G.COMデイリーレポート

G.COMデイリーレポート

9月3日(水) ユーロ/ドル

【今日のトピック】
週末にかけて大型イベント目白押し

【基調】
軟調

【目先の注目材料】
・ユーロ圏、英国経済の減速懸念
・9/3 ユーロ圏小売売上高
・9/4 英国中銀、欧州中銀政策金利発表、ADP全米雇用報告
・9/5 米国雇用統計
・NY原油相場、米国株価

【本文】
ユーロ/ドル相場は軟調な推移が続いている。折からの欧州経済の減速懸念に、NY原油相場の急落が追い打ちをかけた形となっている。昨日にはOECD(経済協力開発機構)が日米欧の経済見通しを改定し、ユーロ圏の2008年の経済成長率を従来の1.7%から1.3%に引き下げた。週末にかけては大型イベントが目白押しで、場合によっては欧州通貨やオセアニア通貨が下落幅をさらに拡大する可能性もあるだけに、厳重な注意が必要だ。特に明日4日の英国中銀政策金利発表では、金利が据え置かれる公算となっているが、利下げの可能性も指摘されており、波乱要因となりやすい。仮に利下げとなった場合は欧州、オセアニア通貨安/ドル高、円高の流れが継続する可能性が強まる。また、4日には欧州中銀も政策金利を発表し、こちらは4%に据え置くことがほぼ確実で、トリシェ総裁が定例会見で、経済やインフレについてどのような見解を示すかが争点となっている。5日の米国雇用統計も外国為替相場全体の流れを左右しうる重要な材料だ。

バックナンバー

●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

FXブログ

最短当日取引可能!

お申込みの際は「本人確認書類・マイナンバー確認書類」をご用意ください。

新規口座開設で
最大103,000  キャッシュバック