速報メールブログ|FXブログ|外為どっとコム

【見通し】市場の目=中国、輸出の予想外の上振れの一方でリスクも顕在化 米トランプ政権の動きに火を点ける可能性

第一生命経済研究所 経済調査部 主席エコノミスト 西茺徹氏

中国、輸出の予想外の上振れの一方でリスクも顕在化 米トランプ政権の動きに「火を点ける」可能性

 昨年来の世界経済は全体として自律回復が進み、国際金融市場の「カネ余り」に伴う「適温相場」も相俟って心地よい状況が続いた。先月以降の国際金融市場の動揺は世界経済の「頭打ち」に繋がること懸念されたが、企業景況感は全体として改善が続いている。現時点では世界経済は拡大基調が続いていると言える。

 2月の中国の輸出額は前年比+44.5%に加速し、春節のズレによる上振れが意識された前月を上回る伸びとなった。世界経済の自律回復が輸出を押し上げる好循環が続く一方、米国による貿易制裁対象の鉄鋼・アルミの輸出も底入れするなど事態悪化を招く可能性がある。仮に余剰分が「一帯一路」の対象地域に流出すれば、市況悪化を通じて世界経済の下振れに繋がることも懸念され、今後の動向には要注意だ。一方の輸入額は前年比+6.3%と前月の上振れの反動が出た。ただ、全般的に堅調な推移が続き、輸出拡大が輸入を押し上げる好循環が続いている。足下の中国経済は外需の動向が景気の行方を左右する展開が続く。

 予想外の輸出の上振れに伴い1-2月の貿易黒字は拡大した。ただし、2月は外貨準備高が減少に転じており、構成通貨の分散化の影響が考えられる一方、先月以降の人民元安圧力軽減に向けた為替介入の可能性もくすぶる。外貨準備の規模は大きいが、為替制度を勘案すれば経済構造に対して不十分ななか、全人代で決定する経済閣僚及び次期人民銀総裁にはこれまで以上に「市場との対話」の努力が求められよう。

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではポンド/円、トルコリラ/円など10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年3月31日(土)まで提供します!
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 0.9銭 原則固定(例外あり)
●トルコリラ/円: 2.9銭 ⇒ 1.9銭 原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/



米ドル/円0.1銭!全10種スプレッド縮小キャンペーン

もう一度食べたい外為お中元2020キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

メキシコペソ円特設

ポンド円特設

お友達ご紹介キャンペーン