米雇用統計 2022年2月4日(金)の結果と解説

米雇用統計予想と結果

米雇用統計発表時の相場

米労働省が2022年2月4日に発表した1月雇用統計の主な結果は、非農業部門雇用者数46.7万人増、失業率4.0%、平均時給31.63ドル(前月比+0.7%、前年比+5.7%)という内容であった。

1月の米非農業部門雇用者数は前月比46.7万人増と市場予想(12.5人増)を上回った。ただ、年次改定の影響もあって前月分が19.9万人増から51.0万人増へと上方修正されたため、増加幅はいくぶん減速となった。雇用情勢を基調的に見る上で重視される3カ月平均の増加幅は54.1万人となり、小幅ながらも前月の61.1万人から減速した。

1月の米失業率は前月から0.1ポイント悪化して4.0%となり、7カ月ぶりに上昇した。市場予想は前月から横ばいの3.9%だった。もっとも、労働力人口に占める働く意欲を持つ人の割合である労働参加率は62.2%へと上昇(前月61.9%)した事から「良い失業率上昇」と言えそうだ。なお、フルタイムの職を希望しながらパート就業しかできない人なども含めた広義の失業率である不完全雇用率(U-6失業率)は7.1%と、前月から0.2ポイント改善した。

1月の米平均時給は31.63ドルと過去最高を更新し、前月比で0.23ドル増加した。伸び率は前月比+0.7%、前年比+5.7%となり、いずれも市場予想(+0.5%、+5.2%)を上回った。ただし、週平均労働時間は34.5時間と前月の34.7時間から減少しており、労働者の週平均賃金は時給金額ほど大幅には増えなかった模様。

米雇用統計発表時の相場

米1月雇用統計は、新型コロナ変異株・オミクロンの蔓延による悪化が懸念されていたが(実際に政府関係者などからも「弱い結果になる可能性がある」との発言が多く出ていた)、終わってみれば総じて良好な内容であった。人口推計の変更や季節調整の年次改定などテクニカルな要因の影響も小さくないと見られ、額面通りに受け止めるべきかについて議論の余地はあろう。ただ、それでも市場はこの雇用統計を好意的に受け止めた模様だ。雇用統計発表後のNY市場では、米長期金利が上場するとともにドルが対円で上昇。米国株は長期金利の上昇を嫌気して下落する場面もあったが、アップル社の好決算のおかげもあって底堅かった。少なくとも米連邦準備制度理事会(FRB)の今後の引締め計画に水を差す雇用統計ではなかったと考えられる。

2022年2月4日の米雇用統計セミナー録画を配信

【リアルトレード実況】元外銀ディーラ成澤竜児氏の取引手法が冴えわたる!

2月4日公開 直前動画解説 どうなる!?米雇用統計

2月4日公開 直前動画解説 どうなる!?米雇用統計

●当社主催のセミナーについて
  • ※本コンテンツにて紹介するセミナーは、外為どっとコムが主催するセミナーです。セミナーにおきましては、FX(外国為替保証金取引)の簡単な紹介・説明をさせていただきますので、あらかじめご了承のうえ、ご参加くださいますようお願い申し上げます。またこれらのセミナーは、投資判断の参考となる情報の提供を目的として開催するものです。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。
  • ※障害時には動画配信を中止させていただく場合がございます。
●チャットのご利用について
  • ・チャットの利用についてはこちらをご覧ください。
  • ・Googleアカウントを本名で作成されている場合、YouTubeでコメントをした時などにそのまま本名で表示されます。詳細につきましては、YouTubeのヘルプよりご参照ください。
  • ・パソコン以外の端末にて視聴される場合、チャット欄が表示されないケースがございます。この場合はYouTubeのアプリより、チャットをご利用ください。

米国 経済指標(失業率・非農業部門雇用者数)過去の推移

●免責事項
本ウェブサイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によってに生じたいかなる損害につきましても、当社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。

最短当日取引可能!

お申込みの際は「本人確認書類・マイナンバー確認書類」をご用意ください。

新規口座開設で
最大302,000  キャッシュバック