速報メールブログ|FXブログ|外為どっとコム

【見通し】NY為替見通し=FOMCとパウエルFRB議長会見まではレンジ取引か

ドル円は、東京市場が休場なこともあり、106円半ばから前半を中心に小幅なレンジで取引されている。
 本日は米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果公表と、その後のパウエルFRB議長の会見が終わるまでは、動きにくい展開となりそうだ。パウエルFRB議長の下での初のFOMCに関しては、0.25%の追加利上げでFF金利1.50-75%への市場予想が多い。注目はFF金利見通し(ドットチャート)で、年内の利上げ回数がどのようになるかだろう。利上げ回数が多かった場合はドルの買い戻しが短期的に入るだろうが、現在の相場の注目点が日米金利差ではないことを考えると、ドル円の上値は限定的になりそうだ。一方利上げ回数が少なかった場合は、現在日本の個人投資家やシカゴIMM筋は円ショートを依然保持していることを考えると、ドルが売られる勢いのほうが強いと思われる。また森友問題や米保護貿易主義の高まりを懸念したリスク回避の円買い需要があるため、大きなリスクはドル円はダウンサイドだと思われる。

 オーダーは、下値は105.50円から105.00円は買いオーダーがある。特に105.00円は心理的な節目でもありアマウントは大きい。また3月2日の安値105.25円や節目の105.00円にはオプションのバリア(防戦の買い・割り込むとストップロス)オーダーも観測されている。上値は106円後半から107円前半は細かく売りオーダーが並んでいる。

・想定レンジ上限
 ドル円の上値のめどは、3月14日の高値の106.75円、その上は3月13日の高値107.29円。

・想定レンジ下限
 ドル円の下値のめどは、3月16日の安値105.60円。その下は心理的な節目105.00円。

(松井)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではポンド/円、トルコリラ/円など10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年3月31日(土)まで提供します!
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 0.9銭 原則固定(例外あり)
●トルコリラ/円: 2.9銭 ⇒ 1.9銭 原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/



米ドル/円0.1銭!全10種スプレッド縮小キャンペーン

もう一度食べたい外為お中元2020キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

メキシコペソ円特設

ポンド円特設

お友達ご紹介キャンペーン