G.COMデイリーレポート

G.COMデイリーレポート

外為どっとコムのスタッフが今最もホットな通貨ペアを日々ピックアップし、その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。弊社お取り扱いの全通貨ペアを対象に、各国の経済・金利動向や金融政策、株価、商品相場動向など、あらゆる視点からその日一番注目の通貨ペアをご紹介します。
ニュースや他のレポートでは伝えきれない、貴重な情報をご提供いたします。
※祝祭日除く。

2月8日(木) ポンド/米ドル

【通貨ペア】
ポンド/米ドル

【今日のトピック】
BOEのインフレ見通しは?

【基調】
弱含み

【目先の注目材料】
・2/8 BOE政策金利発表、BOE議事録、BOE四半期インフレレポート
・国際商品価格、主要国株価

【本文】
本日は、英中銀(BOE)が金融政策委員会(MPC)を開き終了後に議事録を公表する。また、今回は四半期インフレレポートも同時に発表する。同レポートで示されるインフレ見通しが次回利上げに対する市場の思惑を揺さぶる事になりそうだ。市場は、5月MPCでの利上げを5割前後の確率で見込んでいる。いわば、5月利上げは「五分五分」との見方であり、その見方はきっかけ次第でどちらにも傾きやすいという状況にある。

前回のインフレレポートは昨年11月に発表されたもので、インフレ見通しは2018年が2.4%、19年が2.2%、20年は2.1%と、今後数年間はBOEのインフレターゲット(2.0%)を上回り続ける見込みとした。その上で、カーニー総裁は「非常に緩やかなペースでの利上げが今後も必要」との見解を示した。

最新の英12月消費者物価指数は前年比+3.0%と高止まりが続いているが、前回から0.1ポイント鈍化した。足元で対ドルを中心にポンドが上昇している事も考慮すれば、BOEがインフレ見通しを引上げる公算は小さいのではないだろうか。インフレレポートがハト派的と受け取られ、利上げが6月以降にずれ込むとの見方が広がれば、ポンド安圧力が高まりそうだ。ポンド/ドルはドル買戻しの流れと相まって、比較的大きく下げる可能性もある。


最新のレポートを見る

バックナンバー(2018年2月)


●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

全通貨ペア業界最狭水準スプレッド

お客さま超感謝祭キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

FXブログ

取引ツールNo.1を目指して。FXは外為どっとコム