直前解説動画
どうなる!?米雇用統計

動画解説

米7月雇用統計は、非農業部門雇用者数が16.4万人増と、予想とほぼ一致、失業率は3.7%と予想(3.6%)を上回ったが、これは労働参加率が63.0%に上昇したため。不完全雇用率(U6失業率)は7.0%と2000年以来の低水準を記録した。その他、平均時給は前月比+0.3%、前年比+3.2%といずれも予想を上回る伸びとなった。米7月雇用統計は堅調な結果ではあったが、米中貿易摩擦への懸念が広がる中、ドル/円の反応は小さかった。

トランプ大統領からの追加利下げ圧力がある中、次回のFOMCはどのような判断をするのか。米雇用統計はどう関係する?元外銀ディーラーの竹内氏に見通しを聞く。

出演

竹内 典弘(たけうち・のりひろ)氏

元HSBCチーフディーラー
竹内 典弘(たけうち・のりひろ)氏
明治大学法学部1989年卒、以後一貫して外資系金融機関で為替/金利のトレーディング歴任。専門はG7通貨及び金利のトレーディング。1999年グローバル金融大手英HSBCホールディングス傘下HSBC香港上海銀行東京支店入行、取引担当責任者(チーフトレーダー)を務め、現在主流となっている、E-commerce(FX.all.com)の立ち上げにも参画。相場展望をする際、極力、恣意的な自己判断、感情移入を排除する独自のアプローチを持ち、欧州事情にも精通している。2010年に独立し大胆なトレードを日夜行っている。

神田 卓也(かんだ・たくや)

外為どっとコム総合研究所 調査部長
神田 卓也(かんだ・たくや)
1987年福岡大学法学部卒業後、第一証券(株)(現三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社)を経て、1991年(株)メイタン・トラディション入社。インターバンク市場にて、為替・資金・デリバティブ等の取引業務を担当し、国際金融市場に対する造詣を深める。2009年7月(株)外為どっとコム総合研究所入社
●免責事項
本ウェブサイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、当社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。