速報メールブログ|FXブログ|外為どっとコム

【見通し】29日香港株=神経質な展開か、節目の30000ポイントが下値抵抗

29日の香港市場は強弱材料が入り交じるなか、下値のめどとして意識される30000ポイント付近で神経質な展開か。前日のハンセン指数は3日ぶりに大幅反落し、同水準に迫る水準で終えただけに、自律的反発を見込む買いが入りそうだ。半面、あすの「グッドフライデー」から始まる連休と四半期末を前に、投資家の利益確定や手じまいなどを目的とした売りが出やすい状況だ。今週は中国人民銀行(中央銀行)が28日まで公開市場操作(オペ)を通じた資金供給を見送っており、中国本土市場の資金ひっ迫が警戒される可能性もある。
 一方、28日のNY市場では主要ハイテク株が売られる流れが続き、ナスダック総合株価指数が続落した。米アップルの下げが香港上場でも材料視されそうだ。ただ、足元の下落の一因となっていた米フェイスブックが上昇したことで、香港市場のIT銘柄を買い戻す動きもあるだろう。同日の香港株の米国預託証券(ADR)は大型金融株のHSBC(00005)やAIAグループ(01299)、中国建設銀行(00939)が香港終値を上回った一方で、エネルギー資源株のCNOOC(00883)、中国神華能源(01088)が下回って引けた。
 個別銘柄の決算を手掛かりとする売買が引き続き活発になると予想する。きょうはハンセン指数構成銘柄の招商局港口(00144)、CNOOC(00883)、中銀香港(02388)、交通銀行(03328)、中国銀行(03988)が2017年12月本決算を発表する。

(小針)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]直感的な操作性と21種類のテクニカル分析機能付きチャートを核とする投資情報ツール!『G.comチャート』はこちら⇒http://www.gaitame.com/srvlist/gchart/

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/



米ドル/円0.1銭!全10種スプレッド縮小キャンペーン

もう一度食べたい外為お中元2020キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

メキシコペソ円特設

ポンド円特設

お友達ご紹介キャンペーン