━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯┯┯┯┯
▼外為どっとコム『外貨ネクスト』メールマガジン──────  ┼┼┼┼
                                ┼┼┼
                                 ┼┼
┼    ━━━━━ 外国為替ホームトレード入門 ━━━━━    ┼
┼┼
┼┼┼
┼┼┼┼                    第243号(2007年2月19日)
┷┷┷┷┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                       Presented by GAITAME.com
======================================================================
【今回の主な内容】
>>>第228回特集「今年もやってきました、確定申告シーズン!
>>>       FX(外国為替保証金取引)の益金の申告はこれでOK!」
 > ◆「確定申告」って、一体どこで何をすればいいのでしょうか!?
 > ◆FX(外国為替保証金取引)で得た益金の確定申告について教えて!
>>>好評連載! Erikaの『来週の為替展望』(期間:2/19〜2/23)
>>>主要8通貨ペア・先週の四本値(期間:2/5〜2/9)
>>>主要8通貨ペア・今週の四本値(期間:2/12〜2/16)
======================================================================

 はじめましての方もそうでない方もこんにちは。
 それではさっそく、今回の特集ですが…


┯┯┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯┯┯
┼┼   【第229回】今年もやってきました、確定申告シーズン!   ┼┼
┼                                 ┼
┼┼   FX(外国為替保証金取引)の益金の申告はこれでOK!  ┼┼
┷┷┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷┷┷


 今年もいよいよ、確定申告のシーズンがやってまいりました!

 この2月16日(金)から3月15日(木)までの間、全国各地の税務署ならびに
国税庁のWebサイト(http://www.nta.go.jp/)上にて、確定申告の申告受付が
一斉に実施されています。
 この年に一度の重大行事を前に、当社「外為どっとコム」にも毎日のように
当社のFX(外国為替保証金取引)『ネクスト総合口座』(外貨ネクスト)の
益金の確定申告に関するお問い合わせが、本当にたくさん寄せられています。

 以前は「FXで得た利益は課税の対象になるのですか?」といった基礎的な
ご質問をいただくことが多かったのですが、ここ最近は、FXで生じた益金は
「雑所得」として総合課税の対象となるという知識が行き渡ったせいか、より
高度なご質問を頂戴する機会が多くなりました。
(ここでいう「FX」とは「店頭による金融先物取引」を指します。)
 ときには、あまりにご質問の内容が高度すぎて、回答に詰まってしまうこと
も…お役に立てず申し訳ありません<(_ _)>

 そのお詫びというわけではないのですが、今回の特集では、お客様から寄せ
られる頻度の高い確定申告関連のご質問を中心に、誌面が許す限りQ&A形式
にてお答えしたいと思います!

 今回の特集が、みなさまの確定申告のお役に立てるようであれば、これ以上
の幸いはありません…。


 ------------------------------------------------------------------ 
 ●外貨ネクストの確定申告 − 外為どっとコム
  URL:http://www.gaitame.com/service/kshinkoku.html?m=m05
 ------------------------------------------------------------------ 
 ●平成18年分確定申告特集 − 国税庁ONLINE
  URL:http://www.nta.go.jp/h18/kakutei/index.htm
 ------------------------------------------------------------------ 
 ●確定申告書等作成コーナー − 国税庁
  URL:https://www.keisan.nta.go.jp/h18/ta_top.htm
 ------------------------------------------------------------------ 




>┃◆「確定申告」って、一体どこで何をすればいいのでしょうか!?
>┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 それではまず、この「確定申告」の基礎知識について、Q&A形式でお答え
してまいりましょう。
 サラリーマンの方など、今までは確定申告の必要がなかったものの、昨年に
FXにて利益を得たおかげで、新たに申告の必要が生じたみなさまには必見の
内容となっています!



