お知らせ

『外貨ネクストネオ』一部機能バージョンアップのお知らせ[21/08/30]

この度当社では『外貨ネクストネオ』にて、お客様からのご要望を参考とした一部機能のバージョンアップを実施いたしましたので、お知らせいたします。

【主なバージョンアップ機能】
・ネオチャートで移動平均線を6本まで引けるようになりました(リッチアプリ版)
・ネオチャートのアラート機能の通知方法に「音のみ」を追加しました(リッチアプリ版)
・「ポジション照会」「注文中一覧」にて各項目の絞り込みやソートの設定を保存し、次回ログイン時も同様の設定で表示できるようになりました(リッチアプリ版)

今後も当社では、お客様よりお寄せいただいたご要望をもとに新機能・サービスを続々と導入してまいります。

【お客様の声をかたちに】

8月27日・ジャクソンホール会合(パウエルFRB議長講演)に伴う相場変動・スプレッド拡大等の可能性について[21/08/26]

米ジャクソンホールにて日本時間8月27日(金)午後11時より予定されているパウエルFRB議長の講演で、テーパリング(量的緩和の段階的な縮小)の開始に言及するか否かが注目されており、その内容次第では為替相場が急変動する可能性がございます。
ポジションをお持ちのお客様、特に高レバレッジのポジションをお持ちの法人の方におかれましては、口座管理につき十分ご注意のほどお願いいたします。

なお上記の影響を受ける期間には実勢インターバンクレートのスプレッド(BidとAskの差)も平常時より拡大傾向となる見通しであり、その際には当社でもやむなくスプレッドを一時的に拡大する場合があります。また相場状況により「ダイレクトカバーの対象となる注文」の基準Lot数(最低数量)を一時的に変更する場合がありますのでご承知おき願います。

※スプレッド拡大時には、これに伴う評価レートの変動に伴い口座の有効比率が低下します(両建状態でも同様です)。このとき口座状況によっては有効比率がロスカットレベルを下回る可能性がありますので十分ご注意願います。

●注目ポイント
外為どっとコム総合研究所 調査部長 神田卓也

27日に米ワイオミング州の景勝地ジャクソンホールでパウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の講演が行われる。今回の講演は、カンザスシティ連銀が主催する年次経済シンポジウムの目玉イベントに位置付けられている。なお、2010年のシンポジウムでは当時のバーナンキFRB議長が量的緩和の拡大を示唆した経緯がある。また、2016年には当時のイエレン議長が「この数カ月で利上げの論拠が強まった」と発言した事が話題となった。今回はパウエル議長がテーパリング(量的緩和の段階的な縮小)の開始時期などについて言及するのではとの思惑がくすぶっている。

パウエル議長はこれまで「テーパリングの開始時期は決まっていない」と繰り返してきたが、このところクラリダ副議長など他のFRB高官からは年内のテーパリング開始を支持する発言が出はじめている。そうした中、パウエル議長がテーパリングについて何を語るか今回の講演の焦点となる。仮にテーパリング開始を示唆する発言があれば、金融引き締めのスタート合図となり得るためドルが上昇する公算が大きい。この場合、株や資源などの資産価格に下落圧力がかかりやすくなると見られ、新興国・資源国通貨のクロス円ペアは下落に注意が必要となろう。反対に、パウエル議長が従来の慎重スタンスを維持するようならドルは下落する公算が大きく、資産価格の値上がり具合によってはクロス円が大きく上昇する可能性もある。いずれにしても、今回のパウエルFRB議長講演は、資源国・新興国通貨のクロス円ペアが強い反応を示す可能性を孕んでいると考えられる。

吸収合併のお知らせ[21/08/23]

株式会社外為どっとコム(以下「外為どっとコム」、本社:東京都港区)は、経営資源を集中させることで引き続き高品質のFXサービスを提供することを目的として、100%子会社である上田ハーロー株式会社(以下「上田ハーロー」、本社:東京都中央区)を吸収合併することとしましたので、お知らせいたします。

1.合併の日程
(1)合併契約締結日:2021年8月23日
(2)合併効力発生日:2021年10月3日(予定)

2.合併方式
外為どっとコムを存続会社、上田ハーローを消滅会社とする吸収合併

【お問い合わせ先】
株式会社外為どっとコム・経営本部
0120-430-225

マーケット情報『外為情報ナビ』に新たなニュースソース「MINKABU PRESSニュース(FX)」を追加[21/08/16]

当社は『外為情報ナビ』に、株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイドが提供する「MINKABU PRESSニュース(FX)」の配信を開始したことをお知らせいたします。

同社は「情報の価値を具現化する仕組みを提供する」をミッションとして「MINKABU FX」というFXポータルサイトを運営しており、そのサイト内では最新ニュースやマーケット情報などの投資に必要な情報を、必要なタイミングで、個人投資家向けに提供されています。
またその中でも、その豊富な配信量や情報の質が、特に個人投資家の皆様に人気を得ている「MINKABU PRESSニュース(FX)」を、当社のマーケット情報『外為情報ナビ』内のニュースとして追加することになりました。
(リアルタイム配信後の20分間は、当社『外貨ネクストネオ』会員様向けの限定配信となります)。

