FX|FXブログ STAGE of BATTLE 11th | 木村美紀


【FX占い師を信じる?.part2】

(昨日のストーリーの続き・・・)
 
FXで儲かる方法を3回連続で当てた占い師に対して、
 
「ありがとうございます。あなたを信じます。次はどうすればいいでしょう?」
 
と聞くと、占い師はこう答えた。
 
『私に任せてください。お金をお預かりしますので、FXで増やしてからお返ししましょう。』
 
 
******************************
 
 
さて、もしあなたがこの状況に置かれたら、どうしますかsign02
 
 
・・・ここで、お金を預けてしまって、もし逃げられたら、大変sign03
 
実は、これ、FX詐欺の巧妙なやり方の一つ。
 
ある方法を使えば、ある人に対して、3回連続で儲かる方法を当てる状況を必ず作り出すことができます。
 
さあ、どうすれば、必ず3回連続で当てて、相手を信じさせられるのか?
 
このFX詐欺のからくり、考えてみてくださいsign01

只今の順位:9076位
資産+評価損益金:5,025,390 円

2010年6月25日(金)09:02 コメント(11)

コメント一覧コメント11件

相場が上がるか下がるかのどちらかだとして、
3回連続ということは8通りの組み合わせ。
(2x2x2=8)

つまり、8人に対してすべて違う組み合わせを言っておけば、そのうちの一人は必ず当たる。

投稿者:キンドコ|2010年6月25日  09:51

上下の予想をそれぞれ半数に振り分ける。

3回連続で的中させるには、横のつながりのない8人が最低限必要。
1回目で4人残り、2回目で2人、3回目で1人に対して連続的中が完成します。

投稿者:variable|2010年6月26日  00:12

面白い話ですね。 ^^
前の方が正解かな??
今もみ合い相場なので、確率はもっといいかもね。

私なら、今は10回連続ぐらい行っていますので、3回ぐらいでしたら、まったく意味ないですね。 ^^

ついでに、一任?一括?勘定なるのもが、発売されていますよ。当然金融庁に登録が必要です。

ここに笑えない話?を集めています。
よかったら見てね。
http://bit.ly/dtDMAy (mixiコミュですが)

投稿者:koitarou|2010年6月26日  13:06

"何通りの組み合わせ"といった最初に連勝数が確定されてしまう方法は恐らくとらないと思います。
実際はターゲットの人数が桁違いでしょうし、場合によっては5連勝10連勝をも可能にするのが詐欺師の目的。
上下真逆の予想を半数ずつに振り分け、勝ち残った側をさらに半数に分けていく。。。いわゆる人工的なトーナメント表ですね。

途中で外した側も、それを更に振り分けることによって、中途からの連続的中を偽装することも可能になります。

電話、ファクシミリ、Eメールといった個別に送信可能な物には、くれぐれもご注意くださいませ。

投稿者:variable|2010年6月26日  18:58

まったく同じ事を自分でも言ってることに気が付かないのだろうか?

投稿者:キンドコ|2010年6月27日  10:59

それから3連勝というのが味噌。

5連勝10連勝では組み合わせが多くなりコストにみあわない。
2の5乗、2の10乗となるからね。
だから3連勝なのさ。
2連勝ではただの偶然といわれてしまう。
3連勝すれば、信用できるかもと思うのが人の感情。そこをうまく利用するのが詐欺師。

投稿者:キンドコ|2010年6月27日  11:07

確かに結果としては同じですかね。(笑)

何連勝で止めるかは予想を流すスパンにもよりますし、最終的には偽セミナー等に引き込んで信用させる訳でしょうから、果たして3連勝止まりでどのくらい引っ掛かるのか。。。
私の考えだと、状況に応じて変化できるよう構えている気がします。
よって、スタート時点での"何通りの組み合わせ"といった発想ではなく、遊びを持たせたトーナメント方式ではないでしょうか。