 ┃●いわゆる「確定申告」とは、一体どういうものなのですか?
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 「確定申告」とは、1月1日から12月31日までの1年の間に個人の方が受けた
すべての所得の合計額から納めるべき税額を計算・確定し、それを決められた
期間に税務署へ届け出ることをいいます。
 今回(平成18年度)の確定申告期間は、本年2月16日(金)〜3月15日(木)
となっております。

 確定申告には、確定した年間の税額を申告するばかりでなく、「源泉徴収」
(給与所得・利子所得などについて、支払う側が支払いの時点で所得税を徴収
すること)された税金や、すでに予定納税で納めた税金の総額などと比較し、
納めた税金の額が超過している場合には返還してもらったり、その反対に足り
なかった場合には追加で支払うなどして、最終的な税額を精算するという目的
もあります。



 ┃●「確定申告」って、どこで何をどのようにすればいいのでしょうか?
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 確定申告をする場所として最も知名度が高いのは、なんと言ってもやはり、
全国各地にあまねく存在する「税務署」ですよね。
 今から繁華街に出て「確定申告をする場所は?」という街頭インタビューを
したとしても、おそらく9割以上の方がそう答えるに違いないでしょう。

 先ほど案内した申告受付期間中に、記入済みの申告書と各種添付書類、領収
書などの必要書類一式を税務署に持参すれば、多少の待ち時間はあるにせよ、
確定申告が滞りなくできるというわけです。

 この申告書の作成方法ですが、大別して次の3通りがございます。

 【1】税務署で受け取った申告書をもとに手書きで作成する。

 【2】税務署に設置されているタッチパネルで作成する。

 【3】「確定申告書等作成コーナー」にアクセスし、パソコンで作成する。

 このうち【3】については、ガイダンスに従って自宅でもカンタンに申告書
が作成できるという簡便性から、特におススメしたい作成方法です。
 本メールマガジンでも以前に何度か紹介したことがありますので、愛読者の
みなさまの中にも、ご存じだという方、あるいは実際に利用したことがあると
いう方が多数いらっしゃることでしょう。

 ●確定申告書等作成コーナー − 国税庁
  URL:https://www.keisan.nta.go.jp/h18/ta_top.htm

 ------------------------------------------------------------------ 

 そしていよいよ申告となるわけですが、その方法もまた、大きく分けて次の
3通りがあります。

 【1】書類一式を管轄の税務署へ持参し、係の方に提出する。

 【2】書類一式を管轄の税務署へ郵送する。

 【3】『e-Tax(イータックス)』を利用し、ご自宅のPCにて申告する。

 ちなみに【3】の『e-Tax(イータックス)』とは、国税庁が提供する国税
電子申告・納税システムのことで、各種税の申告や納税、青色申告の承認申請
に電子納税証明書の交付請求などが、ご自宅のパソコン上にてできるという、
便利なサービスです。
 最近、女性人気タレントが登場する『e-Tax』のCMが頻繁に流れています
ので、その名前をご存じという方も決して少なくはないことと存じます。

 この『e-Tax』を利用するためには、最寄りの税務署への「開始届出書」の
提出(オンライン提出可)と、法務省が運営する「商業登記認証局」や、地方
公共団体などが発行する「電子証明書」(有料)の取得、そして専用ソフトの
「e-Taxソフト」のインストールが必須です。
 詳細につきましては、下記URLをご参照願います…。

 ●イータックス特集 − 国税庁ONLINE
  URL:http://www.nta.go.jp/e-tax/01.htm




>┃◆FX(外国為替保証金取引)で得た益金の確定申告について教えて!
>┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 続いては、FX(外国為替保証金取引)で発生した益金の税制上の扱いと、
そのルールについて説明いたしましょう。

 なお、以下で説明する「FX」(外国為替保証金取引)とは、特に但し書き
がないかぎり、当社の『外貨ネクスト』のような「店頭による金融先物取引」
(相対取引)を指しています。



 ┃●FX取引の結果、サラリーマンが申告をしなくてはならない条件とは?
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 読者のみなさまの中で若い給与所得者(サラリーマン)の方、とくに転職の
ご経験がない方であれば、まずほとんどの方が確定申告のご経験がないことと
思います。
 本来、何らかの所得があるすべての個人は、必ず「確定申告」をしたうえで
国へ納める税金の額を確定し、それを納付しなくてはならないのですが、その
大多数を占める一般的な(給与収入額が2,000万円以下の)サラリーマンの方
の場合、ふつう給料日にもらえる給与明細にもある通り、所得税などが「源泉
徴収」、つまり“天引き”されて預金口座に振り込まれているはずです。

