米雇用統計
2018年11月2日の結果と解説

米雇用統計予想と結果

米雇用統計発表時の相場

米労働省が2018年11月2日に発表した10月雇用統計の主な結果は、非農業部門雇用者数25.0万人増、失業率3.7%、平均時給27.30ドル(前月比0.2%増、前年比3.1%増)という内容であった。

10月の米非農業部門雇用者数は25.0万人増となり、市場予想の20.0万人増を上回った。前月分が11.8万人に下方改定(速報値の13.4万人増から)されるなど、ハリケーンの影響を受けて下振れしたと見られるだけに、今回はその反動によって増加幅が拡大したと見られる。なお、3カ月平均の雇用者数増加幅は21.8万人と高水準を維持した。

10月の米失業率は市場予想通りに3.7%となり、1969年12月以来48年ぶりの低水準を記録した前回から横ばいだった。労働参加率が前回の62.7%から62.9%に上昇したほか、フルタイムの仕事を望みながらもパート就業しかできない人などを含めた広義の失業率(不完全雇用率)は7.4%に改善した。

10月の米平均時給は27.30ドルとなり、前月から0.05ドル増加して過去最高を更新。伸び率は前月比+0.2%、前年比+3.1%で、いずれも市場予想どおりだった。なお、前年比の伸び率は、2009年4月以来、9年半ぶりの高水準を記録した。

米10月雇用統計では、米経済の底堅さを改めて確認。米連邦準備制度理事会(FRB)が12月に追加利上げに動く公算が高まった。米金利先物市場の12月利上げ織り込み度合いは、雇用統計発表後に75%程度へ上昇している。10月には、米長期金利の上昇を嫌気する格好で世界的に株式市場が調整したが、そうした市場の変調に配慮して米連邦準備制度理事会(FRB)が利上げを休止する可能性はきわめて低い事を市場は悟った模様だ。今回の雇用統計を受けて、米10年債利回りは3.2%台を回復。NYダウ平均は100ドル以上値下がりしたが、ドル/円は113円台前半に上昇した。なお、トランプ米大統領は今回の雇用統計の結果を歓迎し、ツイッターで「信じられない数字だ」とつぶやいた。

2018年11月2日の
米雇用統計セミナー録画を配信

11/2 【米中間選挙直前スペシャル】外銀エコノミストの劔崎仁氏が読み解く!為替市場のこの先は?

2018年11月2日の
米雇用統計発表前の解説動画

動画解説

米9月雇用統計は、非農業部門雇用者数13.4万人増、失業率3.7%、平均時給27.24ドル(前月比0.3%増、前年比2.8%増)という内容であった。
特に米失業率は3.7%と、前回から0.2ポイント低下して1969年12月以来、48年9カ月ぶりの低水準を記録。また米平均時給は27.24ドルとなり、前月から0.08ドル増加して過去最高を更新。伸び率は前月比+0.3%、前年比+2.8%で、いずれも市場予想どおりだった。
113円後半だったドル/円は、大きな値動きは生まず、ゆるやかな下落基調となった。はたして年内の高値更新は続くのか。英国在住で元為替ディーラーの松崎美子氏を招き、米国雇用の見通しや、英国EU離脱問題などについて聞く。聞き手は外為どっとコム総研神田調査部長。

米国 経済指標(失業率・非農業部門雇用者数)過去の推移

●免責事項
本ウェブサイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によってに生じたいかなる損害につきましても、当社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。