速報メールブログ|FXブログ|外為どっとコム

【発言】15日のこれまでの要人発言

デベルRBA総裁補佐
「今後ある時点で金利は上昇する可能性の方が高い」
「失業率は緩やかに低下すると予想」
「政策金利の短期調整に強い根拠ない」

ブランスタッド駐中国大使
「米国と中国の通商問題には、依然として大きな隔たりがある」

韓国統一省
「北朝鮮と、5月16日に南北高官級会合の開催で合意した」

ハガティ駐日米国大使
「日米通商協議、新たな枠組みの下で急速に進む」
「TPP11を巡る日本の努力は、二国間協議を望む米国と対立しない」
「トランプ米大統領は、北朝鮮との首脳会談で拉致問題を議題にする」

エルドアン・トルコ大統領
「自身が金融政策により責任を担うだろう」
「より低い金利がインフレ率の鈍化をもたらすだろう」
「中銀は選挙後に大統領のシグナルを無視できない」

黒田日銀総裁
「物価2%達成時期の削除、先行きさまざまな不確実性あるなか計数のみに注目集まること適当ではない」
「長期金利目標、当面は動かすこと考えられず」

独ZEW研究所
「米国のイラン核合意離脱、対米貿易摩擦エスカレートの恐れ、原油高がネガティブなインパクトをもたらしている」

カプラン米ダラス連銀総裁
「2018年の米成長は2.5-2.75%、2020年には1.75-2%へ減速」
「FOMCにとって適切なのは中立に向けた行動」
「インフレは2%達成へ」
「現状のFFレート中立水準は2.5-3.0%」
「今年中に後3回から4回の利上げが適切」
「利上げは緩やかに実施すべき」

グアハルド・メキシコ経済相
「NAFTA交渉、17日までに合意するとは考えていない」

クドロー米国家経済会議(NEC)委員長
「貿易摩擦の解決へ中国と合意を望んでいる」

ボウマンFRB理事候補
「FRBは大統領から独立した存在であるべき」

クラリダ次期FRB副議長候補
「FRBの金融政策に同意する」
「株式市場の動きは、FRBの中心政策ではない」

ディマイオ伊五つ星運動党首
「極右・同盟との連立交渉がほぼ完了」

ウイリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁
「2018年は3-4回の利上げが適当」
「最近のインフレ動向はとても力強い」
「堅調な経済成長も、中立金利は上昇していない」

米国務省
「米朝会談の準備は計画通り進める」

(小針)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]直感的な操作性と21種類のテクニカル分析機能付きチャートを核とする投資情報ツール!『G.comチャート』はこちら⇒http://www.gaitame.com/srvlist/gchart/

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/



米ドル/円0.1銭!全10種スプレッド縮小キャンペーン

もう一度食べたい外為お中元2020キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

メキシコペソ円特設

ポンド円特設

お友達ご紹介キャンペーン