今後も外為どっとコムでは、『外国為替』を中心に、投資家の皆様の幅広いニーズにお応えするため、積極的にサービスの拡充を行ってまいります。

『外為情報ナビ』最新ニュース一覧

プレスリリース(PDF:301KB)】

本日(8月16日)からの「ロシアルーブル/円」スワップポイント優遇付与実施のお知らせ[21/08/16]

当社では本日(8月16日)より『外貨ネクストネオ』にて、以下の通りスワップポイント受取額を優遇して付与することとなりましたので、お知らせいたします。

●対象期間:2021年8月16日(月)〜2021年9月30日(木)
●対象通貨ペア:ロシアルーブル/円(RUB/JPY)
●期間中のスワップポイント受取額:お持ちのポジション10Lot(10万通貨)に対しては1日あたり「21円」、100Lot(100万通貨)に対しては同「210円」が付与されるようになります。

※本優遇付与は、『外貨ネクストネオ』における「ロシアルーブル/円」のポジションに対して実施するものです(『らくらくFX積立』のポジションは対象外です)。現状の金利差情勢では当該通貨ペアの買ポジションに対し適用されます。ただし、スワップポイントは各国の金利情勢により日々変動するため、上記の付与を保証するものではありません。なお、本優遇付与は予告なく内容の変更または終了をさせていただく場合がございます。

『外貨ネクストネオ』スワップポイントカレンダー

本年8月11日からの大雨による災害に遭われた皆様へのお見舞いと対応について[21/08/16]

本年8月11日からの大雨による災害に遭われた皆様に、外為どっとコム役職員一同、心よりお見舞い申し上げます。
当社では今回の被災者の皆様へのご支援策として、口座番号紛失時の対応や出金などできる限りの便宜的措置を適用させていただきます。
本件に関するご相談、その他、当社のお取引に関してお困りごとがございましたら、下記「サポートセンター」まで遠慮なくお問い合わせくださいますようお願い申し上げます。

【対象となるお客様】
本年8月11日からの大雨による災害により、災害救助法の適用を受けた市町村の住所をご自宅住所としてお届けのすべてのお客様。
○災害救助法適用市町村(2021年8月16日現在)
[島根県]江津市、邑智郡川本町、邑智郡美郷町。
[広島県]広島市(全区)、三次市、安芸高田市、山県郡北広島町。
[福岡県]久留米市。
[佐賀県]武雄市、嬉野市、杵島郡大町町。
※直近時点の災害救助法適用市町村につきましては、下記リンク先ページをご参照願います。
内閣府防災情報のページ

【お問い合わせ先】
○外為どっとコム・サポートセンター
電話:0120-430-225(または03-5733-3065)
お問い合わせフォーム

被災地の一日も早い復旧を、心よりお祈り申し上げます。

台風第9号から変わった温帯低気圧に伴う大雨による災害に遭われた皆様へのお見舞いと対応について[21/08/11]

台風第9号から変わった温帯低気圧に伴う大雨による災害に遭われた皆様に、外為どっとコム役職員一同、心よりお見舞い申し上げます。
当社では今回の被災者の皆様へのご支援策として、口座番号紛失時の対応や出金などできる限りの便宜的措置を適用させていただきます。
本件に関するご相談、その他、当社のお取引に関してお困りごとがございましたら、下記「サポートセンター」まで遠慮なくお問い合わせくださいますようお願い申し上げます。

【対象となるお客様】
台風第9号から変わった温帯低気圧に伴う大雨による災害により、災害救助法の適用を受けた市町村の住所をご自宅住所としてお届けのすべてのお客様。
○災害救助法適用市町村(2021年8月11日現在)
[青森県]むつ市、上北郡七戸町、下北郡風間浦村。
※直近時点の災害救助法適用市町村につきましては、下記リンク先ページをご参照願います。
内閣府防災情報のページ

【お問い合わせ先】
○外為どっとコム・サポートセンター
電話:0120-430-225(または03-5733-3065)
お問い合わせフォーム

被災地の一日も早い復旧を、心よりお祈り申し上げます。

【重要】トルコ中銀金融政策発表(8/12)に伴う相場変動・スプレッド拡大等の可能性について[21/08/11]

明日(8月12日)日本時間午後8時にはトルコ中央銀行の金融政策発表が予定されております。今回の市場予想の大勢(政策金利19%据え置き)と大きく異なる結果となった場合、あるいは金利据え置き発表後に利下げ論者であるエルドアン・トルコ大統領が、同中銀に対し批判的なアクションを起こした場合などには、トルコリラ相場が急変動する可能性がございます。また、特に後者については今週末に発生した場合、トルコリラを含む通貨ペアの週明け(8月16日)オープンレートが前週末クローズレートに対し大きく乖離する可能性がございます。
ポジションをお持ちのお客様、特に高レバレッジのポジションをお持ちの法人の方におかれましては、口座管理につき十分ご注意のほどお願いいたします。

