速報メールブログ|FXブログ|外為どっとコム

【見通し】NY為替見通し=米指標がFRB議長証言の裏づけとなるような結果となるか見定め

本日のドル円は、昨夜のパウエル新FRB議長の主任後初の議会証言で強まったドル買いに対する調整が進んだ。ドル円は107円半ばから一時107.00円まで下落。議会証言前の水準まで押し返された。

 今夜は米10-12月期GDP・改定値や同PCEデフレーター・改定値などが発表となる。これらの結果が、昨日にパウエルFRB議長が自信を示した米景況やインフレ水準回復の裏づけとなるような結果になるか見定めたい。
 ただ、引き続き難しいのは、強い結果で金利が上昇すれば、米株がネガティブに反応し、リスク回避の地合いが強まりやすいこと。反対に、金利低下となっても、株価が反発すれば、ドル円が底堅く推移する展開が想定できる。指標発表の直後と、米株式市場が寄り付いてから、為替動向が変化する可能性がある。指標結果への反応に素直に追随していいか、不透明な状況といえる。

・想定レンジ上限
 ドル円の上値めどは21日高値107.90円。

・想定レンジ下限
 ドル円の下値めどは、26日安値106.38円付。

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]直感的な操作性と21種類のテクニカル分析機能付きチャートを核とする投資情報ツール!『G.comチャート』はこちら⇒http://www.gaitame.com/srvlist/gchart/

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/



米ドル/円0.1銭!全10種スプレッド縮小キャンペーン

もう一度食べたい外為お中元2020キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

メキシコペソ円特設

ポンド円特設

お友達ご紹介キャンペーン