速報メールブログ|FXブログ|外為どっとコム

【見通し】ロンドン為替見通し=ユーロドル 米雇用統計待ちも、上値の重さは変わらずか

ロンドンタイムの為替市場は、米中貿易摩擦に対して留意しながらも、ロンドン午後に発表される米3月雇用統計を控えて、欧州通貨は対ドルでは大きく動き難いか。ユーロドルは、1.22ドル台での推移で米指標を待つことになりそうだ。
 昨日は、市場予想を下回ったユーロ圏2月小売売上高、2.83%台まで上昇した米10年債利回りなどがユーロドルの重しとなり、1カ月以上ぶりの安値1.2218ドルまで売られた。その後は1.22ドル前半から半ばを上下する展開となっているが、日足一目均衡表・雲の中で重さは変わらずだ。今週は欧州勢がイースター休暇から戻ってきた3日(火)以降、大きなレンジ形成とはなっていないが、ユーロドルの日足は上値切り下げと下値の更新が続き、下方向へのバイアスが高まりつつある。先週末に発表されたIMM通貨先物のユーロ・ネットロングが高水準にあり、投機筋も様子見、または上昇局面ではポジションを減らす方向で取り引きしているようだ。
 欧州中央銀行(ECB)の出口政策への期待もあり、予定されているクーレECB理事の講演も気をつけたいところだが、やはり本日は、今後の米連邦公開市場委員会(FOMC)の利上げ回数を占う上でも重要な、米雇用統計の平均時給が注目される。市場予想は、3月平均時給が前月比+0.2%、前年比で+2.7%と、どちらも前回値から0.1%上昇の見込み。結果を受けての動きに素直に付いて行くのが良いのだろうが、米長期債利回りが下げ止まっていることもあり、数値上振れ→米金利上昇→ドル買い加速には要警戒か。

想定レンジ上限
・ユーロドルの上値めどは、日足一目均衡表・基準線1.2347ドル。その水準を超えると、3月27日高値1.2476ドルがターゲットとなる。

想定レンジ下限
・ユーロドルの下値めどは、3月1日安値1.2155ドル。そこを割り込むと週足一目均衡表・基準線1.2055ドルが意識される。

(小針)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]スマホ視聴OK。無料配信『生中継だヨ!米雇用統計』
【拡大版】4月6日(金)21時00分スタート。
勝ち組トレーダーになる条件は?元ファンド・マネージャーの志摩氏が伝授!
→http://www.gaitame.com/gaitame/tokuban/180406/online.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/



米ドル/円0.1銭!全10種スプレッド縮小キャンペーン

もう一度食べたい外為お中元2020キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

メキシコペソ円特設

ポンド円特設

お友達ご紹介キャンペーン