速報メールブログ|FXブログ|外為どっとコム

【見通し】NY為替見通し=米経済指標とFRB高官の発言に注目

本日のNY為替市場では、米経済指標の結果やFRB高官の発言を受けた売買が中心となりそうだ。週末の米英仏によるシリア攻撃は悪材料とはされず、金融市場の反応は今のところ限定的だ。日経平均は小幅高で引け、ダウ平均先物は底堅く、債券市場も売りが先行している。中東情勢を懸念した原油高も一服し、NY原油先物は先週引け67ドル台から一時66ドル前半まで水準を下げた。為替相場は欧州通貨を中心にドルの上値が重いが、欧州重要指標の発表もなく、実需の動きが中心のようだ。この後のNYタイムでは、市場参加者の注目は利上げペースを探る上で重要な米経済指標やFRB高官の発言に移っていくと思われる。
 先週に公表された3月米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事録では、タカ派な議論が交わされたことが明らかになった。貿易摩擦や地政学リスクを懸念する声もでていたが、米中貿易戦争への警戒感が後退し、シリア攻撃に対しても市場は落ち着いた動き。米経済指標が良好なものとなれば米利上げペース加速の思惑が高まり、ドルを下支えするものとなりそうだ。
 NY朝に発表される米3月小売売上高は、市場予想+0.4%と前回値マイナスから上昇の見込み。またNY午後からは、米ミネアポリス、ダラス、アトランタ地区連銀総裁の講演が予定されている。

想定レンジ上限
・ドル円の上値のめどは、2月21日高値107.90円から同月9日安値108.05円付近。その水準を上抜けると、2017年11月6日から3月26までの下落幅の38.2%戻し108.44円が抵抗となるか。

想定レンジ下限
・ドル円の下値めどは、9・10日安値106.62円。その水準を割り込むと、日足一目均衡表・基準線106.17円が意識される。

(小針)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]2大高金利通貨スプレッド縮小キャンペーン!
当社では南アフリカランド/円、トルコリラ/円のスプレッド縮小キャンペーンを本年6月30日(土)まで提供します!
●南アフリカランド/円: 1.3銭 ⇒ 1.0銭 原則固定(例外あり)
●トルコリラ/円: 2.9銭 ⇒ 1.9銭 原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/



米ドル/円0.1銭!全10種スプレッド縮小キャンペーン

もう一度食べたい外為お中元2020キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

メキシコペソ円特設

ポンド円特設

お友達ご紹介キャンペーン