G.COMデイリーレポート

G.COMデイリーレポート

外為どっとコムのスタッフが今最もホットな通貨ペアを日々ピックアップし、その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。弊社お取り扱いの全通貨ペアを対象に、各国の経済・金利動向や金融政策、株価、商品相場動向など、あらゆる視点からその日一番注目の通貨ペアをご紹介します。
ニュースや他のレポートでは伝えきれない、貴重な情報をご提供いたします。
※祝祭日除く。

10月16日(月) ユーロ/円

【通貨ペア】
ユーロ/円

【今日のトピック】
サポート下抜けで下落余地

【基調】
下値試し

【目先の注目材料】
・ECBのQE縮小計画への思惑
・主要国株価、国際商品価格

【本文】
ユーロ/円は、131.60円台に弱含んでいる。9月26日以降、三度に渡り下げ止まった131.70-80円台を下抜けており、チャート上の次の節目である130.00円前後まで下落余地が拡大したと考えられる。足元のユーロ売り要因は、欧州中銀(ECB)が検討している量的緩和(QE)の縮小が、当初の見通しよりも「小ぶり」なものに落ち着くとの見方が広がった事にある。一部通信社はECB関係者の話として、今年12月までの予定でECBが実施している1カ月あたり600億ユーロの資産買い入れを、来年1月以降は月250-400億ユーロに減額した上で、9カ月延長する計画にECB当局者は大筋合意していると報じた。

ユーロ/円相場は、これまで半年近くに渡りECBの金融政策正常化への期待を背景に上昇してきただけに、来週26日に行われるECB理事会の決定が上記に沿った内容であれば失望売りが出ても不思議ではないだろう。また、ドラギECB総裁は、先週末13日に「インフレは底を打ったものの、持続的な上昇トレンドとはなっていない」「依然として量的緩和策は必要とされる」などと発言している。26日のECB理事会は「ハト派イベント」となる可能性が高まっているように思われる。


バックナンバー(2017年10月)


●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

スプレッド縮小キャンペーン

トランプ政権の焦点

上限なしキャッシュバックキャンペーン

高金利通貨キャッシュバックキャンペーン

G-1 BATTLE −欧州&高金利通貨チャンピオンシップ−

口座開設キャッシュバックキャンペーン

メキシコペソ/円のポイント

FXブログ