 この“天引き”された税金と、その名の通り年末ごろに行なう「年末調整」
によってその給与所得者の所得税額が確定し、納税も完了しますので、特別に
確定申告の義務が免除されているというわけなのです。

 ただ、これには例外規定もありまして、たとえ給与所得者であっても特定の
条件に当てはまる人の場合、確定申告をしなくてはなりません。
 その条件のひとつが「1か所から給与所得を受けている人で、給与所得及び
退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円を超える」というものです。
 ここでいう「給与所得及び退職所得以外の所得」には、もちろん為替取引の
益金、イコール後で説明する「雑所得(ざっしょとく)」も含まれます。

 つまり、本来は確定申告とは全く無縁のはずのサラリーマンのみなさまも、
当社の『外貨ネクスト』など一般的なFX(外国為替保証金取引)で、年間を
通じ20万円を超える利益を得たとしたら、翌年の春には必ず税務署へ確定申告
をしなくてはならないというわけなのです。



 ┃●FXで発生した利益は課税対象になるのですか?
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 当社の『外貨ネクスト』に代表される一般的なFX(外国為替保証金取引)
にて発生した利益は、所得の中でも「雑所得」扱いとされ、総合課税の対象と
なります。

 ただし、これらFXの中でも公設取引所における金融先物取引、具体的には
『くりっく365』については、「先物取引に係る雑所得等の課税の特例」等
の法令が適用され、同じ「雑所得」であっても総合課税ではなく申告分離課税
の対象になりますの、注意が必要です。



 ┃●FXの益金が該当する「雑所得」とは何のことですか?
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 「雑所得」とは、その他の9種類の所得(利子所得・配当所得・事業所得・
不動産所得・給与所得・退職所得・譲渡所得・山林所得・一時所得)のいずれ
にもあたらない所得のことを指します。
 身近なところでは外国為替保証金取引の益金のほか、銀行等の外貨預金にて
発生した為替差益(利子は「利子所得」として源泉分離課税されるため雑所得
には含まれません)、年金や恩給などの公的年金、著述家や作家を本業として
いない方が受け取った原稿料や印税などもこれに当たります。



 ┃●「スワップ振替機能」で確定した益金は課税対象になるのですか?
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 この2月10日に新たに導入され、先週号の特集で紹介したばかりの、『外貨
ネクスト』の新機能、その名も「スワップ振替機能」。
 未決済のポジションに累積され、含みの益金となっているスワップポイント
を、定期的または即座に益金として確定し、取引口座の残高に反映するという
画期的なサービスです。

 この機能の導入に関連して、お客様から最も多く寄せられているご質問が、
この「『スワップ振替機能』で確定した益金は課税対象になるのですか?」と
いうものです。

 「スワップ振替機能」によって振り替えられた金額は、確定益金であって、
売買差益と同様に「雑所得」として総合課税の対象となります。
 したがって、年間(1/1〜12/31)の取引の結果生じた売買差益と同様、他の
雑所得の金額と合算されることになり、その最終的な合計額が年間で20万円を
超えた場合には、確定申告を行なっていただく義務が発生します。



 ┃●『外貨ネクスト』の損益を、他社のFXの損益と合算できますか?
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 雑所得同士であれば、原則としてその益金と損金を通算して計算することが
できます。
したがって、『外貨ネクスト』の損益金と同業他社さんのFXの損益金を通算
することはもちろん可能です。

 例えば、ある(年間の給与収入額が2,000万円以下の)サラリーマンの方が
当社と同業他社さんで並行して外国為替保証金取引(店頭取引)をしていたと
して、当社の『外貨ネクスト』では年間を通じて120万円の利益を得たとして
も、もう一社の為替取引における年間の通算成績が105万円の損失だった場合
それ以外に雑所得がなければ、年間の雑所得は合計として15万円の利益という
ことになり、確定申告の必要はないということになります。

 ただし、『外貨ネクスト』などの店頭取引で発生した損益金を、『くりっく
365』のような取引所取引の損益金と合算することはできませんのでご注意
ください。



 ┃●FX(雑所得)の損益を、株取引などの損益金と合算できますか?
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 外国為替保証金取引の損益金、つまり雑所得をその他の9種類の所得と合算
することはできません。