いずれにしても3連続という定義を括れば、数学的に言えば結果は一緒ですね。失礼しました。

本日も福岡市で"巫女"と称した金商法違反事件が発生しています。
2の何乗かは別にして、甘い勧誘には注意しなければいけませんね。

投稿者:variable|2010年6月27日  21:06

8通りの組み合わせですと各回において売りが4組、買いが4組。
要するに売りか買いかの二者択一でありますが、このまま話を進めます。

例えば、過去の経験から騙され易い傾向というか、そういう属性の人々がリストの中に何人か或いは何十人か含まれているとします。
詐欺師から見れば、そのような人々は最後まで残して置きたいわけですから、8通りという発想をするのであれば、それらが一箇所に固まらないよう全組へ均等に分散させることとなります。
そして、他の属性の人々も適宜8つに振り分けるとともに、それぞれの組ルールに従い1回目の相場予想をセットすこととなります。

このケースでは事前に幾らかの手間をかけて8組に分類した訳ですが、しかし1回目の結果で半分の4組は確実に外れとなりますので、個人的な印象として、8分類に使った手間が何となく無駄になってしまったというか、あまり意味を成さなくなってしまった感があります。

だとするなら属性をシンプルに2等分して、勝ち残りを側を更に半数に振り分けていくトーナメント的な発想の方が腑に落ちるというか、合理的であるというのが私の考え。

とは言いつつ、見る角度が少し違うだけで行き着くところは3回戦まで一緒ですし、重箱の隅的なことをこれ以上力説してしまってはご迷惑と存じますので、これにて失礼させていただきます。
ご無礼の段、お詫び申し上げます。

気がつけば、犯罪につながる駄文を先日から書き連ねてしまってますね。(自爆)
犯罪手口を考察し、皆さんで共有することは無意味なことではないとは思いますが、もし問題がありましたら削除願います。 >管理者様
世の中から詐欺被害が少しでも減ることを切に願います。それでは。

投稿者:variable|2010年6月28日  08:01

今回のケースにおいての乗数計算の正しい使用方法は"3連勝するためには何人揃える必要かあるか?"の解を求める時です。

組み合わせが8通りだろうと、32通りだろうと、1024通りだろうとそれは事前に関係なく、トーナメントをやった結果(または途中結果)として、振り返ってみると"8通りあった"というだけ。

このブログ記事のテーマは"詐欺のカラクリ"であり、決して算数の計算問題ではありません。もちろん私の説明も偏っています。
もしかすると、人がエアーポケットに陥ってしまったら、3連勝だろうが2勝1敗だろうが、あまり関係なかったりするのかも知れません。
そこにあるのは人間の欲望と犯罪とのせめぎ合いですからね。

投稿者:variable|2010年6月28日  22:46

書き忘れていましたが、3連勝というのが肝であることは同意です。
あくまで序盤のジャブであって、そこから手練手管を発揮する訳ですしね。
最初から5連勝10連勝なんて悠長なことは予定してないでしょう。
この部分の発言は撤回します。
しかし3連勝が基本フォーマットということであって、状況によって詐欺師がもっと絞り込みたいと考えるなら、その先があってもおかしくないとは思います。

振り込め詐欺でも同じすが、こうやって世間で語られているということは、それはもう古いものであり、すでに新しい手口に移行しているのかもしれません。

投稿者:variable|2010年6月29日  17:40

 FXというか相場に関する情報については
玉石混交ですし、学校の勉強のように
答えが用意されているわけではありません。
 一般的には相場はランダムウォークで
終わらせるのが楽なのでしょう。
 ですが実際の相場変動は
べき分布をしています。
チャート分析でブレークアウトが有効
なのは当然といえます。
 為替相場の参加者は
実需を除きお金儲けのために参加して
いますので、具体的な手法というのは
公開されないものです。

投稿者:吉田|2010年7月11日  09:31

FX|外為どっとコムからのご案内

FX|外為どっとコム Twitter