米雇用統計 2022年3月4日(金)の結果と解説

米雇用統計予想と結果

米雇用統計発表時の相場

米労働省が2022年3月4日に発表した2月雇用統計の主な結果は、非農業部門雇用者数67.8万人増、失業率3.8%、平均時給31.58ドル(前月比0.0%、前年比+5.1%)という内容であった。

2月の米非農業部門雇用者数は前月比67.8万人増と市場予想(42.3万人増)を上回った。前月分が48.1万人増、前々月分が58.8万人増にそれぞれ上方修正された結果、雇用情勢を基調的に見る上で重視される3カ月平均の増加幅は58.2万人となり、小幅ながらも前月の57.2万人から加速した。業種別では、レジャー・接客のほか、外食、宿泊など、コロナ禍で打撃を受けたサービス業を中心に雇用者が増加した。

2月の米失業率は前月から0.2ポイント改善して3.8%となり、2020年2月以来の水準に低下した。市場予想は3.9%だった。労働力人口に占める働く意欲を持つ人の割合である労働参加率が62.3%へと上昇したにもかかわらず失業率は改善した。ただ、フルタイムの職を希望しながらパート就業しかできない人なども含めた広義の失業率である不完全雇用率(U-6失業率)は7.2%と、前月から0.1ポイント悪化した。

2月の米平均時給は31.58ドルとなり、伸び率は前月比0.0%、前年比+5.1%で、いずれも市場予想(+0.5%、+5.8%)を下回った。比較的賃金の水準が低いサービス業で雇用者が増えたためと見られる。なお、週平均労働時間は34.7時間と前月の34.6時間から増加した。

米雇用統計発表時の相場

米2月雇用統計は、新型コロナ変異株・オミクロンの感染拡大が下火となる中で、米国の経済活動が正常化に向かっている事を改めて示す内容であった。賃金の伸び鈍化も、3月15-16日の米連邦公開市場委員会(FOMC)での利上げについて、50bp(0.50ポイント)ではなく25bp(0.25ポイント)を支持するとしたパウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の見解を正当化する内容だったと言えるだろう。もっとも、市場はすでに3月の25bp利上げを織り込んでいた他、緊迫化するウクライナ情勢に関心が集中していたため,雇用統計に対するドル/円相場の反応はきわめて小さかった。雇用統計の発表後は、ウクライナの原発をロシアが砲撃・占拠した事への懸念からユーロ売りが活発化。ドルと円がいずれもユーロに対して上昇した事から当初は大きく動かなかったドル/円相場は、安全資産の米国債に買いが集まり利回りが低下すると115円台を割り込んで下落した。

2022年3月4日の米雇用統計セミナー録画を配信

米利上げ開始秒読み!市場への影響や次なる注目ポイントは!?

●当社主催のセミナーについて
  • ※本コンテンツにて紹介するセミナーは、外為どっとコムが主催するセミナーです。セミナーにおきましては、FX(外国為替保証金取引)の簡単な紹介・説明をさせていただきますので、あらかじめご了承のうえ、ご参加くださいますようお願い申し上げます。またこれらのセミナーは、投資判断の参考となる情報の提供を目的として開催するものです。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。
  • ※障害時には動画配信を中止させていただく場合がございます。
●チャットのご利用について
  • ・チャットの利用についてはこちらをご覧ください。
  • ・Googleアカウントを本名で作成されている場合、YouTubeでコメントをした時などにそのまま本名で表示されます。詳細につきましては、YouTubeのヘルプよりご参照ください。
  • ・パソコン以外の端末にて視聴される場合、チャット欄が表示されないケースがございます。この場合はYouTubeのアプリより、チャットをご利用ください。

米国 経済指標(失業率・非農業部門雇用者数)過去の推移

●免責事項
本ウェブサイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によってに生じたいかなる損害につきましても、当社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。

最短当日取引可能!

お申込みの際は「本人確認書類・マイナンバー確認書類」をご用意ください。

新規口座開設で
最大302,000  キャッシュバック