 例えば株式の売買で発生した益金ですが、こちらはもともと雑所得ではなく
「譲渡所得」とされており、「申告分離課税」によって税金が徴収されており
ますので、外国為替保証金取引の益金など雑所得との合算は一切できません。

 また、数年前までは通常の雑所得扱いとされた「商品先物取引」で発生した
益金ですが、こちらも現在は同じ雑所得でも「申告分離課税」の対象となって
おり、株式の場合と同様、その他の(申告分離課税でない)雑所得との合算は
できません※。
(※取引所における「商品先物取引」と、『くりっく365』のような取引所
における「金融先物取引」との損益通算は可能です。)



 ┃●キャンペーンで獲得した現金キャッシュバックは課税されるのですか?
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 こちらも、このところ目立って寄せられるようになったご質問です。
 当社では、本メールマガジンの先々週号でも紹介いたしました「はじめての
FX応援キャンペーン」のような、現金キャッシュバックがその特典となって
いるキャンペーンを頻繁に実施いたしております。

 ●はじめてのFX応援キャンペーン − 外為どっとコム
  URL:http://www.gaitame.com/campaign/fx0702/top.html?m=m05

 それでは、このキャッシュバックされた現金は、課税対象となるのでしょう
か? そして、FXで発生した損益金と合算できるのでしょうか?

 結論から先に申し上げますと、みなさまがキャンペーンを通じて獲得された
現金キャッシュバックは課税の対象となるものの、FXで発生した損益金とは
合算することはできません。

 当社のキャンペーンにてお客様が獲得された現金は、いわゆる「懸賞金」と
同じものとして「一時所得」に分類され、課税の対象となります※。
(※宝くじやサッカーくじなどで獲得した賞金は、非課税となっています。)
 また、「雑所得」であるFXの益金とは所得の種類が根本的に違いますので
当然ながら、合算することはできないというわけです。

 …と、ここまで説明したところで、「今までキャッシュバックの申告なんて
考えたこともなかった。どうしよう!」と、心配される方もいらっしゃるかも
しれませんね。
 幸い、一時所得には50万円の特別控除が認められているので、当社のキャン
ペーンのものを含め、年間に獲得された「懸賞金」の合計金額が50万円以下で
あれば、申告の必要はないということになります。

 つまり、50万円を超える金額を獲得されている場合には、申告の義務が発生
することになりますが、それだけの大金を獲得されているわけですから、まあ
よいではありませんか…(^_^;)


----------------------------------------------------------------------
 というわけで今回の特集「今年もやってきました、確定申告シーズン!FX
(外国為替保証金取引)の益金の申告はこれでOK!」いかがでしたでしょう
か? 
 さて、次週2月26日発行予定の次号・第244号ですが、筆者のスケジュールの
都合により特集記事につきましてはお休みとさせていただきます…スミマセン
m(_ _)m。
 したがって次号は「Erikaの『来週の為替展望』」と、「主要8通貨ペア・
今週の四本値」のみの構成となります。

 なお、その次の週・3月5日発行予定の第245号の特集ですが、次週第244号
にて告知させていただく予定ですので、申し訳アリマセンが、いま少しお待ち
くださいませ…来週も、再来週もチェキよぅっ!
----------------------------------------------------------------------
--[PR]--------------------------------------<セミナーのお知らせ>----
■前総務大臣・慶応義塾大学教授の竹中平蔵氏が日本経済について語ります!
      〜竹中氏ご登場の豪華セミナーを東京にて開催!!〜     
───────────────────────────────────
T O K Y O   G A I T A M E   S H O W
───────────────────────────────────
  ──────   2   0   0   7   ──────  

 【日程】2007年3月4日(日)12:30〜
 【会場】東京国際フォーラム ホールC
 詳細申込:http://www.gaitame.com/seminar/special/0304.html?m=m05
----------------------------------------------------------------[PR]--

┏━━━━┓─────────────────────────────
┃   /┃ ▲▼▲▼ 好評連載! Erikaの『来週の為替展望』 ▲▼▲▼
┃/\/ ┃ ──────────────(期間:2/19〜2/23)
┗━━━━┛─────────────────────────────


