米雇用統計
2019年5月3日の結果と解説

米雇用統計予想と結果

米雇用統計発表時の相場

米労働省が2019年5月3日に発表した4月雇用統計の主な結果は、非農業部門雇用者数26.3万人増、失業率3.6%、平均時給27.77ドル(前月比0.2%増、前年比3.2%増)という内容であった。

4月の米非農業部門雇用者数は前月比26.3万人増となり、市場予想の19.0万人増を上回った。前2カ月分の修正が+1.6万人と小幅だったこともあって、3カ月平均の雇用者数の増加幅は16.9万人に減速した。業種別では、建設業の増加(3.3万人増)が目立った一方、小売業は1.2万人減と3カ月連続で減少した。

4月の米失業率は3.6%と、3月の3.8%から0.2ポイント改善して、1969年12月以来、ほぼ50年ぶりの水準に低下。市場予想は12月から横ばいの3.8%であった。もっとも、労働力人口に占める働く意欲を持つ人の割合を示す労働参加率が62.8%と3月の63.0%から低下しており、これが失業率を押し下げたと見られる。なお、労働参加率の低下は8カ月ぶりであった。また、フルタイムの仕事を希望しながらパートタイム就業しかできない人なども含めた広義の失業率である不完全雇用率(U-6失業率)は7.3%と、2001年3月以来の低水準で3カ月続けて横ばいだった。

4月の米平均時給は27.77ドルとなり、前月から0.06ドル増加して過去最高を更新。ただ、週平均労働時間が34.4時間に0.1時間減少したことで時給が押し上げられた面もある。なお、平均時給の伸び率は前月比+0.2%、前年比+3.2%と、いずれも市場予想(+0.3%、+3.3%)を下回った。

米4月雇用統計を受けてドル/円は、発表直後こそドル高・円安に振れたが、間もなくドル安・円高に転じた。雇用者数の伸びが3カ月平均で減速したこと、失業率の低下が労働市場からの退出者の増加(労働参加率低下)によるものだったこと、平均賃金の伸び率が市場予想に届かなかったこと、などがその理由と見られる。なお、米長期金利は雇用統計後に低下しており、米債市場は連邦準備制度理事会(FRB)が年内に利上げを再開することはないとの見方を強めた模様。一方で、NYダウ平均が200ドル近く上昇するなど、米株式市場は米国経済の底堅さを好感したと見られる。

2019年5月3日の
米雇用統計セミナー録画を配信

5/3 【10連休相場に死角は無いか?】元外銀ディーラーの和田氏が見通すこの先のマーケットは? FX情報ぎっしりの生放送!

2019年5月3日の
米雇用統計発表前の解説動画

動画解説

米3月雇用統計は、非農業部門雇用者数が19.6万人増と市場予想を上回る伸びを記録。失業率は予想通りの3.8%であった。平均時給は前月比+0.1%、前年比+3.2%と、いずれも予想を下回る伸びにとどまった。ドル/円は、平均時給の伸び鈍化に反応して111.52円前後まで下落する場面もあったが、非農業部門雇用者数が前回の3.3万人増から大幅に持ち直した事を受けて111.82円前後へと反発。3月15日以来の高値を僅かに更新した。

レンジ相場ながら、下値を切り上げつつ堅調な推移のドル/円は、この先どうなるのか。元外銀トレーダーのYEN蔵氏が今回の米雇用統計のポイントを解説する。

米国 経済指標(失業率・非農業部門雇用者数)過去の推移

●免責事項
本ウェブサイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によってに生じたいかなる損害につきましても、当社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。