G.COMデイリーレポート

G.COMデイリーレポート

外為どっとコムのスタッフが今最もホットな通貨ペアを日々ピックアップし、その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。弊社お取り扱いの全通貨ペアを対象に、各国の経済・金利動向や金融政策、株価、商品相場動向など、あらゆる視点からその日一番注目の通貨ペアをご紹介します。
ニュースや他のレポートでは伝えきれない、貴重な情報をご提供いたします。
※祝祭日除く。

5月18日(金) メキシコ/円

【通貨ペア】
メキシコ/円

【今日のトピック】
買い材料乏しい

【基調】
戻り限定

【目先の注目材料】
・ドル/ペソ相場
・国際商品価格、主要国株価


【本文】
メキシコペソ相場が低迷している。米長期金利の上昇を背景にドルが強いため、新興国通貨が全般的に弱含んでいる事や、北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉が会期の17日までに纏まらなかった事に加え、7月の大統領選をめぐる懸念が根強い事がペソの上値を抑えている。昨日は、メキシコ中銀が政策金利を7.50%に据え置いた(通貨防衛に動かなかった)事でペソが売られる場面もあった。

テクニカル分析の観点からは、20日移動平均(執筆時5.694円)や100日移動平均(同5.779円)からの下方乖離が広がっているため、自律的な戻りがあってもおかしくないタイミングではある。ただ、メキシコペソを取り巻く環境を考慮すると積極的なペソ買いが入る公算は小さく、上値追いは避けたいところだろう。


最新のレポートを見る

バックナンバー(2018年5月)


●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

全通貨ペア業界最狭水準スプレッド

外為フェスタキャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

FXブログ

口座開設