 「今週のドル円相場は、特に後半から下落場面が目立った。それでは、今週
の動きをピックアップしていこう。


☆前半はドル円下落場面が目立つも121円台を保つ

 月曜日から水曜日の東京時間までのドル円相場はおおむね121円台での推移
となった。
 火曜日の午前中には、来週の日銀金融政策決定会合での利上げが実施される
のではないかとの見方や、2月15日の米国債償還・利払いによる円買い・ドル
売りが一時的に優勢となった。また、同日のニューヨーク時間には、米国12月
貿易収支の赤字額が3ヶ月ぶりに600億ドルを超えたことを受けたドル売りが出
るような場面もあった。
 しかしいずれの場面においても、押し目のドル買いが相場を下支えしたこと
によりドル円の下値は限定され、121円台を割り込むまでには至らなかった。


☆水曜日にはドル円121円台割れ

 水曜日のロンドン時間には、前日発表されたユーロ圏第4四半期GDPが好
結果となったことや、ライブシャーECB(欧州中央銀行) 理事が原油価格
の高止まりなどを理由にインフレがさらに進行するリスクを指摘したことを受
けて、ユーロ買いが対ドルで活発になった。そのことがドル円下落につながり
、約1週間ぶりの120円80銭台にまで値を下げた。
 そして、ニューヨーク時間には米1月小売売上高が予想を下回る結果になっ
たことを受けてドル円がさらに下落し、120円60銭台をつけた。また、バーナ
ンキFRB(米連邦準備制度理事会)議長が上院議会証言でインフレ圧力が低
下する見通しを示したことから、その後もドル円は120円台後半で軟調な推移
となった。


☆その後もドル円の軟調地合が続く

 木曜日の午前中には、本邦第4四半期GDPが発表されたが、前期比+1.2%
と予想を大きく上回ったことで円買い・ドル売りが進み、ドル円は120円70銭
台から119円80銭台にまで下落し、9日ぶりの120円台割れとなった。
 同日のロンドン時間には120円台を回復したドル円だったが、ニューヨーク
時間に入ると12月対米証券投資が約5年来の最低水準となったことや米1月鉱工
業生産、米2月フィラデルフィア連銀景気指数も低調であったことを受けて、
再び119円40銭近辺にまで下落した。さらにその後、本邦第4四半期GDPの好
結果を受けた日銀の利上げ観測が意識されたことから円買い・ドル売りが進み
、ドル円は1月10日以来の安値水準となる119円10銭台にまで下落した。
 ドル円の軟調地合いは金曜日に入っても続き、米1月住宅着工件数・建設許
可件数が事前予想を大きく下回ったことで、119円台割れを試す場面も見られ
た。


 来週は日米共に経済指標の発表が少ないため、注目点は水曜日発表の日銀金
融政策決定会合と米1月消費者物価指数に絞れるであろう。
 特に今回の日銀金融政策決定会合は前回と違って、利上げ実施の有無の予想
はだいたい半々に分かれている。それまで本邦利上げ実施はないと予想してい
たアナリストの中で、本邦第4四半期GDPの好結果を受けて、利上げ実施は
あるというふうに見方を変えた者が出てきたためだ。そのように本邦利上げ実
施の有無をめぐって微妙な情勢となっているが、もし利上げ実施となれば、そ
の分だけ円買い要因になりやすくなる。
 なお、それ以外の日は主だったイベントが予定されていないことから、月、
火曜日は日銀金融政策決定会合の結果を見極める様子見ムード、木、金曜日は
来週のイベントを見極める向きが強くなるため、水曜日以外はドル円相場に大
きな動きは見られない可能性が高いと言える。」


  ★☆★Erikaの「ドル円・来週の予想レンジ」:118.00-121.00★☆★


======================================================================

  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┏━┫  ★『外貨ネクスト』主要8通貨ペア・先週の四本値 ★  ┣━┓
┃ ┗┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┛ ┃
┗━━┛−−−−−−−−−−−−−−−(期間:2/5〜2/9)┗━━┛

