥かに超える15%台に加速した。もし、フィッチによる格付け見通しの引き下げなどが行われれば、トルコリラに一段の下落圧力がかかる可能性がある。場合によっては、日本が祝日となる来週月曜日のオープンレートに影響が出る可能性もあるため注意しておきたい。


最新のレポートを見る

バックナンバー(2018年7月)


●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

FXブログ