なお、上記の影響を受ける期間においては、実勢インターバンクレートのスプレッド(BidとAskの差)も平常時に比べ拡大傾向となる見通しであり、その際には当社でもやむなくスプレッドを一時的に拡大させていただく場合がございます。また相場状況により「ダイレクトカバーの対象となる注文」の基準Lot数(最低数量)を一時的に変更させていただく場合がございますので、あらかじめご承知おきくださいますようお願いいたします。
また、お客様におかれましては、本件につきあらかじめご留意のほどお願い申し上げます。

※スプレッド拡大時には、これに伴う評価レートの変動により通常スプレッド時よりも口座の有効比率が低下します(両建状態であっても同様です)。このとき、口座状況によっては有効比率がロスカットレベルを下回る可能性がございますので、ポジションをお持ちのお客様、特に高レバレッジのポジションをお持ちの法人の方におかれましては、口座管理につき十分ご注意のほどお願いいたします。

●注目ポイント
外為どっとコム総合研究所 調査部長 神田卓也

トルコ中央銀行は8月12日に政策金利を発表する。3日に発表されたトルコ7月消費者物価指数は前年比+18.95%に加速して政策金利の19.00%に接近。いくら低金利を志向するカブジュオール総裁でも利下げに踏み切れる状況ではないだろう。市場も今回は政策金利の据え置きを確実視している。

ただ、より強力な低金利信奉者で中銀総裁の人事権を握るエルドアン・トルコ大統領は4日、「高金利はもういらない。高金利はインフレ上昇をもたらすからだ」と改めて自説を展開。その上で「金利引き下げに移行しつつあるため、これからインフレがさらに加速することはあり得ない」と述べた。

そうした中、トルコ中銀がこれまで声明で示してきた「インフレ低下が達成されるまで、現在の引き締め的な政策スタンスを断固として維持する」との文言を踏襲するか注目したい。仮に文言の修正などで利下げに柔軟な姿勢を示唆するようだとリラの急落に繋がりかねないため注意が必要だろう。

米雇用統計発表(8/6)に伴う相場変動・スプレッド拡大等の可能性について[21/08/04]

今週金曜日(8月6日)の午後9時30分には重要経済指標「米雇用統計」の発表が予定されており、その発表結果次第では為替相場が急変動する可能性がございます。

なお上記の影響を受ける期間においては、実勢インターバンクレートのスプレッド(BidとAskの差)も平常時に比べ拡大傾向となる見通しであり、その際には当社でもやむなくスプレッドを一時的に拡大させていただく場合がございます。また相場状況により「ダイレクトカバーの対象となる注文」の基準Lot数(最低数量)を一時的に変更させていただく場合がございますので、あらかじめご承知おきくださいますようお願いいたします。

※スプレッド拡大時には、これに伴う評価レートの変動により通常スプレッド時よりも口座の有効比率が低下します(両建状態であっても同様です)。このとき、口座状況によっては有効比率がロスカットレベルを下回る可能性がございますので口座管理には十分ご注意願います。

【投資に関する調査】FX関心層の7割近くが「FXの仕組みを使った外貨積立を利用してみたい」と回答[21/08/03]

当社はインターネット上での意識調査アンケートとして、本年6月18日(金)から6月21日(日)にかけて【投資に関する調査】を実施しましたので、お知らせいたします。

近年では老後資金や資産運用、お金の勉強などで投資を始める方が増えてきましたがFX取引はほかの金融商品と比べると、「難しい」「ハイリスク」とイメージされている方が多いのが現状です。
そこで今回の調査では、「現在FX取引をしていないがFX取引に興味がある、20〜69歳の男女1,000名」を対象に、今後FXを始めるとしたらどんな取引スタイルで行いたいかを伺いました。
併せて、外為どっとコムにて提供している新サービス『らくらくFX積立』の利用意向も質問しました。

●調査トピックス
○今後FXを始める場合の理想の取引スタイル
FXへの取り組みは、「手軽にやりたい派」80%、「腰を据えてやりたい派」20%。
利益の上げ方は、「安定コツコツ派」78%、「ハイリスク・ハイリターン派」22%という結果になりました。

○『らくらくFX積立』のサービス評価
「約100円(※1)から外貨が持てる」に魅力を感じた方は78%。
「スワップポイントで中長期投資」に魅力を感じた方は65%という結果になりました。

○『らくらくFX積立』の利用意向
全体の65%が「利用したい」、28%が「どちらともいえない」と回答。
「利用したい」の理由として、「約100円(※1)からできる」「FXのハードルが低く感じた」「お手軽に低リスクで試せる」「ビギナーに優しそう」「自分で考えるのは難しいし、時間もかかるから」などの回答があげられました。

今回の調査結果に基づき、今後も当社では、個人投資家の皆様のご期待に応えるべく、サービスやお取引環境のさらなる向上を図ってまいります。

※通貨単位で指定する場合は1通貨単位ごと、円単位で指定する場合は100円以上1円単位(最低1通貨相当)とします。

プレスリリース(PDF:676KB)

最短当日取引可能!

お申込みの際は「本人確認書類・マイナンバー確認書類」をご用意ください。

新規口座開設で
最大103,000  キャッシュバック