検索

計算

1件~10件(全20件)  1  2 | 次へ>>
オプションの計算について(1)
オプション価格の理論式として代表的なものに「ブラック・ショールズモデル」があります。同モデルでは、原資産価格や権利行使期限までの残存時間等の複数要因を変数としています。...
オプションの計算について(2)
オプション価格は、原資産の価格や原資産の変動率、権利行使までの時間などさまざまな変数を用いて算出されますが、金利もその変数のひとつです。原資産の金利が低くなると、コールオプションの場合はオプション価格が下がり、プットオプ...
オプションの計算について(3)
権利行使価格、権利行使期間が同一のヨーロピアンタイプとアメリカンタイプのオプションでは、アメリカンタイプの方がオプション価格は高くなります。アメリカンタイプは、買い手がいつでも権利行使でき、利益獲得の機会が多いのが特徴で...
オプションの計算について(4)
原資産を買う権利(コールオプション)の場合、原資産価格が上昇すると、本源的価値も高くなるため、オプションの価格は高くなります。本源的価値とは、権利行使を行ったときに得られる価値のことで、原資産価格と権利行使価格の差額で表...
オプションの計算について(5)
原資産を売る権利(プットオプション)の場合、原資産価格が下落すると、本源的価値が高くなるため、オプションの価格は高くなります。本源的価値とは、権利行使を行ったときに得られる価値のことで、原資産価格と権利行使価格の差額で表...
オプションの計算について(6)
「アウト・オブ・ザ・マネー」は、権利行使を行った場合の損益がマイナスの状態を言い、原資産価格が権利行使価格から離れるほど、オプション価格は低くなります。対して「イン・ザ・マネー」は、権利行使を行った場合の損益がプラスの状...
オプションの計算について(7)
「イン・ザ・マネー」は、権利行使を行った場合の損益がプラスの状態であり、原資産価格が権利行使価格から離れるほど、オプション価格は高くなります。対して「アウト・オブ・ザ・マネー」は、権利行使を行った場合の損益がマイナスの状...
オプションの計算について(8)
「ボラティリティ」とは原資産価格の変動率のことです。ボラティリティが高まると、権利行使される可能性が高くたるため、コールオプション、プットオプションともにオプション価格は高くなります。オプション価格の計算に用いられるボラ...
オプションの計算について(9)
原資産価格の変動率を「ボラティリティ」といいます。ボラティリティが高まると、権利行使される可能性が高くたるため、オプションの価格は高くなります。...
オプションの計算について(10)
オプション価格は、原資産の価格や原資産の変動率、金利などさまざまな変数を用いて算出されますが、権利行使期限までの残存時間もその変数のひとつです。残存時間が短いほど、価格変動の見込み(期待値)が低くなることから、オプション...
1件~10件(全20件)  1  2 | 次へ>>