G.COMデイリーレポート

G.COMデイリーレポート

外為どっとコムのスタッフが今最もホットな通貨ペアを日々ピックアップし、その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。弊社お取り扱いの全通貨ペアを対象に、各国の経済・金利動向や金融政策、株価、商品相場動向など、あらゆる視点からその日一番注目の通貨ペアをご紹介します。
ニュースや他のレポートでは伝えきれない、貴重な情報をご提供いたします。
※祝祭日除く。

11月8日(水) NZドル/米ドル

【通貨ペア】
NZドル/米ドル

【今日のトピック】
NZドルは半年ぶり安値圏、RBNZの通貨安誘導は?

【基調】
波乱含み

【目先の注目材料】
・11/8 RBNZ政策金利発表
・国際商品価格、主要国株価

【本文】
本日、NZ中銀(RBNZ)が政策金利を発表する。前回9月の声明で「金融政策は相当の期間、緩和的であり続ける」とした事もあって、政策金利を1.75%に据え置く事が確実視されている。その意味では大きな波乱はなさそうだ。ただ、今回も「一段のNZドル安がインフレ加速や、よりバランスの取れた成長の実現を支援するだろう」との見解を踏襲するかについてはいささか不透明であり、文言の変化の有無は注目に値しよう。

NZで政権交代が確実となった先月19日以降、NZドルは下落基調となっている。新政権がRBNZとの政策目標協定を見直し、物価に加えて雇用も金融政策の目標に据える方針を示した事が最大の要因だ。RBNZの使命に雇用の最大化が加われば、利上げへのハードルが高くなる(インフレ率が上昇しただけでは利上げに動きにくくなる)との見方がNZドル売りを誘っている。NZドルの対ドル相場は先月末に一時約半年ぶりの安値を付ける場面もあった。そうした中でRBNZが通貨安誘導の文言を維持すれば、NZドルに想定以上の下落圧力がかかりかねない。反対に、通貨安誘導のトーンを弱めれば、NZドルを買い戻す動きが活発化する可能性もある。来年3月まで総裁代行を務めるスペンサー副総裁の舵取りが注目される。


最新のレポートを見る

バックナンバー(2017年11月)


●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

FXブログ