速報メールブログ|FXブログ|外為どっとコム

【見通し】ロンドン為替見通し=ドル買い戻しの勢いを見極め

ロンドンタイムの為替市場では、ドルの買い戻しの勢いを見極めることになるか。昨日のユーロドルは、NY勢不在のなか1.23ドル台に下落するも、引けにかけては1.24ドル台を回復した。しかしながら、東京タイムでは米長期債利回りの上昇とともにドルが強含み、ユーロドルが1.23ドル後半での弱含み。ドイツ世論調査で、極右政党「ドイツのための選択肢」への支持率が16%と、連立政権への道を模索している社会民主党(SPD)15.5%をわずかながらも上回り、第2位勢力となったこともユーロの重しとなっているか。
 日経平均や米株先物の調整売りの流れが欧州株に引き継がれるようであれば、リスク回避の円買い・他通貨売りとなることも考えられる。ユーロ円が下押しするようであれば、ユーロドルの上値も重くならざるを得ない。
 予定されている経済指標・独2月ZEWは、景気期待と現況指数ともに前回値からの低下が市場の予想。同時に発表されるユーロ圏2月ZEW景気期待指数などの後に、ユーロが上向きの動きをみせないようであれば、ロングの諦め売りがでる可能性もあるか。先週末に発表されたシカゴIMM通貨先物は、投機筋のユーロ・ネットロングが依然として高い水準(12万枚以上)にあることを示しており、ポジション調整の売りが出始めると下押しも深そうだ。

想定レンジ上限
・ユーロドルの上値めどは、17日ロンドンフィックス前後で上値を抑えられた1.2460ドル付近。そこを上抜けると、再び17日高値1.2555ドルを目指す展開か。ユーロ円の上値めどは、日足一目均衡表・転換線133.21円。

想定レンジ下限
・ユーロドルは、近場の1.2360ドルが日足一目均衡表・基準線として意識されるが、そこを割り込むと14日安値1.2276ドルが下値めどとなる。ユーロ円の下値めどは、200日移動平均線の131.09円前後。

(小針)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]直感的な操作性と21種類のテクニカル分析機能付きチャートを核とする投資情報ツール!『G.comチャート』はこちら⇒http://www.gaitame.com/srvlist/gchart/

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/



米ドル/円0.1銭!全10種スプレッド縮小キャンペーン

もう一度食べたい外為お中元2020キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

メキシコペソ円特設

ポンド円特設

お友達ご紹介キャンペーン