G.COMデイリーレポート

G.COMデイリーレポート

外為どっとコムのスタッフが今最もホットな通貨ペアを日々ピックアップし、その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。弊社お取り扱いの全通貨ペアを対象に、各国の経済・金利動向や金融政策、株価、商品相場動向など、あらゆる視点からその日一番注目の通貨ペアをご紹介します。
ニュースや他のレポートでは伝えきれない、貴重な情報をご提供いたします。
※祝祭日除く。

2月6日(火) NZドル/円

【通貨ペア】
NZドル/円

【今日のトピック】
株価とNZイベント両睨み

【基調】
波乱含み

【目先の注目材料】
・2/6 フォンテラ社乳製品電子入札、NZ10-12月期雇用統計
・2/7 RBNZ政策金利発表
・国際商品価格、主要国株価

【本文】
本日は、米株安に端を発したアジア株全面安の流れの中で円が最も上昇しているが、主要通貨の中で円に次いで上昇しているのがNZドルだ。NZドルは、対ドルをはじめ、対ユーロや対ポンド、さらには対豪ドルでも上昇している。足元の株安・資源安の流れを見る限りNZドルを積極的に買う理由は見当たらない。ただ、NZドルは投機筋の保有ポジションに傾きが見られず(前週のシカゴIMMポジション)、買い持ちが少なかったと推測されるため、リスク回避のNZドル売りが出にくかったのだろう。

NZでは、今夜にフォンテラ社乳製品入札とNZ10-12月雇用統計の発表が予定されており、明日にはNZ中銀(RBNZ)の政策金利発表を控えている。NZドル/円相場は、今夜から明日にかけての世界の株価動向と、NZの重要イベントの両睨みで大きく値が振れる公算が大きい。週足の一目均衡表の雲(執筆時78.287〜80.648円)をどちらに抜けるかが、今後の方向性のカギとなりそうだ。


最新のレポートを見る

バックナンバー(2018年2月)


●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

全通貨ペア業界最狭水準スプレッド

お客さま超感謝祭キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

FXブログ

取引ツールNo.1を目指して。FXは外為どっとコム