※先週号(第243号)に掲載の「今週の四本値」の内容が、誤って先々週号
 (第242号)に掲載したもの(1/29〜2/2の四本値)と同一の数字となって
 おりました。
 深くお詫び申し上げますと共に、以下に正しい内容を掲載させていただき
 たく存じます。 

 【米ドル・円】
  始値:121.07  高値:121.72  安値:119.95  終値:121.69

 【ユーロ・円】
  始値:156.92  高値:158.35  安値:155.23  終値:158.27

 【ユーロ・米ドル】
  始値:1.2960  高値:1.3044  安値:1.2909  終値:1.3003

 【豪ドル・円】
  始値: 93.76  高値: 94.77  安値: 93.08  終値: 94.50

 【英ポンド・円】
  始値:238.01  高値:238.84  安値:235.33  終値:237.27

 【NZドル・円】
  始値: 82.84  高値: 83.29  安値: 81.48  終値: 83.09

 【カナダドル・円】
  始値:102.20  高値:103.81  安値:101.38  終値:103.81

 【スイスフラン・円】
  始値: 96.96  高値: 97.53  安値: 96.13  終値: 97.53

 ------------------------------------------------------------------ 

  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┏━┫  ★『外貨ネクスト』主要8通貨ペア・今週の四本値 ★  ┣━┓
┃ ┗┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┛ ┃
┗━━┛−−−−−−−−−−−−−(期間:2/12〜2/16)┗━━┛


 【米ドル・円】
  始値:121.76  高値:122.08  安値:118.98  終値:119.31

 【ユーロ・円】
  始値:158.21  高値:159.00  安値:156.23  終値:156.80

 【ユーロ・米ドル】
  始値:1.2988  高値:1.3170  安値:1.2940  終値:1.3140

 【豪ドル・円】
  始値: 94.47  高値: 94.85  安値: 93.41  終値: 93.90

 【英ポンド・円】
  始値:237.28  高値:238.55  安値:232.11  終値:232.74

 【NZドル・円】
  始値: 83.05  高値: 83.92  安値: 82.55  終値: 83.22

 【カナダドル・円】
  始値:103.77  高値:104.05  安値:102.32  終値:102.60

 【スイスフラン・円】
  始値: 97.50  高値: 97.87  安値: 96.32  終値: 96.63


※いずれも『外貨ネクスト』取引レート(Bidサイド)を使用しております。


======================================================================
 最後になりましたが、私共では本メールマガジンで紹介するテーマについて
広くお客様より募集いたしております。
 外国為替に関することであれば、『外貨ネクスト』の取引内容にかかわらず
どのような題材でも結構ですので、「○○○について取り上げてほしい!」と
ご記入のうえ、当社アドレス(info@gaitame.com)宛てにお送りいただきます
ようお願いいたします。
 みなさまからのご意見・リクエスト、お待ちいたしております!!
======================================================================
≪注意≫ このメールマガジンは、投資判断の参考となる情報の提供を目的と
したものであって、投資勧誘を目的として作成したものではありません。投資
方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。
また、これらの情報により読者の皆様に生じたいかなる損害についても弊社は
一切の責任を負いかねますことをご了承願います。なお、本メールマガジンに
記載された意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。
======================================================================
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して
発行いたしております(http://www.mag2.com/)。※マガジンID:0000089587
ご登録や解除の手続き、またバックナンバーをご覧になる方は、下記URL
http://www.gaitame.com/gaitame/hometrade.html にてお願い申し上げます。
======================================================================

─────────── メールマガジン『外国為替ホームトレード入門』┃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                ○発行元: 株式会社外為どっとコム
                 (制作: 外為どっとコム 沖縄支店)
                ○TEL: 0120−430−225
                ○メール: info@gaitame.com
                ○URL: http://www.gaitame.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今週も心あつあつな一週間でありますように!(^o^)/~~~ ─── GAITAME.com
━GAITAME.com ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 外為どっとコム ━
  ☆ 新ショッピングサイト「do+.(ドゥプラス)」オープン! ☆

  世界各国から商品を取り揃え“暮らし”をテーマに充実のラインアップ!
  商品の種類別、生産国別、FXポイント数別による商品検索も可能!
 【URL】http://www.doplus.jp/shop/category/category.aspx?m=m05
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━