速報メールブログ|FXブログ|外為どっとコム

【発言】14日の要人発言=米商務長官「ドルの水準は貿易収支の重要な要因」

ルドリアン仏外相
「北アイルランドとアイルランドの国境問題の最終期限は、6月の欧州連合(EU)首脳会議となる」

仏中銀見通し
「4-6月期GDP、(前期比)+0.3%を予想」

メスター米クリーブランド連銀総裁
「金融政策のフレームワーク、変更する必要があるかどうか検討すべき局面」
「緩やかな金利上昇を支持」

ビルロワドガロー仏中銀総裁
「ECBによる資産購入措置の終了は近づいている」
「9月からになるか12月からになるかは確たるものではない」
「最初の利上げ時期に関する新たなガイダンス公表する可能性も」
「QE終了から利上げ開始までの相当な期間、数四半期後であり数年ではない」
「現時点で通貨戦争の兆候はない」

ラウテンシュレーガーECB理事
「ユーロ圏経済は依然としてECBの想定範囲の動き、楽観してよい」

プラートECB理事
「ECBの政策はデータ次第」

ブラード米セントルイス連銀総裁
「仮想通貨のような通貨は過去に失敗している」
「政府の保証と安定的な金融政策が、通貨の信頼につながっている」
「利回りはFRBの想定以上にフラットニング化している」
「長短利回り逆転のリスクが今年から来年初めにみられる」
「現状の金融政策は正しい」

バルニエ英EU離脱・欧州委員会首席交渉官
「前回の首脳会談以後ブレグジットの話し合いはあまり進展が無い」

ロス米商務長官
「全ての貿易赤字が同じわけではない」
「人為的な貿易赤字が非難されるもの」
「中国はWTOに加盟後もルールを守っていない」
「中国と欧州はとても保護主義だ」
「米中間の貿易に関する要求は隔たりがあるまま」
「6月までに合意がなければ、鉄鋼の追加関税をEUに課す」
「NAFTAの主要課題は、依然として交渉中」
「ドルの水準は貿易収支の重要な要因」

スタージョン・スコットランド国民党党首
「ブレグジットが白紙になる可能性もある、その場合は最悪な状態」
「ブレグジットの投票が終わり2年近く経つのに、どのようにブレグジットが行われるかいまだに不透明なのが信じられない」
「英国が関税同盟から離脱して、どのようにアイルランドの問題を適切に解決するのかが分からない」

クーレECB理事
「政策金利は現状の水準に相当期間とどまるだろう」
「政策金利と市場金利の相違は、将来において正常化が始まってからより重要となる」

(山下)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]直感的な操作性と21種類のテクニカル分析機能付きチャートを核とする投資情報ツール!『G.comチャート』はこちら⇒http://www.gaitame.com/srvlist/gchart/

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/



米ドル/円0.1銭!全10種スプレッド縮小キャンペーン

もう一度食べたい外為お中元2020キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

メキシコペソ円特設

ポンド円特設

お友達ご紹介キャンペーン