G.COMデイリーレポート

G.COMデイリーレポート

外為どっとコムのスタッフが今最もホットな通貨ペアを日々ピックアップし、その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。弊社お取り扱いの全通貨ペアを対象に、各国の経済・金利動向や金融政策、株価、商品相場動向など、あらゆる視点からその日一番注目の通貨ペアをご紹介します。
ニュースや他のレポートでは伝えきれない、貴重な情報をご提供いたします。
※祝祭日除く。

6月4日(月) 豪ドル/円

【通貨ペア】
豪ドル/円

【今日のトピック】
明日はRBA理事会

【基調】
底堅い

【目先の注目材料】
・6/5 RBA政策金利発表
・米長期金利、主要国株価

【本文】
豪中銀(RBA)は5月1日の理事会で政策金利を1.50%に据え置いた。声明では「失業率とインフレの改善は緩やかになる見通し」「インフレ率は当面の間、低水準での推移が見込まれる」「成長率は2018年と2019年は3%を少し上回ると予測」などと、前回までの見通しをほぼ踏襲した。また、「通貨高は経済成長の回復を鈍化させる」「豪ドルはこの何年かのレンジの中で推移」として豪ドル相場に対する見方も変えなかった。
明日の6月理事会でも政策変更は見込まれず、スタンスに変化が見られる公算も小さいだろう。豪ドル相場についても前回と概ね同じ水準につき評価が変わることはなさそうだ。そうなると、明日のRBA理事会は無風で通過する可能性もある。今夜から明日にかけての豪ドル/円の動きは、外部要因次第という事になりそうで、主要国の株式市場や国際資源価格の動向を睨んだ展開となろう。ただ、ここ数カ月にわたり上値抵抗となっている84円台を上抜けるには、外部環境だけでは苦しく、RBA理事会でのポジティブサプライズが必要かもしれない。


最新のレポートを見る

バックナンバー(2018年6月)


●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

FXブログ