新年のご挨拶

2019年 新年のご挨拶

新年、あけましておめでとうございます。

旧年中は格別のご高配を賜りまして、誠にありがとうございました。
お客様の日頃のご支援ご愛顧に、心より感謝申し上げます。

昨年の世界経済は、緩やかながら成長を続けたものの、そのペースは鈍化しつつあります。一年を通して米国の利上げやトランプ政権の掲げる「米国第一主義」の影響が各国へ波及する場面が多く見られました。とりわけ激化する米中貿易摩擦の動向には、本年も引き続き注視する必要があります。

外国為替市場では、ドル円は年初から104円台まで下落したもののその後は上昇に転じ、概ねレンジ内での推移となりました。一部の新興国通貨では大きく安値を更新するなど個別で見れば値動きの激しい局面も見られましたが、全体としては主要国通貨を中心に総じて値動きの乏しい一年でした。

FX業界全般としては、昨年2月から計6回にわたって開催された「店頭FX業者の決済リスクへの対応に関する有識者検討会」において議論が行われ、自己資本・ストレステストの拡充などの対応策が示されました。本施策は、今後のより健全な店頭FX取引市場の発展に寄与するものであり、当社としても適切に取組みを進めてまいります。

このような中、当社におきましては創業来の企業理念である「お客様第一主義」に今一度強く立ち返り、これまでにお客様より頂戴したご要望にお応えするために、毎月数件のペースで精力的に取引ツールのバージョンアップに取り組んでまいりました。またサービスの拡充として、バイナリーオプション「外貨ネクストバイナリー」を5月にリリースしました。これまでも積極的に実施してきた各種キャンペーンにおいては、大手コンビニエンスストアとの提携など新たな試みにも挑戦しました。

本年の干支である『亥』は、「内部の充実」を心がけるのに良い年とされます。お客様の利便性をさらに向上させ、より喜んでいたけるサービスを提供するための取り組みに猪突猛進するとともに、より適切な業務運営の確保や決済リスク管理の強化に向けた体制の整備に努め、皆様からこれまで以上のご信頼をいただけるよう邁進する所存です。

本年も外為どっとコムをご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

2019年1月1日
株式会社外為どっとコム
代表取締役社長
代表取締役社長 竹内 淳