米雇用統計 2020年10月2日(金)の結果と解説

米雇用統計予想と結果

米雇用統計発表時の相場

米労働省が2020年10月2日に発表した9月雇用統計の主な結果は、非農業部門雇用者数66.1万人増、失業率7.9%、平均時給29.47ドル(前月比+0.1%、前年比+4.7%)という内容であった。

市場の注目が集まった9月の米非農業部門雇用者数は前月比66.1万人増と、前月の148.9万人増から減速。市場予想(85.9万人増)も下回った。3カ月平均の増加幅は130.4万人となり、こちらも前月(267.7万人)から大きく減速した。業種別では、娯楽・ホスピタリティが大きく伸びた反面、州や地方政府の教育関連職員がオンライン授業への移行などを背景に大幅に減少した。

9月の米失業率は7.9%となり、前月から0.5ポイント低下。市場予想(8.2%)以上に改善した。また、フルタイムの就職を希望しながらパート就業しかできない人なども含めた広義の失業率である不完全雇用率(U-6失業率)は12.8%となり、前月の14.2%から1.4ポイント改善。ただ、労働力人口に占める働く意欲を持つ人の割合である労働参加率は61.4%へと低下した。

9月の米平均時給は29.47ドルとなり、前月から0.02ドルの増加にとどまった。伸び率は前月比+0.1%、前年比+4.7%となり、いずれも予想(0.2%、+4.8%)を下回った。

米雇用統計発表時の相場

米9月雇用統計は、非農業部門雇用者数の増加幅が5月以降のコロナ禍からの回復局面では最小にとどまった。失業率は改善したが、「雇用されているが休職中」の人の扱いが引き続きデータの歪みとなっている模様で、実際の失業率はより高い水準にあると見られている。また、労働参加率の上昇は労働市場からの退出者が増えた事を意味する。平均時給の伸びも鈍っており、今回の雇用統計は米労働市場の回復ペースが鈍化している事を示す内容であった。新型コロナウイルスの感染が一部で再拡大している事や、政府の財政支援策が一部失効した事などが鈍化の背景と考えらえる。もっとも、市場は失業保険申請件数の高止まりなどから、米労働市場の回復鈍化を予め見越していた。さらには、新型コロナウイルスに感染したトランプ米大統領の症状に関心が向かった事もあって、株・債券・為替ともに、米9月雇用統計には大きな反応を示さなかった。なお、次回米10月雇用統計は11月6日に発表される。今回は、米大統領選挙(11月3日)前としては最後の雇用統計であった。雇用問題は、選挙戦の最終盤の争点のひとつとなる公算が大きい。

2020年10月2日の米雇用統計セミナー録画を配信

【ドル安が長引く?】人気アナリスト佐々木融氏が贅沢解説!

10月2日公開 直前動画解説 どうなる!?米雇用統計

10月2日公開 直前動画解説 どうなる!?米雇用統計

米国 経済指標(失業率・非農業部門雇用者数)過去の推移

●免責事項
本ウェブサイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によってに生じたいかなる損害につきましても、当社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。

最短当日取引可能!

お申込みの際は「本人確認書類・マイナンバー確認書類」をご用意ください。

新規口座開設で
最大103,000  キャッシュバック