速報メールブログ|FXブログ|外為どっとコム

【見通し】ロンドン為替見通し=調整中心の動き、薄商いのロンドンフィックスには要注意か

本日のロンドン為替市場では、欧州株や債券を眺めながら、明日以降のイベントを控えて、ポジション調整の動きが強まるか。NYタイムでは、株・債券市場がプレジデンツデーのため休場なことも、動意を鈍くさせる要因となりそうだ。
 ユーロドルは、先週末に1.25ドル台で上値を伸ばすも高値圏を維持できず、1.24ドル前後まで押し戻された。週末を控えドルが全般に買い戻されたこと、強めの米経済指標、1.25ドル台での高値警戒感などが、ユーロドルの売り戻し要因。また、先週末に発表されたシカゴIMM通貨先物のポジション状況は、ユーロのネットロングが縮小したものの、依然として12万以上のネットロングと高い水準にあった。こちらも、週末前の利益確定売りに繋がりやすかったようだ。一方で、東京タイムでは1.24ドル前半で底堅く推移しているように、下がったところでの買い意欲は強いままと思われる。

 本日は、新たな取り引き材料が出ない限りは、大きく上下に振れることはなさそうだ。明日20日(火)は独とユーロ圏2月ZEW、21日(水)が独仏ユーロ圏製造業PMI、22日に独2月Ifoと1月25日開催分のECB理事会議事要旨の公表など、明日以降はイベントが目白押し。それらに備えて、ポジション調整の動きに終始するか。
 注意したいのは、北米勢が為替市場にほぼ参加しないロンドンフィックスで、いつも以上に荒い値動きとなること。薄商いのなかストップロスだけつけて、またもとの水準に戻ってきてしまった、などということもありえる。

・想定レンジ上限
 ユーロドルの上値めどは、16日高値1.2555ドル。上抜けた場合は、2014年11月19日高値1.2600ドルを目指す展開。

・想定レンジ下限
 ユーロドルの下値めどは、日足一目均衡表・基準線1.2360ドル。そこを割れると
2月14日安値1.2276ドルが意識される。

(小針)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではポンド/円、トルコリラ/円など10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年3月31日(土)まで提供します!
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 0.9銭 原則固定(例外あり)
●トルコリラ/円: 2.9銭 ⇒ 1.9銭 原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/



米ドル/円0.1銭!全10種スプレッド縮小キャンペーン

もう一度食べたい外為お中元2020キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

メキシコペソ円特設

ポンド円特設

お友達ご紹介キャンペーン