速報メールブログ|FXブログ|外為どっとコム

【見通し】NY為替見通し=GW前でドル売りの利食いは出やすいが、ドル買いトレンドは継続

ドル円は、米10年債利回り上昇や、当面の国際情勢のリスク懸念が一時的ではあるが和らいでいることで、東京時間に109.47円まで上昇した。
 本日もゴールデンウィーク前で利食いのドル売りや、本邦輸出からのドル売りのオーダーが集まり始めているため、ドル円の上値が抑えられている。しかしドル買いトレンドは変わらず、堅調地合いは維持されそうだ。明日に韓国と北朝鮮の南北首脳会談が予定されているが、ここ最近の金正恩・朝鮮労働党委員長の動向を見ていると、物別れになるリスクは限りなく少ないことも、ドル円の下支えとなりそうだ。
 中長期的には、米中間選挙前にトランプ米大統領が再び貿易戦争を仕掛けること、中東情勢や米露関係に関しては、当面は落ち着いているが根本的に解決は全くされていないことで、いずれドル買いのトレンドは終焉するだろう。特に対日貿易戦争も先週の安倍首相の訪米では「しのいだ」にすぎないため、貿易摩擦が再燃する可能性は高い。短期的なポジションをもつ市場参加者以外は、これらのリスクがあるため常に上値では着実にドルを売るため、ドル買いトレンドが継続されても、緩やかにしか上がらないと思われる。

 本日は米国からは米3月耐久財受注、米新規失業保険申請件数が発表される。また欧州中央銀行(ECB)理事会が政策金利を発表し、その後にドラギECB総裁の会見も予定されているため、ユーロの動きには警戒が必要になりそうだ。
 オーダーは、109円半ばから売りが優勢で、110.00円は大きめの売りオーダーが控えている。下値は109.00円に大きくは無いが買いオーダーがあり、108.50円を割り込むとストップロスが控えている。

・想定レンジ上限
 ドル円の上値のめどは、2月8日高値109.78円。その上は心理的な節目の110.00円。

・想定レンジ下限
 ドル円の下値のめどは、昨日の安値108.79円、その下は日足一目均衡表・転換線の108.17円。

(松井)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]2大高金利通貨スプレッド縮小キャンペーン!
当社では南アフリカランド/円、トルコリラ/円のスプレッド縮小キャンペーンを本年6月30日(土)まで提供します!
●南アフリカランド/円: 1.3銭 ⇒ 1.0銭 原則固定(例外あり)
●トルコリラ/円: 2.9銭 ⇒ 1.9銭 原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/



米ドル/円0.1銭!全10種スプレッド縮小キャンペーン

もう一度食べたい外為お中元2020キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

メキシコペソ円特設

ポンド円特設

お友達ご紹介キャンペーン