速報メールブログ|FXブログ|外為どっとコム

【見通し】ロンドン為替見通し=今夜の欧州通貨は米金利の上下を受けたドル相場に振らされそう

昨日のユーロはECB理事会で上下に振れた。結局はタカ派的な思惑を抑えるドラギ総裁の発言を受け、下値を探る展開に。ユーロドルはサポートが期待された日足一目均衡表・基準線1.2355ドルをこなし、一目・転換線や雲の上限が位置する1.23ドルの節目前後まで水準を下げた。ユーロ円も一時130.52円と、下値めどと考えられた6日安値130.60円付近までの下落となった。

 本日ロンドンタイムの欧州通貨は、対円では米・北朝鮮の歩み寄りを示唆するニュースを背景としたリスク回避姿勢の後退から、円安傾向を維持しそうだ。対ドルではECB理事会イベントをこなし、NYタイムに次のイベント米雇用統計を控え、基本的に様子見。独・英生産関連指標の発表で振れても、一時的なものにとどまるだろう。
 米雇用統計では前月に上昇した賃金動向が注目されている。昨日はドラギ総裁の発言に欧州債は米債も巻き込んで利回り低下(債券買い)を進めた。本日は米平均賃金の強弱を受けた米金利の動向に欧州債が振らされそう。だが、今夜は米国の要因が債券の材料となりそうな状態であるため、金利へ敏感に反応するのはドル相場だろう。

・想定レンジ上限
 ユーロドルは、昨日いったん上振れた際につけた1.2446ドルを見据えつつも、その手前ピボットレジスタンス1・1.2406ドルも近くに位置する心理的節目1.2400ドル付近が上値のポイント。ユーロ円の上値めどは8日高値131.98円。

・想定レンジ下限
 ユーロドルの下値は、5日に下げ渋って下ひげを形成した際の安値1.2269ドル、次はピボットサポート2にも近い心理的節目1.2400ドルが意識される。ユーロ円は5-6日の上昇幅に対する61.8%押し130.37円が下値めど。

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]スマホ視聴OK。無料配信『生中継だヨ!米雇用統計』
【拡大版】3月9日(金)21時30分スタート。
著名FXストラテジストの高島修氏がついにスタジオ生出演!
→http://www.gaitame.com/gaitame/tokuban/180309/online.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/



米ドル/円0.1銭!全10種スプレッド縮小キャンペーン

もう一度食べたい外為お中元2020キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

メキシコペソ円特設

ポンド円特設

お友達ご紹介キャンペーン